« 【スターダスト★ウインク】〔春田ななさん〕star.42(りぼん2012年7月号)感想 その1 | トップページ | 「りぼんフェスタ2012」の横浜会場に行ってきました(2012年3月31日) 感想 その10 商品購入チェックシート »

2012年6月 9日 (土)

【桜姫華伝】〔種村有菜さん〕第四十四話「さらば、小さい友よ」(りぼん2012年7月号)感想 その2

チャチャとりぼん、ツイッター @chacha_ribon

【「桜姫華伝」の感想】←今までの感想

【桜姫華伝】〔種村有菜さん〕第四十四話「さらば、小さい友よ」(りぼん2012年7月号)感想 その1
↑のつづき

○桜姫、槐に腕をつかまれる

桜姫「出口はここだけね」(りぼん2012年7月号・P.380の4コマ目)

 出口が一つしかないのですから、槐はわざわざ潜伏先の中を
探さなくても出口のところで見張っていればいいんですよね。

最初から槐のほうが圧倒的に有利な状態だったのか。どうりで槐が
余裕たっぷりだった訳だ。

 でもよくよく考えたら、出入り口が一つしかないのって、侵入者を捕まえる時には
役に立つけど、逆に青葉の陣営が槐を討伐(とうばつ)するために
槐の潜伏先の出口を固めたら逃げられないじゃんwww

まぁここまで青葉達が来るということは想定していなかったのでしょうけど
もし出入り口が包囲されたら妖古を繰り出して強行突破ですね。

 瑠璃条が桜姫の側についた時点でこの場所が桜姫に知られるのは
予想ができたはずなので、瑠璃条が予想した通り、槐はさっさと潜伏先を
変えればよかったのに。それをしないところを見ると動きたくても動けな
かったのかな? 妖古を移動させるのって結構面倒そうですし、人にみつかり
にくい場所を探すのも大変なのかな?


※瑠璃条のフリをしていた桜姫の腕をつかんで
槐「久しぶりだね桜
(りぼん2012年7月号・P.381の1コマ目)
瑠璃条のフリをしている桜姫「槐!!
(りぼん2012年7月号・P.381の2コマ目)

 ずーっと瑠璃条のフリをしていた桜姫ですが、いきなり腕をつかまれて
しまったので、思わず桜姫に戻ってしまったな。まぁこれは仕方ないよ。
どうせここで瑠璃条のフリをしたとしてもはやだまし続けることができるとは
思えないし。 ここで「槐さまぁ~heart」とか言って抱きついたりしたら神(w
そんなことをされたら槐も予想外の展開に戸惑ったのでは?!


 思わず「槐!!」と言ってしまった瞬間の桜姫の「しまった!」って言った時の
顔がかわいい。

槐「やっぱり桜だったね… 最初からわかっていたよ
(りぼん2012年7月号・P.381の4コマ目)

 ですよねー

 さっさと捕まえてしまってもよかったような気もするのですが、わざと
泳がせていたのかな? 最初に桜姫が瑠璃条のフリをして槐に抱き
ついた時にたぶん気づいたよな。いくら見た目が似ているって言っても
触った感じが同じとは思えないですし。

 槐ってもう桜姫に興味ないのか? 前は必死に捕まえて修羅幽玄殿に
桜姫を連れ去ったりしたくらいなのに。前は桜姫を捕まえる理由があった
けど、今は必要がなくなったのかな? 

 朝霧を取引材料にして、朝霧を助けて欲しければ自分の言うことを
きくように迫ったりすることをするつもりはなかったのかな? 桜姫の
力は槐にとっても大きな助けになるはずなのですが。朝霧は桜姫に対して
とても有効なカードなのですから、本来だったら簡単に手放すのはちょっと
もったいないはずです。


槐「僕は 君と瑠璃条を見間違えたりしない
(りぼん2012年7月号・P.382の4コマ目)

 まぁ槐は瑠璃条の作者ですしね。見た目は似ていても細かいところは
やはり違うのでしょう。

 朱里が実は外部と連絡を取り合っているということももしかしたら
バレているのではないか??? 慎重で人を疑うのが基本の槐が忍びの里
からやってきた朱里を無条件に信じるのはちょっと不自然かも。

 この段階になっても桜姫の青葉の命字を使わない槐、こういう時に
使わないでいつ使うんだ???
 

↓つづきはこちら
【桜姫華伝】〔種村有菜さん〕第四十四話「さらば、小さい友よ」(りぼん2012年7月号)感想 その3

種村有菜さんの桜姫華伝9巻発売記念サイン会に行って来ました(2012年1月15日、横浜開催)

|

« 【スターダスト★ウインク】〔春田ななさん〕star.42(りぼん2012年7月号)感想 その1 | トップページ | 「りぼんフェスタ2012」の横浜会場に行ってきました(2012年3月31日) 感想 その10 商品購入チェックシート »

桜姫華伝」カテゴリの記事