講談社ARIA総合

2012年4月 1日 (日)

槙ようこさん×持田あきさんのサイン会(ピカ☆イチ4巻発売記念)に行ってきました(2012年4月1日、渋谷TSUTAYA開催)

チャチャとりぼん、ツイッター @chacha_ribon


Img_88461

 今日は渋谷で行われた講談社ARIA「ピカ☆イチ」4巻発売記念の
槙ようこさんと持田あきさんのサイン会に行ってきました~ 前日は
台風でも来たのではないかと思えるほど風雨が強かったのですが
今日はとてもおだやかな一日で、絶好のおでかけ日和でしたね。

 副都心線はまだ東横線と直通運転を開始していませんが、直通運転が
始まったら、駅名票の空欄に東横線の駅名が書かれるのですね。

Img_88411

 この光景が見られるのもあとわずかですね。

 さて、今回のサイン会は渋谷のTSUTAYAで開催されたのですが
ここはハチ公前のスクランブル交差点を渡ってすぐのところにある
ので交通の便がとても良いので、イベント参加者にとってはとても
ありがたいです。

Img_87961

Img_87911

 サイン会は7階のコミック売り場で行われたのですが、サイン会の
会場は売り場とは別の部屋に設定されていたので、サイン会の整理券を
持っていない人は見学はできないようになってました。サイン会参加者も
自分の番が周ってくる直前まで槙さんと持田さんの姿を見ることが
できないので、どきどきしながら番を待つ形となります。

 サイン会の参加者は時間が来ると放送で呼び出される形となって
いました。放送は7階でしか流れないので、あまり多くの人が
一度に来てしまうと売り場は大混雑となってしまいます。

 集合時間が妙に細かかったのはこのためだったのか。

Img_88731

 で、私の番が来てお二方と対面しました!!! 直前までお姿を見ることが
できないので正直心の準備ができていなかったのですが、お二方共
とても優しく話しかけてくださったので、とても楽な気分でお話しをすることが
できました。

 私は毎回どのサイン会でも気の利いたことが言えないのですが、
こうやって作家さんのほうから話しをしてくださるととても助かります~

 サインは特製の色紙に頂くことができました。部屋に飾れるので
とても良い記念となります。またこの日のサイン会はおみやげとして
色紙の右上にあるノートも頂けました。これは後から手に入れるのは
とても難しいと思うので大切にします。とてもじゃないけどもったいなくて
使えない(笑)

お話ができたのは本当に短い時間でしたが、私にとってはとても
大切なひとときとなりました。槙ようこさん、持田あきさん、関係者の
みなさん、本当に素敵なひとときをありがとうございました♪


Img_88031

Img_88011

 ちなみに渋谷のTSUTAYAの前には各局のテレビの天気予報などで
おなじみの定点カメラが設置されています。全国的に渋谷の駅前が
有名なのはこれのおかげでもあるんですよね。

関連
講談社ARIA創刊記念のイベント、槙ようこさんと持田あきさんの手渡し会に行ってきました

槙ようこさん×持田あきさんのサイン会整理券入手しました(2012年4月1日 SHIBUYA TSUTAYA開催)

【ピカ☆イチ】〔槙ようこさん×持田あきさん〕複製原画を手に入れました(講談社ARIA2010年10月号・購入特典)

|

2012年3月 7日 (水)

槙ようこさん×持田あきさんのサイン会整理券入手しました(2012年4月1日 SHIBUYA TSUTAYA開催)

チャチャとりぼん、ツイッター @chacha_ribon

関連
講談社ARIA創刊記念のイベント、槙ようこさんと持田あきさんの手渡し会に行ってきました


  現在講談社の少女まんが誌「ARIA」に連載されている槙ようこさんと
持田あきさんの「ピカ☆イチ」4巻発売記念サイン会が渋谷で
開催されるということで、今日サイン会整理券をいただいてきました~

 サイン会整理券は渋谷のTSUTAYAでピカ☆イチ4巻の通常版または特装版の
どちらかを購入した人先着150人に配布されるのですが、毎回まんが家さんの
サイン会整理券は配布当日にならないと手に入るか分からないので
自分が着くまで券が残っていますようにと祈りながら本屋さんに行きます(w

Img_8483_2

  サイン会は普段なかなかお会いする機会がないまんが家さんと
お話ができる貴重な機会なのですが、私はなかなか気の効いた一言が
言えないんです。会話が弾んでいる読者の方って本当にすごいと
思います~

 今回は単行本ではなく、特製の色紙にサインをしていただけるという
ことなので、どんな色紙なのかあれこれ考えながら当日を待ちたいと
思います。

 サイン会当日が楽しみです☆

|

2010年9月 5日 (日)

【ピカ☆イチ】〔槙ようこさん×持田あきさん〕複製原画を手に入れました(講談社ARIA2010年10月号・購入特典)

関連
 講談社ARIA創刊記念のイベント、槙ようこさんと持田あきさんの手渡し会に行ってきました

 槙ようこさん、持田あきさんの作品「ピカ☆イチ」が連載されている
講談社の少女まんが誌「ARIA」の2010年10月号が発売されました。この号は
ARIA応援書店で購入すると「ピカ☆イチ」の複製原画が購入特典として
ついてきます。

100905_0008

 実際に手にとってみたのですが、イベント会場によく展示されている
原画とひけをとらないほど良い出来だったのでびっくり! グッズとして
売られていても普通にお金を出して買おうと思えるレベルでした。

 実物が手元にある方は分かると思うのですが、目を凝らしてよく見ると
普段の誌面では見えないものがいろいろと見えますよね。

 下敷きとかクリアファイルなどの定番グッズも嬉しいのですが、こういう
一工夫された購入特典がついているとより一層嬉しいです!!! これからも
他誌とは違う特徴を出せるようがんばってください!

100905_0010

 ARIA2010年10月号にはCDが付録としてついているのですが、各作品の
設定資料集や壁紙などいろいろなおまけを見ることができます。「ピカ☆イチ」
の設定資料や壁紙ももちろんあるので、さっそく活用させていただきます♪

 創刊号を応援書店で買うとついてきたペーパーも収録されているので
残念ながらペーパーを手に入れることができなかった方もこの号を買えば
見ることができますので、見たかった方はこの号を買うのもいいかも。

|

2010年8月27日 (金)

【ピカ☆イチ】〔槙ようこさん×持田あきさん〕第1回(講談社ARIA創刊号・2010年9月号)の感想 その2

関連
講談社ARIA創刊記念のイベント、槙ようこさんと持田あきさんの手渡し会に行ってきました

【ピカ☆イチ】〔槙ようこさん×持田あきさん〕第1回(講談社ARIA創刊号・2010年9月号)の感想 その1
↑のつづき

○主人公は目立たない生徒

 この作品には2人の主人公が登場します。一人は鈴木太郎という
男子、もう一人は鈴木花子。どちらも何かの申込書の記入例に
出てくるような名前ですが、この二人には共通点がいくつもあります。

(1)とにかく目立たない

 花子は隣の席の人にいつまで経っても顔を覚えてもらえませんし
太郎は毎日登校しているのに存在していることすら認知されず
登校拒否をしているのではないかと思われています。普通新入学を
したらまず自己紹介の機会が設けられるでしょうから、少なくとも
顔くらいは覚えてもらえそうですが、ここまで認識されないっていうのも
すごいな。毎日登校していれば普通嫌でも覚えてもらえるだろう。

 一体どうやればここまで存在感を消せるんだろう…こんな感じだから
言うまでもなく友達なんていないんだろうな。今までの授業でグループ単位で
動くようなものはなかったのか? まさかそういう機会があったのにも
関わらず忘れられてしまったのか!?

(2)愛種(あいだね)高校の校訓に惹(ひ)かれて入学した

 二人は愛種高校の校訓に強く惹かれて入学することを決意した
そうです。普通志望先の高校の校訓なんて調べないだろう…というか
その高校に通っている生徒の中で何人が校訓を覚えているのだろう(笑)
下手をしたら教師も言えないのでは?

 校訓に興味を持つ人などほとんどいないでしょうが、どんな校訓
なのかと言うと…

一、常に人のために
一、友を大切にする
一、正々堂々とする


 これが本当に実現できているのであればとてもすばらしいですが
校訓の理念が本当に実現できている高校なんてまずないだろう…


(3)同じ任侠(にんきょう)映画が好き

 ただし太郎は「暁(あかつき)親ブン」、花子は「マシャコ姐(ねえ)さん」
が好きなようですが、同じ映画が好きなことに変わりはありません。
映画に出てくる組の掟(おきて)と自分が通う高校の校訓を重ね合わせて
いるようです。


○陰湿ないじめが愛種高校にあることを知った二人

 成績が一番下位の子は徹底的に退学に追い込まれるまでいじめられる
のか。いじめの対象の子が退学に追い込まれたとしても成績が一番下の子
というのは必ず一人生まれる訳ですから、いじめの対象は常に
供給されているんですね。


 学校側がいじめの事実を把握してないとは考えにくいよな。だって退学する
子が全員真実を伏せて学校から去っていくとは思えないですし。もう縁が
切れるのであればどんどん話をすればいいのに。

 ただいじめられる子って保護者に心配をかけたくないとかいろいろ考えて
しまうから本当のことってあまり言えないのかな?

 この高校の場合はどうなのかまだ明らかにされていませんが、学校側は
いじめの事実を知りながら十分な対策を取らないというのも決して珍しくは
ありません。で何か起こったら「把握(はあく)していない」と言って終わりと。
ただ今回の話を見ると少なくとも保険の先生はまだ事実を知らないっぽい
ですね。

 そもそも優等生が集まる学校だから良い生徒が集まるという訳でも
ないですよね。良いのはあくまでもテストの成績であって、性格がどうで
あるかは確かめていないのですから。

○現状を変えたいとは思わない生徒達

 基本的にただ見ているだけの子も十分加害者なのですが、いじめている
側の人数を考えるととてもじゃないけど止めに入るなんていうことは
無理ですよね。下手にことをしたらいじめの対象に加えられてしまうことは
容易に想像できますから。極論すれば1人を全校生徒がいじめているような
状態ですから、この状況でいじめを止めろと生徒に言うのは酷(こく)かも。
個々の生徒に出来ることは勉強をして最下位にならないよう祈るのみ
とは。

 太郎と花子はこの状況をなんとか変えたいと思っていますが、申し合わせた
訳でもないのに本当に考えることって同じなんだな。映画の影響で
「正義」についていろいろ考えたようです。


○目立つことをしたい二人にとっては格好の舞台

 他の生徒が何を恐れているかというと目立ってしまうことですが
太郎と花子の二人は、目立たない自分を変えたい、すばらしい校訓が
実現している高校に行きたいということですから、この状況で学校の
現状を変えようと目立つ行動をするのはむしろ望むところ
なんですよね。


 登校拒否をしているのではないかと思われるほど目立たない状態から
抜け出すのにこれ以上すばらしい舞台はないでしょう。さすがに
顔と名前は覚えてもらえますし。

 太郎は正義のヒーローになるのが夢で、花子は祖母に困っている子に
気づいてあげられる人になってねと言われていました。これらを
現実のものとするためにもここで黙っているわけにはいかなかったのでしょう。

 で、早速いじめられていた子を助けだしたのですが、そんなことを
したのにまだ謎の人物扱いなのかwwwww 生霊(いきりょう)扱いとか
ひどすぎだろう。ある意味太郎と花子はいじめられているような
ものだな。

○校門に「くせ者」あらわる!!!

 次回から激変の予感!!!

|

2010年8月23日 (月)

ちびARIAとチラシを入手しました

関連
講談社ARIA創刊記念のイベント、槙ようこさんと持田あきさんの手渡し会に行ってきました

100823_2247

 本屋さんで配られているという話だったのですが、なかなか手に入れる
ことができなかったちびARIAがなかよしフェスティバル2010の会場で
配られていたので、もらってきました。左が大きさ比較用のARIA本誌で
右がちびARIAです。

 内容は主に各作品の冒頭部分が収録されているのですが、これが
あればARIAに興味を持ってくれる人も出ると思うので、もっとたくさんの
場所で配ればいいのに~

100823_2247001

 チラシも入手。なかよしフェスティバルに参加していたなかよし読者の
みなさまのうちどのくらいの人を獲得できたのかな?

 どうせだったら見本誌も置いておけばよかったのにとも思いました。

|

2010年8月 5日 (木)

【ピカ☆イチ】〔槙ようこさん×持田あきさん〕第1回(講談社ARIA創刊号・2010年9月号)の感想 その1

関連
講談社ARIA創刊記念のイベント、槙ようこさんと持田あきさんの手渡し会に行ってきました

 講談社から創刊された「ARIA」、槙ようこさんと持田あきさんの作品
「ピカ☆イチ」の連載も始まったので、手にとってみたりぼんっ子も
多いと思います。私も一体どんな感じの作品になるのか発売日前から
楽しみだったのですが、お渡し会でARIA本誌を手にして早速読んで
みました。

 まず表紙を開くとサイン色紙のプレゼントがありますね。これ当たったら
もう家宝にするくらいの勢いで大事にしたい。

 カラー見開きの扉絵に槙ようこさんと持田あきさんの代表作の名前が
書かれているのですが「愛してるぜベイベ☆☆」「山本善次郎と申します」
「真夜中にKiss」「思い出金平糖」とか書いてあるのを見るとりぼん本誌
なのではないかと錯覚(さっかく)してしまいそうになります(笑)

 私はりぼん以外のまんが誌を読む機会があまりないのですが
見慣れた絵柄を見ると妙に落ち着きます。まんが誌って各誌それぞれ
個性が強く出ているから、普段読んでいないまんが誌を読むとなんだか
他人の家にいるみたいで落ち着かないです。

 今回の「ピカ☆イチ」は全く目立たない子が主人公のようです。目立たない
というとどうも負のイメージが強いですが、実は目立たないように過ごすのって
かなり難しいですよね。ダメな子だったら嫌でも目だってしまいますから。
で、努力をしたら今度は周りから良い目で見られたり、嫉妬の対象に
なったりするから、これはこれでまた目だってしまいます。

 なので目立たないように過ごすっていうのは思っているほどやさしく
ないです。

↓つづきはこちら
【ピカ☆イチ】〔槙ようこさん×持田あきさん〕第1回(講談社ARIA創刊号・2010年9月号)の感想 その2

|

2010年7月28日 (水)

講談社ARIA創刊記念のイベント、槙ようこさんと持田あきさんの手渡し会に行ってきました

  100728_1813

 今日はリブロ池袋本店で開かれたARIAの創刊記念イベントの
槙ようこさん、持田あきさんのARIA創刊号手渡し会に行って
きました。今日の首都圏はとても暑い一日で、夕方になっても
歩いているだけで汗がにじんでくるのではないかと思うほど
だったのですが、室内のイベントだったので暑さ知らずでよかったです。
池袋駅の改札を出てから一歩も外に出ないで地下を通って
会場まで行けるのでとても快適でした。

 私がついた時にはすでにたくさんの参加者の人が集まって
いたので、手渡し会の会場から微妙に離れた廊下に並ぶ
ことになりました。先頭のほうに並んでいらっしゃったみなさまは
一体何時頃から待っていたんだろう?


100728_2147001_2  100728_2148

 開始時刻が過ぎ、手渡し会が始まりました。私はてっきり淡々(たんたん)
と、ARIA創刊号と特典を受け取るだけのイベントだと思っていたのですが
受け取る際に槙ようこさん、持田あきさんと簡単なお話をする時間があったり
握手をしていただくことができたりしました。

 参加者のみなさまは何かしら言葉を交わしていました。みんなとっさに
話すことが思いつくなんてすごいなぁ。こんな機会があるんだったら
何か話す内容を考えておけばよかった(笑) 結局握手をしていただいた
後にブログ(チャチャとりぼん)で感想を書かせていただくと
いうことをお伝えすることに留まりました。我ながらダメすぎるwww


 今日は事前にお知らせ出ていたミニ色紙のほか、お二方の名刺もいただく
ことができました。槙ようこさんの肩書きは「一日編集長」で
持田あきさんの肩書きは「一日宣伝部長」でした。

 100728_2148002_2

 応援書店でARIA創刊号を購入した際にもらえるクリアファイル
と描き下しのメッセージペーパーももらえました。クリアファイルの
柄は実際にお買いになって確かめてください(笑)

こういうちょっとしたペーパーもとても良い記念になりますよね。


100728_2149_2

 で、ARIA創刊号を手に取ることができました。手触りが普通の
まんが誌と違いますね。ツルツルした感じでちょっと不思議な
手触りです。

 表紙の柄がとてもおしゃれで気に入りました。この柄のポスターが
欲しい!!! 部屋に飾りたいです☆

 今日は普段作品を読ませていただいている作家の方と短い時間ながら
直接接触することができてとてもすばらしいひとときを過ごすことが
できました。槙ようこさん、持田あきさん、関係者のみなさま今日は本当に
ありがとうございました♪

|

2010年7月27日 (火)

明日槙ようこさんと持田あきさん登場のイベントが開催

100727_2146001  さて、いよいよ明日は槙ようこさんと持田あきさん
のイベントの開催日ですね。ここをご覧のみなさまの
中にも参加整理券を無事入手し、明日のイベントを
楽しみにしていらっしゃる方もいらっしゃる思います。

 開始時刻が遅いのと、駅から会場まで地上に出ること
なくたどり着くことが可能なのと、それほど長時間の
イベントではないのであまり熱中症の心配をする必要
はないと思われますが、水分補給に一応気をつけ
ましょう~



 普段なかなかお目にかかることができないまんが家さんから
直接まんが誌を手渡してもらえるのですから、読者にとっては
本当にうれしい企画ですね。限定特典のミニ色紙ももらえるそう
ですが、どんな風な絵がかかれているのかわくわくしながら
待ちたいと思います。

 講談社から明日創刊される「ARIA」のイベントなのですが、
新しいまんが誌ということで当然まだ「ARIA」の読者はいないのですから
明日イベントに参加する人の大半はたぶんりぼん読者ですよね。
りぼん読者が多数参加する講談社のイベントってなんだか面白いな(笑)

 夏の思い出になるようなイベントになるよう期待しています☆

※このイベントに参加するには「参加整理券」が必要です。

|

その他のカテゴリー

31☆アイドリーム(メロディ連載) | Cookie総合 | CRASH! | HIGH SCORE | MOMO | P×P(ピーバイピー) | REC-君が泣いた日- | zen zen (Cookie連載) | あかり&まり子のどうでもいい話 | いちごオムレツ | だって好きなんだもん | つばさとホタル | つばめのすぅ | ひよ恋 | ぷちパレード!! | まじかるwebからのお知らせ | まりもの花 | ややプリ | りぼん「MOMO」聖地巡礼 | りぼん「聖地巡礼」 | りぼんイベント | りぼん本誌、読みきり・短期連載作品 | りぼん本誌総合 | アニマル横町(原作) | アニメ・コミック | アリスから魔法 | イベント総合 | イン ザ チョコレート | イ・オ・ン | キルミンずぅ | コスモ日誌 | コミックマーケット | シュガー*ソルジャー | スターダスト★ウインク | スポーツ | チョコミミ | チョコレートコスモス | ドリーム メディシン | ハローキティピース!! | バドガール | パーフェクト・ローズ | ブランデージの魔法の城 | ブルーフレンド | マジョカル★マジョカル | モバイルガールめもり・電脳少女めもり | ロッキン★ヘブン | ロマンチカクロック | ローゼンメイデン dolls talk | 勝利の悪魔 | 君は坂道の途中で | 夢色パティシエール(アニメの感想) | 夢色パティシエール(原作1巻のまとめ) | 夢色パティシエール(原作2巻のまとめ) | 夢色パティシエール(原作の感想) | 夢色パティシエール(情報) | 夢色パティシエール(番外編の感想) | 姫ちゃんのリボン(原作) | 姫ちゃんのリボンカラフル(まとめ) | 姫ちゃんのリボンカラフル(情報) | 姫ちゃんのリボンカラフル(感想) | 昔のりぼん | 春田ななさん総合 | 株式会社ラブコットン | 桜姫華伝 | 水沢めぐみさん単行本「5月のお茶会」 | 満月をさがして | 猫と私の金曜日(マーガレット連載) | 種村有菜さん関係総合 | 絶叫学級 | 絶対覚醒天使ミストレス★フォーチュン | 花めぐりあわせ | 講談社ARIA総合 | 赤ずきんチャチャ(アニメ) | 赤ずきんチャチャ(原作・単行本1巻から4巻) | 赤ずきんチャチャ(原作・単行本5巻から8巻) | 赤ずきんチャチャ(総合) | 赤ずきんチャチャN | 魔女とハツコイ。