« 【ひよ恋】〔雪丸もえさん〕step.19(りぼん2011年6月号)の感想 その4 | トップページ | 【桜姫華伝】〔種村有菜さん〕第三十一話「青葉の秘密」(りぼん2011年6月号)感想 その4 »

2011年5月25日 (水)

「スターダスト☆ウインク」6巻、収録作品のまとめ

【「スターダスト★ウインク」の感想】←今までの感想のまとめはこちら

 6巻はりぼん2011年2月号(star.25)からりぼん2011年5月号(star.28)
までと、昨年マーガレットに掲載されたスピンオフ特別編が収録されて
います。マーガレットに掲載された特別編は見逃してしまったという方も
いらっしゃると思いますので、収録されてよかったです。


【star.25】

【スターダスト★ウインク】〔春田ななさん〕star.25(りぼん2011年2月号)感想 その1

 
杏菜が写真部員として本格的に活動したこの回、杏菜は初めて一眼レフ
カメラを手にしたのですが、部活動強制だから、仕方なしに入部したはず
なのに意外と杏菜や菜花がやる気を出していて、意外な一面を見ることが
できた回でした。一眼レフカメラという普段触る機会がないものに触れる
ことができたとのと、写真甲子園という全国大会に応募という目標もできた
のが大きいのでしょうね。これまで何かに打ち込むということがなかった
杏菜にとって、はじめて打ち込めるものができたのかも。

 陽多(ひなた)が実はまんがであるというのがこの回に明らかにされました。
菜花や絢ちゃんと絡んでいたけど、何をしている子であるかはこれまで
不明でしたよね。

 杏菜は陽多に写真甲子園に出す写真のモデルになるように頼んだ
のですが、一旦は断られました。でも、その後一転して引き受けることを
表明したのですが、その条件が…



【star.26】

【スターダスト★ウインク】〔春田ななさん〕star.26(りぼん2011年3月号)感想 その1

 写真甲子園に出す写真のモデルを陽多が引き受ける条件として
出されたのが杏菜にまんがのモデルになってほしいというものでした。
断られてもおかしくないこの話を渋るどころか自分の名前まで作品に
登場させて欲しいと言うなど他のキャラとは格が違うところを見せ付けた
杏菜ですが、この時の取材で得られた情報を元に陽多がどんな作品を
作り上げたのか見てみたいです。元々の設定が杏菜、颯、日向の3人の
関係にそっくりだったのに、杏菜の話が加わったのですから、実録まんが
みたいな感じになるのでは? いっそのことマリちゃんも登場させてみても
面白いかも。主人公の「杏菜」の前に立ちはだかる大きな壁として(w

 杏菜が陽多に追加情報として流してくれないかな?

 陽多は杏菜の話を一通り聞いた後に「
ヒロインは幼なじみとして
2人とも大事だったのか だからこそ葛藤(かっとう)があって…

(6巻・P.48の1コマ目)とつぶやいてしましたが、これ杏菜の心を
もっとも的確に表していると思う。陽多は杏菜の細かいことまでは
知らないですが、純粋に得られた情報の範囲内で判断するのですから。

 この回では杏菜と日向が東京でデートをする話がまとまりました。
真白の煽りもあり、いつの間にか決まった感がありますが、直接
会った結果、得られたものもあったので、この時デートの話がまとまった
のはよかったと思います。

 日向は杏菜が返事はいらないと言ったから告白の返事をしてこなかった
と説明していましたが、この後の展開を見ると杏菜の言葉を口実にして
告白の返事をすることを逃げていただけのような気がする。

 杏菜は逃げてばっかりというイメージがあるけど、あらためてお話を
読み返すと杏菜は逆ギレ気味とは言え勇気を出して告白したりしてる
けど、日向って意外と勇気を出して杏菜に何かをしたことってないよね。



【star.27】

【スターダスト★ウインク】〔春田ななさん〕star.27(りぼん2011年4月号)感想 その1

 日向とのデートが決まり、デートについて杏菜と日向が相談するなど
波乱が多いこの作品の中では比較的のんびりとした回でしたね。
特にもめ事も起きませんでしたし。正直何を考えているか分からない日向
ですが、この回に関しては同年代の男の子とそれほど変わらなかったのでは
ないでしょうか。

 写真部の顧問の中澤は杏菜が撮った颯の写真を見て、杏菜は颯のことが
好きなのだと思ったようですが、陽多と同様に先入観がない人が感じたことって
物事の本質をついているかもしれないので、今後も注意深く話を見て
行きたいです。



【star.28】

【スターダスト★ウインク】〔春田ななさん〕star.28(りぼん2011年5月号)感想 その1

 
ついに日向とのデートが実現した杏菜、楽しいひと時を過ごすことが
できましたが、肝心の自分の日向に対する告白の返事は聞くことが
できませんでした…杏菜の心の中の葛藤はこれまでに何度も描かれて
きましたが、日向も色々悩んでいたのだということが分かった回でしたね。
告白の返事をしなかったのは日向の甘えだと思うし、逃げたといわれても
仕方がないのですが、一見クールに見える日向も実はいろいろ悩みを
抱えているようです。

 でもこの回で一番驚いたのはやはりマリちゃん復活だよなwwww
たった一コマで杏菜を震撼させるのに十分でしたよね。

まさかもう一回マリちゃんの活躍が見られるとは思いませんでした。


【スピンオフ特別編】


【スターダスト★ウインク】〔春田ななさん〕スピンオフ特別編(マーガレット2010年9月20日号・№19)感想 その1

 
このお話はくるみの妹が出てくるのですが、姉と同じく日向を好きに
なってしまったのですよね。本編とは直接関係がないストーリーだった
ので、このお話を読んでいなくても別にお話の流れが分からなくなってしまう
ということはなかったのですが、ちょうど杏菜と日向が冷戦状態で朝一緒に
登校するのをやめていた時期で、本編に登場することは全くなかった
ので、特別編で補完されてよかったです。

 …ところで最近くるみが登場しないな。マリちゃんが復活したの
だから、くるみもたまには出てくるといいのですが。

 もう杏菜達は高校生活も軌道に乗ってきたので、お話に冷戦時代の
ことがでてくることはもうほとんどないとは思いますが、冷戦がはじまった
直後の杏菜の反応がどうだったのかとか気になるな。

 そもそも最初に距離を置き始めたのはどちらなのだろう?
杏菜と颯が高校に入ってから距離を置くようになったのは颯から持ちかけた
ということが明らかになってますが、杏菜と日向が中学時代に距離を
置くことを先に決めたのはどちらなのだろう?という疑問が沸いて来ます。

 杏菜の性格からして杏菜のほうから距離を置くと言うとも思えないし
日向も杏菜が嫌がるようなことを言うとも思いない…どちらかが
持ちかけたというのではなく、気まずくなって自然と話をしなくなって
しまったというのが真相かな?

|

« 【ひよ恋】〔雪丸もえさん〕step.19(りぼん2011年6月号)の感想 その4 | トップページ | 【桜姫華伝】〔種村有菜さん〕第三十一話「青葉の秘密」(りぼん2011年6月号)感想 その4 »

スターダスト★ウインク」カテゴリの記事