« 【陽だまりの月】〔雪丸もえさん〕 light5 (2018年1月号) その2 | トップページ | りぼん2018年2月号のふろくは「りぼんヒロイン手帳セット2018」 »

2017年12月 6日 (水)

【古屋先生は杏ちゃんのモノ】[香純裕子さん]第16話(りぼん2018年1月号) 感想 その2

チャチャとりぼん、ツイッター @chacha_ribon

【古屋先生は杏ちゃんのモノ】[香純裕子さん]第16話(りぼん2018年1月号) 感想 その1
↑のつづき

 キミシマンが自分と杏の関係についてこれまで溜め込んでいたものを
爆発させた感じですが、杏ははっきり言わないと気がつかないと思うので
このままだとストレスは溜まり続けるよなぁ。

杏の鈍感な性格は治らないと思うので、キミシマンがもし今の状況は
嫌だと思うのであれば、杏と一切会わないという道を選ぶしかないの
ですが、キミシマン自身が今の生活を完全に嫌だと思っているわけでは
ないので、余程のことがない限り今の生活がダラダラ続きそうだ。

 ところ古屋が杏にツッコミを入れてるけど、杏って学校の外で
気軽に会える友達っていないな…気軽に話しかけることができるのが
キミシマンだけだから、杏は何でも相談しているのだろうけど、
杏がキミシマンの気持ちに気づいたら、どんな反応をするのか
気になるな。

|

« 【陽だまりの月】〔雪丸もえさん〕 light5 (2018年1月号) その2 | トップページ | りぼん2018年2月号のふろくは「りぼんヒロイン手帳セット2018」 »

りぼん本誌総合」カテゴリの記事