« 【スターダスト★ウインク】〔春田ななさん〕Last star.(最終話)(りぼん2013年2月号)感想 その2 | トップページ | 【ローゼンメイデン dolls talk】〔原案:PEACH-PITさん、まんが:かるき春さん〕(りぼん2013年2月号)感想 »

2013年1月20日 (日)

【ひよ恋】〔雪丸もえさん〕step.39(りぼん2013年2月号)の感想 その5

チャチャとりぼん、ツイッター @chacha_ribon

【「ひよ恋」の感想】←今までのまとめはこちら

【ひよ恋】〔雪丸もえさん〕step.39(りぼん2013年2月号)の感想 その4
↑のつづき

○気持ちを忘れることは可能か?

※コウくんが「言わなくてよかったんだ」と言った件について
りっちゃん「言わなかったとして 気持ちを最初から無かった
ことにしてキレイに忘れられるの たぶん無理だよ

(りぼん2013年2月号・P.39の4コマ目)

 別にコウくんは気持を最初から無かったことにしたいとまでは考えて
ないと思う。むしろ告白をしてしまったせいで再びひよりと前のように
お話をできるようになるか分からない雰囲気になってしまったのですから
告白したせいでむしろ損をしているという考え方もできるかも。

 この後のコウくんの反応を見るとひよりと接していることが必ずしも
楽しいというわけではなかったようなので、告白をすることによって
なんとなく続いていた友人関係を一度清算したのは間違いではなかった
かもしれません。

 しかコウくんの言葉を聞いたときのりっちゃんの目は
まるでコウくんに自分自身の姿を重ね合わせたかのようだな…

 告白すべきかしないべきか、このテーマは人によって考え方は全く違うかも。
どうせ想いが通じないということが分かっているのであれば告白をしないって
いう考えの人もいれば、逆に告白して断られるということが分かっているので
あれば傷つきたくないから告白をしないという人もいるでしょう。

 いずれにしても告白してしまったのですから、もうその告白を取り消す
ことはできないので言わなかったに気持ちを無かったことにできたのか
なんていうことを考えるのは無意味です。
考えた所で過去を変えることは
できないのですから。これからどうするかを考えたほうが余程有意義な
時間の使い方でしょう。

りっちゃん「私にもわかるもん…
(りぼん2013年2月号・P40の1コマ目)

 りっちゃんも好きな人に対して何も言わなかったとしても最初から好きと
いう気持ちを忘れることはできないって思っているようです。

 …っていうかりっちゃん、このまま学校を卒業するまで自分の
気持ちを好きな男の子に伝えないつもりなのだろうか?
 ひよりが
広瀬に告白できない時はさんざん色々なことをひよりに言っていたのに
自分のことになると途端に慎重だな。まぁもっともコウくんはまだひよりと
告白後にちゃんとお話をしていないので、この段階ではなかなか動きにくい
のかもしれませんが。

 今のコウくんの気持ちを考えたら新しい恋なんていうことを考える
気分にはなれないでしょうから、今ここでりっちゃんが自分の本当の
気持ちを伝えたとしてもたぶん上手くいかなかったかもしれない…って
いうかたぶん上手くいかないから、この時点で動かなかったのは間違っては
いないのかなぁ~

 ただりっちゃんはコウくんに対してタイミングを見計らって動いた
ほうがいいと思うんだけどなぁ。

コウ「おせっかい」(りぼん2013年2月号・P40の2コマ目)

 おせっかいではなく、りっちゃんはたぶん自分の自身のためという
意味も込めてコウくんにいろいろ言ってるんだと思う。

 コウくんとお話をした後、りっちゃんは目に涙をためていますが、
つらいよな…自分は告白する前にある意味フラれたようなものだし。

 でも泣いていても何も解決しませんから、がんばって自分にとって有利な
雰囲気を作らないと。

↓つづきはこちら
【ひよ恋】〔雪丸もえさん〕step.39(りぼん2013年2月号)の感想 その6

「りぼん春のサイン会ツアー2011」(第1弾新宿・雪丸もえさん、津山ちなみさん)に参加してきた感想

|

« 【スターダスト★ウインク】〔春田ななさん〕Last star.(最終話)(りぼん2013年2月号)感想 その2 | トップページ | 【ローゼンメイデン dolls talk】〔原案:PEACH-PITさん、まんが:かるき春さん〕(りぼん2013年2月号)感想 »

ひよ恋」カテゴリの記事