2018年9月19日 (水)

【ハニーレモンソーダ】〔村田真優さん〕sparkle34(りぼん2018年10月号)感想 その3

チャチャとりぼん、ツイッター @chacha_ribon

【ハニーレモンソーダ】〔村田真優さん〕sparkle34(りぼん2018年10月号)感想 その2
↑のつづき

 しかし羽花のことを好きになる男子ってまだ現れませんね。あれだけ
目立っていると好意を抱く子が一人くらいでても良さそうですが。まぁ界の
ことを考えると怖くて言い寄ったりできるわけはないですが(w

来月奈乃がどう出てくるのか怖くて仕方ありませんが、とりあえず
羽花のことを何とかする必要が界にはありそうです。界は以前とは
比べ物にならないくらい色々しゃべるようになりましたが、羽花は
依然として自分に自信が持てないようなので、もっとはっきり言ってあげた
ほうがいいかも。

 しかし奈乃はどうやって演技に必要な情報を集めたのだろう
今まで披露してきたネタを知っている人はごく一部のはずなのに。
誰から情報をもらったのだ!?

「りぼん夏のサイン会ツアー2015」(第1弾 東京・村田真優さん、優木なちさん)の参加整理券手に入れました

「りぼん夏のサイン会ツアー2015」(第1弾東京・村田真優さん、優木なちさん)に参加してきました(2015年7月20日・若葉台)

「りぼん夏のサイン会ツアー2014」(第1弾幕張新都心・槙ようこさん、村田真優さん)に参加してきました(2014年7月21日)

|

2018年9月18日 (火)

【古屋先生は杏ちゃんのモノ】[香純裕子さん]第25話(りぼん2018年10月号) 感想 その3

チャチャとりぼん、ツイッター @chacha_ribon

【古屋先生は杏ちゃんのモノ】[香純裕子さん]第25話(りぼん2018年10月号) 感想 その2
↑のつづき

 今回登場した古屋の大学時代のサークル仲間の話を聞く限りでは
古屋は大学生の頃も今と同じ性格のようですが、まぁ第一話の古屋の
姿を思い返すとまぁ納得です(w もし古屋が高校生の杏とつきあっていると
知ったら大学時代の仲間はどんな反応をするのかすごく興味がある。

まぁ古屋が杏とつきあっているということはそもそも高校内でも
秘密にしているので、表で堂々と交際宣言などするはずはないですが。

 杏は古屋の様子を見て色々不安になってしまったようですが、どんどん
古屋に聞きたいことを聞くしかないのかもなぁ。まぁそれができれば苦労は
ないのですが(w 古屋が積極的に動くしかないのかも。

|

2018年9月17日 (月)

【ハニーレモンソーダ】〔村田真優さん〕sparkle34(りぼん2018年10月号)感想 その2

チャチャとりぼん、ツイッター @chacha_ribon

【ハニーレモンソーダ】〔村田真優さん〕sparkle34(りぼん2018年10月号)感想 その1
↑のつづき

 羽花はいまだに自分が界と釣りあっていないのではないかと
不安になっていますが、周りの子があれこれ言っていなかったと
しても羽花の性格を考えるとやはり不安に思うだろうなぁ。基本的に
自分のことを過小評価する性格のようですし。

 今回のような思わぬ攻撃をされると途端に自信をなくしてしまいますが
界とつきあっている間は今後も色々な方法で攻撃され続けると思ったほうが
いいと思うので、不安に感じることがあったら今まで以上に素直に界に
話して安心するしかなさそうです。誰にも相談できずに一人で悩んでも
何の解決にもならないでしょう。ただでさえ悲観的な性格なのだから。

 美術部で活躍できそうだし、羽花は考え方を少し変えればとても
幸せな高校生活になりそうなのに。

↓つづきはこちら
【ハニーレモンソーダ】〔村田真優さん〕sparkle34(りぼん2018年10月号)感想 その3

「りぼん夏のサイン会ツアー2015」(第1弾 東京・村田真優さん、優木なちさん)の参加整理券手に入れました

「りぼん夏のサイン会ツアー2015」(第1弾東京・村田真優さん、優木なちさん)に参加してきました(2015年7月20日・若葉台)

「りぼん夏のサイン会ツアー2014」(第1弾幕張新都心・槙ようこさん、村田真優さん)に参加してきました(2014年7月21日)

|

2018年9月16日 (日)

【古屋先生は杏ちゃんのモノ】[香純裕子さん]第25話(りぼん2018年10月号) 感想 その2

チャチャとりぼん、ツイッター @chacha_ribon

【古屋先生は杏ちゃんのモノ】[香純裕子さん]第25話(りぼん2018年10月号) 感想 その1
↑のつづき

 修学旅行をきっかけに杏を中心とするグループができましたが
「チーム修学旅行」っていうのはなかなか良い名前ですね。
まぁもっともこれは正式名称ではなく「なるる」が勝手に言ってる
だけですが(w

修学旅行や文化祭の準備などで出来上がったグループって
卒業後もつきあいが続くこともありますが、何とも言えない
高揚感を共有すると結びつきが深くなりますよね。

 杏は祇園祭を古屋と一緒に周ることはしないつもりだったの
ですが、偶然古屋とであったので今まで知らなかった古屋の
一面を見たのですが、古屋はバレー部のエースアタッカーだったとは。
今の古屋からは想像もつかないですね。

 杏と古屋はつきあい始めてからまだそれほど経ってないので、
まだまだお互いに知らないことだらけですね。

↓つづきはこちら

【古屋先生は杏ちゃんのモノ】[香純裕子さん]第25話(りぼん2018年10月号) 感想 その3

|

2018年9月15日 (土)

【きらめきのライオンボーイ】〔槙ようこさん〕destiny26(りぼん2018年9月号) 感想 その2

 素敵な夏の思い出をつくることができて「みわ」は大満足
でしたが、本当に物事って何が幸いするか分からないですね。
今回のお話の舞台は海の家でしたが、そういえば私が海の家に
最後に行ったのっていつだろう? そもそも海水浴場自体に
もう随分長いこと行っていないので、もう思い出せないです。

 海のそばには毎年行っているんですが…って東京ビッグサイト
ですが(w

桐敦とつきあい続けるのであれば今後も今回のような思いを
することもあると思うので、みわは上手くかわす技術を身に着ける
しかないのかもなぁ。

「りぼん夏のサイン会ツアー2018」(第3弾 東京・春田ななさん、槙ようこさん)に行ってきました

|

«【アニマル横町】〔前川涼さん〕「~どき☆どき 何度めかの新キャラ発表会 の巻~」(りぼん2018年10月号)感想