« 【ひよ恋】〔雪丸もえさん〕step.51(りぼん2014年2月号)の感想 その2 | トップページ | 【ひよ恋】〔雪丸もえさん〕step.51(りぼん2014年2月号)の感想 その3 »

2014年2月16日 (日)

【シュガーソルジャー】〔酒井まゆさん〕CHAPTER.31(りぼん2014年3月号)感想 その1

チャチャとりぼん、ツイッター @chacha_ribon

【「シュガーソルジャー」の感想】←今までのまとめはこちら

○麻琴、入谷とキスして興奮覚めやらぬ

 入谷とこっそり家を抜け出してツリーの前でキスをした麻琴、熱を出して
寝込んでしまった時は最低なクリスマスだったのですが、結果として
生涯忘れることができない日となりました。

 波乱の一日が終わり寝た麻琴ですが…

麻琴の心の中の声「キスしちゃった キスしちゃった
キスしちゃった…入谷くんとキスしちゃった!! どうしよう
眠れない~~
」(りぼん2014年3月号・P.292-293)

 いいから少しは落ち着けwwwwwwwwwwwwwwwwww

 でも麻琴が興奮しちゃうのも無理ないです。入谷との恋は
順風満帆(じゅんぷうまんぱん)だったという訳ではないですから。

なかなか入谷から告白の返事をもらえませんでしたし、両想いになって
デートをしようと思ったら熱を出したりしたので正直キスなんて想像すら
できない状況でしたから。

 麻琴はせっかく用意した入谷に渡すプレゼントのことすら忘れていたくらい
ですから、キスは本当に不意打ちでしたよね。この状況でぐっすり寝ろと
言っても無理なのかも。初めてのキスをした夜なのですから無理して寝る
必要はないのではないでしょうか?

 むしろキスの余韻(よいん)に一晩中浸ってみるのもいいかも。

麻琴の心の中の声「色々ふんわりしすぎてて 記憶がヤバイ…
(りぼん2014年3月号・P.294の2コマ目)

 熱を出したり、麻琴を馬鹿にした空気の読めない母に入谷がしっかり
反論してくれたり、ツリーの前という最高の条件でキスをしたりと、
本当に激動の一日でしたから記憶が混乱してしまうのも無理ないかも。

 そういえば麻琴は熱は下がったのか??? 熱があるのに歩き回ったり
刺激を受けたりしたから熱が下がるような状況ではないのですが。
ただいい事があって夢中になっているとしらない間に熱が下がって
いたりすることもあるから、もしかしたら多少は下がったかな???

麻琴の心の中の声「いっそ このまま 永遠に目覚めません
ように…
」(りぼん2014年3月号・P.294の3コマ目)

 せっかく両想いになったのだからもっと楽しめよwwwwwwww
でもこんな幸せな一日なんてそう簡単にはやってこないから、なんとなく
麻琴の気持ちも分からないでもない。

○ネガティブな気持ちが消えた麻琴

 いろいろと麻琴が考えている時に姉の莉華が帰ってきたのでお礼を
言う麻琴。

莉華「…ほほー? お礼言いたくなるよーな事 あったんだ?」
(りぼん2014年3月号・P.296の3コマ目)

 さすが姉はするどいな(w 麻琴もこの後言っていますが、姉が入谷に
家に上がるように言わなかったら麻琴の人生を変えるほどの大イベントは
発生しなかったのですから、姉にはいくら感謝しても足りないくらいでしょう。

 これまで莉華は麻琴のことをいろいろ助けてあげていましたが、そのおかげで
麻琴は救われていたと思います。これからも麻琴の成長を見守ってあげて
時には助けてあげてください。

 麻琴が莉華と話をしている際に莉華のスマートフォンに莉華の彼氏から
メールが届きました。

麻琴の心の中の声「やっぱり 相手は業界の人なんだ でも いつも
みたいに 卑屈(ひくつ)な気持ちにはもうならない すごいな恋って
入谷くんってすごいなぁ……
」(りぼん2014年3月号・P.300-301)

 キスをしたから心に余裕がありますしね。もう嫉妬をする必要など全く
ないでしょう。入谷のキスは麻琴の人生を変えましたね。これから先
姉の影を気にすることなく動けるようになります。

麻琴の心の中の声「世界中 みんな幸せになーれ…heart
(りぼん2014年3月号・P.301の1コマ目)

 麻琴が天使になったwwwwwwwwwwwwwww

 一夜でここまで立場が良い方向に変わるなんて人生何があるか
分からないですね。

↓つづきはこちら
【シュガーソルジャー】〔酒井まゆさん〕CHAPTER.31(りぼん2014年3月号)感想 その2

|

« 【ひよ恋】〔雪丸もえさん〕step.51(りぼん2014年2月号)の感想 その2 | トップページ | 【ひよ恋】〔雪丸もえさん〕step.51(りぼん2014年2月号)の感想 その3 »

シュガー*ソルジャー」カテゴリの記事