アニメ・コミック

2017年4月27日 (木)

りぼん連載作品が原作となった30分テレビアニメを見てみたい

チャチャとりぼん、ツイッター @chacha_ribon

 りぼんに連載されている作品が原作となった30分テレビアニメって
以前は定期的に作られていたのですが、最近はめっきりなくなって
しまいましたね。おはスタで流れるようなミニアニメは割とよく作られて
いるのですが、そろそろ30分間のテレビアニメを見てみたいです!

 30分アニメとして放送されたりぼん連載作品は「姫ちゃんのりぼん」
「赤ずきんチャチャ」「ケロケロちゃいむ」「ママレード・ボーイ」
「こどものおもちゃ」「神風怪盗ジャンヌ」など一度に全部上げるのが
大変なくらいありますよね。

 新しい作品だと「夢色パティシエール」か。現在りぼん本誌に連載されている
「アニマル横町」も30分アニメが毎週テレビ東京で放送されていました。

 今現在りぼん本誌に連載されている作品も結構面白いから、30分アニメ
作れないかなぁ~ 「なないろ革命」の30分アニメとか怖いもの見たさで
見てみたい(w 「ゆゆ」がどう描かれるのか興味があります。

|

2016年11月13日 (日)

池袋ののサンシャインシティにカナヘイさんのイベントのポスター(カナヘイのゆるっとTown)

チャチャとりぼん、ツイッター @chacha_ribon

Img_0381
 今日池袋のサンシャインシティに行ったらカナヘイさんのイベント
(カナヘイのゆるっとTown)のお知らせのポスターが貼られていました。
カナヘイさんと言えば「女の子って。」などりぼん本誌でおなじみの作品を
描かれているのでちょっと遠くからでもすぐにカナヘイさんの絵だと
分かりました。なんだかポスターを見る事ができてうれしかったです。

 12月22日から1月9日まで開かれるのでちょうど冬休みと重なりますね。

|

2015年9月 5日 (土)

週刊誌「AERA」2015年9月7日号にりぼんとなかよしの60周年記念特集

チャチャとりぼん、ツイッター @chacha_ribon

 りぼん60周年ということでいろいろな所で60周年ネタが取り上げられて
いますが、とうとう一般向けの週刊誌「AERA(アエラ)」でも取り上げられた
とはwww

 ファッション誌バイラはかつてりぼんを読んだことがある人がたくさん
いるだろうから特に不思議ではなかったのですが。AERAだと人生で一度も
りぼんやなかよしを読んだことがないという人がいてもおかしくないですよね。

一度も読んだことがない人が今回の記事の中にある年表に載ってる作品名を
見てもほとんど分からないと思います。分かるのはせいぜいちびまる子ちゃんと
セーラームーンくらいではないでしょうか!?

  りぼん60周年の企画はいろいろな媒体(ばいたい)で組まれていますが、今回の
AERAの記事はりぼんとなかよしの編集長がメインになっているので、これまで
見たさまざまな記事と一味違ったものになっています。

 対談を見るとやはり時代の変化の影響をまともに受けているようですね。
テレビアニメ化される少女誌の作品がほとんど無くなって、作品を知って
もらう手段が減ってしまったのはやっかいですよね。テレビアニメなら
まんが誌を買わなくても放送を見れば作品に接することができますが、
それが無いとなると基本的には何らかの形でまんが誌を手に取って
もらわないことにはどうにもならない訳で…

 そう考えると付録から掲載作品のキャラクターが消えたのも何となく
分かったような気がします。なかよしの編集長の中里さんが「キャラクター
ほしさの付録だけでは勝負できない。
」(AERA2015年9月7日号・P.44)
とおっしゃってますが、そもそもいくら付録にキャラクターが登場
していてもそのキャラクターのことを知らなければ魅力は感じない訳で…

 スマホが普及してしまい物欲が無くなったっていうのはかなり影響して
いそう…何しろスマホ一台あれば友達とのおしゃべり、ゲーム、ネット動画の
閲覧などできちゃうからもうそれで十分満足できちゃいますし。ここに
まんが誌が割って入るのはかなり大変そうだ。

 付録が豪華路線になったのも納得です。まずは付録で興味をひかないと。

 りぼんとなかよしが何とかスマホ文化に上手く乗っかることはできない
ものか… りぼんはニコニコ動画にチャンネル持ってますが、もう少し
活用できるといいのですが。

|

2014年10月19日 (日)

"台湾版りぼん" 月刊夢夢を日本で気軽に買いたい!

チャチャとりぼん、ツイッター @chacha_ribon

 台湾ではりぼんの作品が月刊夢夢というまんが誌に掲載されています。
ツイッター などで話題になることもあるのでご存知の方も多いでしょうが、
付録は月刊夢夢独自のものがついています。

 最近のりぼんは実用重視路線で、以前のようなキャラクターの絵が
大きく描かれたものがつくことはあまりなくなりましたが、月刊夢夢は
昔のりぼんみたいにキャラクターを前面に押し出したふろくです。
スケジュール帳とか シールとかを見るとちょっとなつかしいです。

 ネットで台湾のサイトを見ると結構欲しいと思うものがあります! 夢夢っ子が
うらやましい!!!
台湾でもりぼんの作品が親しまれているようでとてもうれしい
ですが、 日本でも気軽に買えるようになるといいのですね。

 付録はお金で買えないものがついてくれたほうがうれしいのですが、最近の
まんが誌はただ単にまんがだけを提供すればいいという訳ではなさそうですね。
お小遣いでまんがとかわいいグッズの両方が手に入ればりぼんっ子としては
そのほうがうれしいということなのかも。

 月刊夢夢にはりぼんに連載されていない作品も連載されていますが、それらの
作品の日本語版が出たらぜひ読みたいです。どんな作品なのか気になります!

 月刊夢夢に掲載されているりぼんとマーガレット作品のタイトルは当然現地の
言葉で表記されているのですが、当て字の割には結構見ただけで意味が
分かります。

ロマンチカクロック → 浪漫時鐘
シュガー*ソルジャー → 蜜糖女孩*大作戰
猫と私の金曜日 → 貓與我的星期五
ひよ恋 → 小雞之戀
つばさとホタル → 翼與螢火蟲

 特にロマンチカクロックとシュガーソルジャーは一発で何の作品のことを
指しているのか分かりますw

|

2013年10月20日 (日)

マーガレット22号(2013年11月5日号)に「ベルサイユのばら」1巻の復刻版が付録に

チャチャとりぼん、ツイッター @chacha_ribon 

Img_0360

 マーガレット22号に伝説の少女まんが「ベルサイユのばら」1巻の
復刻版が付録としてついていることから話題となって
います。

 1972年連載開始の作品ですから、この1巻に収録されている
お話の第一話はすでに41年経過しているのですが、当時この作品を
夢中になって読んだ読者がこの付録を手にとったら昔のことをあれこれ
思い出すんだろうなぁ~

 テレビアニメとして放送もされ知名度はとても高い作品ですので、
少女まんがを読んだことがない人が頭に浮かべるのはなんとなく
この絵のような気がします。

 少女まんが界に与えた影響はとても大きいですね。

|

2013年9月 5日 (木)

マーガレット2013年9月20日号(19号)の付録「マンガおしごとNAVI」

チャチャとりぼん、ツイッター @chacha_ribon 

 マーガレット19号についている付録「マンガおしごとNAVI」の11ページに
連載作品の1話分ができあがるまでの流れが載っているのですが、毎月
まんが誌をたくさん読ませていただいているけど、作品ができるまでに
どんな行程があるのか、知っているようで実はあまり知らないことが
多いのだと分かりました。

 マーガレットは月に2回発行されるのでどこかの行程が遅れてしまうと
かなり厳しい状況になりそうですね。

 1日目は打ち合わせで、どういう流れにするか決まるようですが
ここは前後の回がどんなお話になっているかで変わるのかもしれませんね。
前の回が「この後、衝撃の展開が!!!」みたいな感じで終ったのだとしたら
後はそのオチを描くだけだから楽だったりするのだろうか???

 2日目から4日目でカラー扉を完成させるのか。意外と時間がかかるものなの
ですね。まぁ色を塗るというのは想像しただけで大変そうですから、むしろ
これでも早く作った方なのかもしれませんね。

 5日目から9日目でネーム(下描きの下描き)を完成させるようですがプロって
すごいなぁ…素人だったらまずこのネームを考えるだけで結構な日数がかかりそう。

 10日目に下絵で11日目からようやく原稿作業開始、12日目がペン入れ、
13目が仕上げ、そして14日目が完成したらまた1日目に戻るのかぁ~

 なんていうか…風邪とかひいてられないほどの忙しさですね。お話がすらすら
思いつく時はとくに問題はないのでしょうけど、なかなかどんな話にすべきか
頭に浮かんでこない時はどうやって解決しているのだろう? まんが家さんに
よっていろいろ方法があるのでしょうね。

 みなさん大変な思いをして作品を創っているのですから、まんがを
読む時はしっかり一コマずつ読んでいったほうがいいと改めて思いました。
作品ごとに表には決して出ることのないドラマがあるのでしょう。

|

2013年4月22日 (月)

マーガレット10号(2013年5月6日号)がなかなか見つからなくてあせった件について

チャチャとりぼん、ツイッター @chacha_ribon

 マーガレットには現在種村有菜さんの作品「猫と私の金曜日」が連載
されているので、毎号買わせていただいているのですが、発売日は
ちょっと用事があって買いにいけなかったので今日本屋さんに買いに
行きました。しかし、売ってなかったので仕方なく他の本屋さんに行くも
そこでも売ってない…

 おかしいと思い、調べてみたらマーガレット10号はベルサイユのばら
の新作が別冊ふろくに収録されているということで話題となり、品薄に
なっていることが判明!


 いやー これはまずいと思いました(w とにかく猫金の続きが
気になりますし、連載まんがって途中で1話読まない回があるとなんだか
白(しら)けてしまいますから。いつもなら発売日に買わなかったとしても
買えないなんていうことはまずなかったので完全に油断していました。

 2軒の本屋さんになかったので、あせりながら本屋さんのはしごを
したのですが、6軒目の本屋さんに1冊残っているのを発見! なんとか
手に入れることができました。

 まぁ品薄とは言っても探し続けていればいずれは見つかったのでしょう
けど、早く手に取りたかったので今日買うことができてよかったです。

 普段少女まんがを定期的に読む習慣がない人が今回の件を
きっかけに読んでくれるようになるといいですね。
 

|

2013年3月 1日 (金)

「ママレード・ボーイ」の続編がCocohana5月号から開始へ

チャチャとりぼん、ツイッター @chacha_ribon

 りぼん1995年10月号まで連載された吉住渉さんの作品
「ママレード・ボーイ」、毎週日曜の午前8時30分からテレビアニメが
放送され、恋愛ドラマさながらの展開が好評で視聴率もとても
高かったそうですが、なんと最終回から約17年半の時を経て
そのママレード・ボーイの続編「ママレード・ボーイ little」の
連載がCocohana5月号から始まることが発表されましたが、
これはびっくりしました!


 インターネット上の情報によるとお話の舞台は最終回から13年後
で、光希と遊の妹と弟が登場するそうですが、とりあえずママレード・ボーイ
の世界で大活躍した光希や遊、銀太、茗子がどんな大人に成長
したのか見られるのが楽しみです☆

 ママレード・ボーイと言えば本誌に掲載された際の端の部分の
単行本の広告が凝っていて、単行本8巻に一部が収録されたことも
あった位ですが、今回もそういう細かいネタが仕込まれるのかな???

 姫ちゃんのリボン、赤ずきんチャチャ、こどものおもちゃ、
そして今回のママレード・ボーイと90年代のりぼんを支えた作品が
何らかの形で再び脚光を浴びていますが、こうやって新たに作品に
触れることができる機会が得られるのはとてもいいと思います。

|

2012年12月 1日 (土)

高須賀由枝さんのサイン会(コミンカビヨリ1巻発売記念)に参加してきました(2012年12月1日、渋谷TSUTAYA開催)

チャチャとりぼん、ツイッター @chacha_ribon

高須賀由枝さんのサイン会整理券入手しました(コミンカビヨリ1巻発売記念)
↑のつづき

Img_2919

Img_2915


 講談社から高須賀由枝さんの単行本「コミンカビヨリ1巻」が発売され
その記念のサイン会が渋谷で行われるということで行ってきました。
今日の東京はお昼頃に突然雨が降り出し風も強くなったので、濡れて
しまったという方もいらっしゃるかもしれませんね。幸い雨は長い時間
降り続くことはなく、青空も出てきたのでサインを頂いた本が雨で
濡れてしまうという心配はありませんでした。

 高須賀由枝さんの単独サイン会開催は史上初だそうですが、これは
ちょっと意外でした。りぼんおたのしみ祭のステージなどでサインを
なさったことはあっても単独でやってことってこれまでなかったんですね。

 渋谷TSUTAYAの7階が今回のサイン会の会場だったのですが、
売り場とは別の部屋にサイン会の会場が設営されていて、自分の番が
来るまでは中の様子が分からないようになっているので、ギリギリまで
高須賀さんのお姿を見ることはできませんでした。

 サイン会の部屋に入るところの横にホワイトボードがあったのですが
記念に写真に撮りたかった(w

 サイン会は整理番号ごとに5人ずつ呼ばれて呼ばれた人が列に並ぶ形
でした。7階以外に呼び出しの放送が流れないので他の売り場で時間を
つぶすこともできず、コミック売り場で本の表紙を眺めながら自分の番が
来るのを待ちました。

Img_2950

 待っているうちに私の番が周ってきました!!! せっかく高須賀さんと直接
お話ができる貴重な機会がやってきたのに当たり障りのないお話をして
終わりましたwww まぁ私はサイン会に参加した時は大体いつもこんな感じ
ですが。でも直接お話をさせていただいただけでも大満足です!!!
高須賀由枝さん今日は本当にありがとうございました。

 サインは単行本にしていただく形式で、おみやげとしてしおりがもらえました。

Img_2936 

Img_2931

 今年の4月1日の槙ようこさん、持田あきさんのサイン会の際に副都心線の
渋谷駅に行った時にはまだ真ん中のホームの線路はつながっていません
でしたが、今日みたらもうほぼ完成している感じでした。

 また高須賀さんのサイン会が開かれる日が来るのを期待しています☆

|

2012年11月22日 (木)

高須賀由枝さんのサイン会整理券入手しました(コミンカビヨリ1巻発売記念)

チャチャとりぼん、ツイッター @chacha_ribon

Img_2901

 講談社から発売される高須賀由枝さんの単行本「コミンカビヨリ」1巻の
発売記念のサイン会が行われるということで渋谷までサイン券をもらいに
行ってきました。手に入れられるかどきどきしながら渋谷TSUTAYAの7階
まで行ったのですが、無事に手に入れることができて本当によかったです☆
高須賀さんのサイン会はこの機会を逃すと次にいつ開催されるか分からない
ですし。

 高須賀由枝さんはかつてりぼん本誌で「グッドモーニング・コール」が
連載され、現在もCookieで「グッドモーニング・キス」が連載されているので、
りぼん読者にとっては本当におなじみのまんが家さんですよね。

 サイン会当日に何をお話しよう…私はサイン会っていつ参加しても気の利いた
一言が言えないんです(w

 当日が楽しみです♪

↓つづきはこちら
高須賀由枝さんのサイン会(コミンカビヨリ1巻発売記念)に参加してきました(2012年12月1日、渋谷TSUTAYA開催)

|

その他のカテゴリー

31☆アイドリーム(メロディ連載) | Cookie総合 | CRASH! | HIGH SCORE | MOMO | P×P(ピーバイピー) | REC-君が泣いた日- | zen zen (Cookie連載) | あかり&まり子のどうでもいい話 | いちごオムレツ | きらめきのライオンボーイ | だって好きなんだもん | つばさとホタル | つばめのすぅ | ひよ恋 | ぷちパレード!! | まじかるwebからのお知らせ | まりもの花 | めだかの学校2限目! | ややプリ | りぼん「MOMO」聖地巡礼 | りぼん「聖地巡礼」 | りぼんイベント | りぼん本誌、読みきり・短期連載作品 | りぼん本誌総合 | アニマル横町(原作) | アニメ・コミック | アリスから魔法 | イベント総合 | イン ザ チョコレート | イ・オ・ン | キミとだけは恋に堕ちない | キルミンずぅ | コスモ日誌 | コミックマーケット | シュガー*ソルジャー | スターダスト★ウインク | スポーツ | チョコミミ | チョコレートコスモス | ドリーム メディシン | ハニーレモンソーダ | ハローキティピース!! | バディゴ! | バドガール | パーフェクト・ローズ | ブランデージの魔法の城 | ブルーフレンド | プリモ・プリーマ! | マジョカル★マジョカル | ママレード・ボーイ | モバイルガールめもり・電脳少女めもり | ロッキン★ヘブン | ロマンチカクロック | ローゼンメイデン dolls talk | 僕の家においで | 勝利の悪魔 | 君は坂道の途中で | 吹彩 -SUISAI- | 夢色パティシエール(アニメの感想) | 夢色パティシエール(原作1巻のまとめ) | 夢色パティシエール(原作2巻のまとめ) | 夢色パティシエール(原作の感想) | 夢色パティシエール(情報) | 夢色パティシエール(番外編の感想) | 姫ちゃんのリボン(原作) | 姫ちゃんのリボンカラフル(まとめ) | 姫ちゃんのリボンカラフル(情報) | 姫ちゃんのリボンカラフル(感想) | 昔のりぼん | 春田ななさん総合 | 株式会社ラブコットン | 桜姫華伝 | 水沢めぐみさん単行本「5月のお茶会」 | 満月をさがして | 猫と私の金曜日(マーガレット連載) | 猫田のことが気になって仕方ない。 | 種村有菜さん関係総合 | 絶叫学級 | 絶対覚醒天使ミストレス★フォーチュン | 花めぐりあわせ | 講談社ARIA総合 | 赤ずきんチャチャ(アニメ) | 赤ずきんチャチャ(原作・単行本1巻から4巻) | 赤ずきんチャチャ(原作・単行本5巻から8巻) | 赤ずきんチャチャ(総合) | 赤ずきんチャチャN | 魔女とハツコイ。