« 【キミとだけは恋に墜ちない】〔酒井まゆさん〕 #8(りぼん2016年6月号)感想 その4 | トップページ | 【つばさとホタル】〔春田ななさん〕DAY35(りぼん2016年6月号)感想 その5 »

2016年5月26日 (木)

【うさぎメランコリー】〔槙ようこさん〕新作読みきり(りぼん2016年6月号)感想 その3

チャチャとりぼん、ツイッター @chacha_ribon

【「ロマンチカクロック」の感想】←今までのまとめはこちら

【うさぎメランコリー】〔槙ようこさん〕新作読みきり(りぼん2016年6月号)感想 その2
↑のつづき

 桐敦は占い好きの子が近くにいるという環境ですが、ただ占い好きなら
別にいいけど勝手に占ってその結果を教えるとかちょっとした嫌がらせ
だろうwww
桐敦が占いに興味があるなら別にかまわないけど実際には
興味がないんだし。

 興味がなくても占いの結果を伝えられたらやっぱり気になるからなぁ。
気にしやすい性格の人だったら伝えられた占いの結果次第では激しく
落ち込みそう。占いでいい結果が出た時だけ教えてくれるならいいけど。

 この手の人って悪気が全くないのがやっかいですよね。

桐敦は女運が悪いということで話が進んでいますが、確かに女運は
いいとは言えないな(w
これを見ると桐敦があまり恋人を作りたいと
思わないのも納得できるわ。今回電車内で桐敦に話しかけてきた子も
なかなかの曲者だし。

 あまり積極的に桐敦は電車の中で自分に話しかけてきた子に連絡を
取る気はなかったのですが、下校途中に偶然出くわしてます。ここまで
来ると本当に女運が悪いのだと思います(w いくら逃げようとしても
向こうから近づいてくるのですから。

 偶然出会った結果、名前が「木田 結菜(きだ ゆな)」ということと
桐敦に話しかけた理由が明らかにされましたが、理由が本当に迷惑
すぎるwww まぁこの子とつきあいたいと考える男の子は少ないでしょう。
…と思ったけどこういうタイプの子が好きという人もいるか。世の中
いろいろな人がいるからなぁ。

「りぼん夏のサイン会ツアー2014」(第1弾幕張新都心・槙ようこさん、村田真優さん)に参加してきました(2014年7月21日)

槙ようこさん×持田あきさんのサイン会(ピカ☆イチ4巻発売記念)に行ってきました(2012年4月1日、渋谷TSUTAYA開催)

講談社ARIA創刊記念のイベント、槙ようこさんと持田あきさんの手渡し会に行ってきました

|

« 【キミとだけは恋に墜ちない】〔酒井まゆさん〕 #8(りぼん2016年6月号)感想 その4 | トップページ | 【つばさとホタル】〔春田ななさん〕DAY35(りぼん2016年6月号)感想 その5 »

きらめきのライオンボーイ」カテゴリの記事