« りぼん2013年2月号の「女の子って。」(カナヘイさん)第17回に風邪のネタが登場 | トップページ | 【つばめのすぅ】〔鳥海りさこさん〕「すこやかな成長の記録」(りぼん2013年2月号)感想 »

2013年1月 9日 (水)

【ひよ恋】〔雪丸もえさん〕step.39(りぼん2013年2月号)の感想 その1

チャチャとりぼん、ツイッター @chacha_ribon

【「ひよ恋」の感想】←今までのまとめはこちら

 前回コウくんが学校を休んでいるのを心配したひよりはコウくんの
自宅マンションに行きました。そこでコウにきっぱりと「…無理だ
オレ もう あんたと話すの無理だから帰って
」(りぼん2013年1月号・
P.110-111)と言われてしまい、思わず「私が広瀬くんと付き合ってるから?
もし付き合ってなかったらー…
」(りぼん2013年1月号・P.111の2-4コマ目)
と言ってしまい、事の重大さに気づいたひよりはコウくんの自宅マンションを
飛び出してしまいました。

 もしひよりが飛び出さなかったらコウくんはどうしたんだろう? まさか
「俺とつきあえ」とか言うわけないし。ひよりが計算高くて器用な子だったら
広瀬とつきあいつつコウくんとも引き続き友達同士の関係でいられるように
する方法を考えたのかもしれませんが、仮にひよりが器用だったとしても
コウくんがもうひよりと話をするのを嫌がってるから、結構苦戦したとは
思いますけど。

 ひよりは深く考えないで広瀬ともコウくんとも仲良くしたいって思って
いるのでしょうけど、ひよりの彼氏という有利な立場を持ってる広瀬ですら
ひよりとコウくんが仲良く話をしているのを見た時には嫉妬したのですから
コウくんがひよりと広瀬が仲良くしているのを見て面白いわけがないです。

 結局広瀬とコウくんに負担が重くのしかかるだけなんだよな…でも
二人は大変かもしれないけど、ひよりは学校に通うこと自体が大変だった
ことを考えるとここまで他人と関わりを持つことができるようになったと
いうのは大きな進歩なんですよね。まさかこんなことになるとは高校に
入学した当時のひよりは想像すらしていなかったでしょう。

○広瀬に何があったのか聞かれるひより

 そりゃひよりが泣いて出てきたら彼氏の広瀬としては気になるでしょう。
泣いているひよりに優しく語り掛けていますね。こういう仕事ができるのは
広瀬だけだろうなぁ、夏輝だったらコウくんの家に怒鳴り込みそうwww

※広瀬に対して
ひより「もう話かけるなって 話すの無理だからって…
それで私…
」(りぼん2013年2月号・P.22-23)

 そもそもひよりは話し合えばコウくんとまた前のように話ができるように
なるって本気で思っていたのだろうか? 普通に考えたら無理だろう。

 広瀬は別にコウくんとひよりがお話しをすること自体を止める気は
なく、実際積極的に止めることはしていませんが結果としてコウくんと
自分の彼女であるひよりが仲良くするのをやめさせることに
成功したんだよなぁ。


 これって広瀬は別に狙ったわけじゃないけど、コウくんに対してひよりに
話しかけるのを強く迫ったとかじゃなかったから、広瀬は悪者にならないで
済んだな。もし広瀬がむりやりコウくんとひよりの友達関係を引き裂いた
とかいう展開だったらひよりの心の中に広瀬を恨む心が生まれたかも
しれません。


 広瀬は純粋にひよりの気持ちを考えてコウくんを無理に引き離す
ことはしなかったものと思われますが、相手を思う気持ちが自分自身を
守ったのか。

広瀬「…まぁそう言われても仕方ないか もう少しそっとしといた
方が良かったな
」(りぼん2013年2月号・P.23の4コマ目)

 とりあえず学校に来ない理由がひよりに告白して気まずくなったからと
いうものではないのが分かっただけでも大きな成果でしょう。もし
このまま不登校になったらどうしようっていう不安な気持ちをひよりと
広瀬は持っていたはずですし。

ひより「私 ずるいこと考えてた…広瀬くんを裏切るようなこと
言っちゃったの コウくんと今まで通りでいたかったから

(りぼん2013年2月号・P.25の1コマ目)

 まぁあの時はその場の勢いで「もし付き合ってなかったら」と言った
だけだったのだから別に気にする必要はないと思うんだけどなぁ。
ただひよりとしては広瀬のことを裏切ってしまったと結構深刻に
とらえているんですね。

 もしコウくんが「広瀬とつきあっていなかったらお前を
彼女にしたい」って改めて言われたらひよりはどうする気
だったんだろう…
まさか本当に広瀬と別れる覚悟があったわけでも
ないのに。

広瀬「もし期待させるようなこと言ったんだとしたら 謝る相手
オレじゃないだろ
」(りぼん2013年2月号・P.25-26)

 ですよねー コウくんを惑'(まど)わせるようなことをひよりは言って
しまいました。正直コウくんはひよりと話をすること自体がもう嫌な
はずなのだから何もしないでいてくれるのが一番うれしいのでしょうけど
それではひよりの気持ちが収まらないだろうし…

 まぁ告白をした以上ひよりの言葉を聞いてあげるのはコウくんの
仕事かもな。一度聞いたら後はもう絶交でいいけど、とりあえず
このままだとひよりは参ってしまいます。

↓つづきはこちら
【ひよ恋】〔雪丸もえさん〕step.39(りぼん2013年2月号)の感想 その2

「りぼん春のサイン会ツアー2011」(第1弾新宿・雪丸もえさん、津山ちなみさん)に参加してきた感想

|

« りぼん2013年2月号の「女の子って。」(カナヘイさん)第17回に風邪のネタが登場 | トップページ | 【つばめのすぅ】〔鳥海りさこさん〕「すこやかな成長の記録」(りぼん2013年2月号)感想 »

ひよ恋」カテゴリの記事