« 【MOMO】第1話(りぼん2008年9月号)感想 その5 | トップページ | 【MOMO】第1話(りぼん2008年9月号)感想 その6 »

2008年9月 1日 (月)

【バドガール】04話(りぼん2008年9月号)感想 その3

【バドガール】04話(りぼん2008年9月号)感想 その2
http://magical.moe-nifty.com/chacha_ribon/2008/08/04200892_297f.html

のつづき

○羽海(うみ)父が羽海を自由にさせているわけ

 わが子のことを知り尽くしているからこそ、無理やり
早風中に入れさせることはしなかったのかも。
ある子にとって最善の方法が、別の子にとっても
最善とは限りませんし。羽海父は羽海にその気がない
状態なのに無理やり早風中に入れてもそれほど力は
伸びないと思っているのかも。まぁこれは憶測でしかないですが。

○予想以上に善戦する旭

 試合直前に猛練習をしていた旭ですが、相手も驚くほど
上達しています。旭こそ早風中に行ったほうが
実力が伸びそうな気がします。まぁもっとも旭を早風中が
受け入れるとは思いませんが(笑) 早風中はあくまでも
羽海狙いですし。

 やはりもともと才能があったのだろうな~ 祖父に
将棋で鍛えられていたから、先を読む力が身に着いた
のかもしれませんが、もしバレーボール部に旭に
ついて理解のある指導者や部員と出会っていたら
もしかしたらバレーボールで才能を開花していたかも
しれませんね。

 ただ、バレーボール部で才能が開花していたら
バドミントン部で羽海と仲良く部活生活をおくる
ことはできませんでしたから、結果としてこれで
よかったのかも。部員も陰険そうな部員が揃っている
バレーボール部と違ってみんないい子ですし。

○羽海、危機感を抱く

 羽海父が「そのうち旭ちゃんにも抜かれるぞ」と言っていたのを
羽海はまともに聞いていなかったのですが、試合で
旭と一緒に戦って一気に不安な心が芽生えてきたようです。

 羽海父が言う「強くなろうという意志」がこの試合に
よって羽海に芽生えたとしたら、この練習試合には
値千金の価値があったといっていいでしょう。

 早風中には感謝すべきなのかもしれませんね。羽海や
旭を結果としてやる気にさせてくれたのですから。

|

« 【MOMO】第1話(りぼん2008年9月号)感想 その5 | トップページ | 【MOMO】第1話(りぼん2008年9月号)感想 その6 »

バドガール」カテゴリの記事