りぼん本誌総合

2018年10月21日 (日)

【ラブゾンビ!? 2】〔森乃なっぱ ~ the kiss ~ kiss 9. (りぼん2018年11月号)感想 その3

チャチャとりぼん、ツイッター @chacha_ribon

【ラブゾンビ!? 2】〔森乃なっぱ ~ the kiss ~ kiss 9. (りぼん2018年11月号)感想 その2
↑のつづき

 ハカセは謎の爆発事故で亡くなってしまったとされていましたが
あの大爆発の犯人が誰であるかによって今後の物語の展開は
変わりそうです。今だに爆発をさせた犯人が誰か分かりませんが
二神の表情を見ると、正直二神が犯人であったとしても驚きません。

 次回りぼん12月号である程度は明らかにされるのでしょうけど
ハカセがこの世からいなくなって得をする人は誰であるかということを
考えて推理するしかなさそうです。ハカセの研究が都合が悪いという
人はどのくらいいるのだろう? 本来なら人の心を自由に動かせる
というウイルスはとても魅力的なはずなのですが。このようなウイルスが
この世に存在してはいけないなどという正義の人が今まで現れた
形跡もないですし。

|

2018年10月19日 (金)

【ラブゾンビ!? 2】〔森乃なっぱ ~ the kiss ~ kiss 9. (りぼん2018年11月号)感想 その2

チャチャとりぼん、ツイッター @chacha_ribon

【ラブゾンビ!? 2】〔森乃なっぱ ~ the kiss ~ kiss 9. (りぼん2018年11月号)感想 その1
↑のつづき

 「いと」と棗(なつめ)にとって最大の試練が訪れていますが、明けない夜は
ないということで思わぬところから救いの手が差し伸べられましたね。まぁ
大体予想通りの展開ではありますが、実際に助けが来るとやはりホッと
するものです。

 さて、ラブゾンビウイルスについてこれまでほとんど何も分かっていません
でしたが、人間の感情をコントロールできるようにするのが目的なのか。
二神は純粋に研究に打ち込んでいたようですが、ハカセを尊敬する気持ちが
強すぎて、自分の行動をもう抑えられなくなっているようですね。

初代ラブゾンビウイルスに感染すると無差別に人を好きになってしまう
理由がようやく分かりましたが、改良した結果、棗のようにある程度
コントロールできるようになったとは。

とにかく理由はどうであれいとと棗にとっては災難以外の何者でも
ないですね。

↓つづきはこちら
【ラブゾンビ!? 2】〔森乃なっぱ ~ the kiss ~ kiss 9. (りぼん2018年11月号)感想 その3

|

2018年10月17日 (水)

【ラブゾンビ!? 2】〔森乃なっぱ ~ the kiss ~ kiss 9. (りぼん2018年11月号)感想 その1

チャチャとりぼん、ツイッター @chacha_ribon

  これまでラブゾンビウイルスがなぜ作られたのか全くと言って
いいほど明らかにされていなかったのですが、今回の話で
ある程度分かりましたね。

今回は修学旅行を装って孤島に誘い込まれたけど、仮に修学旅行の
話がなかったとしても、この感じだといずれ何らかの方法を使って
ここまで連れてこられただろうな。いずれにしても大ピンチになって
いる「いと」と棗(なつめ)ですが、ラブゾンビウイルスの謎を解く重要な
鍵が手に入ったので、゜危険な目に遭った見返りはあったかも。
ラブゾンビウイルスに立ち向かうためには情報がないとどうにも
ならないですから。

↓つづきはこちら
【ラブゾンビ!? 2】〔森乃なっぱ ~ the kiss ~ kiss 9. (りぼん2018年11月号)感想 その2

|

2018年10月15日 (月)

【恋ばっかりの世界で私はキミと】〔柚原瑞香さん〕第7話(りぼん2018年11月号) 感想

 「ちえり」は葵(あおい)についてあれこれ考えてもやもやして
いますが、今までこんなことを考えたことはなかったのでしょうね。
今まで恋バナとは無縁の生活だったのですが、周りの生徒が
みんな恋愛漬けになっているので影響を受けていますね。

 まぁ仮に周りの子が一切恋愛について何も語っていなかったとしても
どこかのタイミングで葵のことを幼馴染として見られなくなった日が
やってきたかもしれません。こういうのって頭で考えるものでは
ないですし。

 葵とこれからどう接していくのか悩むことになりそうなちえりだけど、
こういうことで悩めるのはこの年頃だけだと思うので、徹底的に
悩んで、良い答えが見つかるといいですね。

 ところで葵はちえりのことをどう思っているのだろう、今回の話で
言っていることはたぶん表向きの話だろうし。ちえりの心の中の描写は
たくさんあるけど、葵の心の中はまだまだ謎だらけです。

|

2018年10月12日 (金)

【古屋先生は杏ちゃんのモノ】[香純裕子さん]第26話(りぼん2018年11月号) 感想

チャチャとりぼん、ツイッター @chacha_ribo

 10月に発売されるりぼんに掲載される話ということで、文化祭ネタが
登場していますが、杏のクラスはコスプレ写真館をやるのか。

 文化祭で出し物をやる話がりぼんに出てくる時ってカフェになることが
多いような気がしますが、写真館とは珍しいかも。飲食物を用意
しなくていいから衣装さえそろえることができれば案外楽かも
しれませんね。

 杏は学生時代の古屋に一生会えないということを考えてちょっと
悲しい気分になっていますが、さすがにタイムスリップして過去に
行くわけにもいかないからな(w 杏は色々考えて他の方法で学生時代の
古屋に会っているかのような気分を味わってますが、これから先に
思い出を作っていけばいいですよね。

 ところでキミシマンがなんだかかわいそうになってきました…今回の
お話の最後の場面の表情がなんだか意味深ですが、いくらキミシマン
自身が選んだ道とは言っても、やはりストレスは溜まりますよね。

|

2018年10月 2日 (火)

りぼん2018年11月号の発売が一部の県で遅れると発表

チャチャとりぼん、ツイッター @chacha_ribon 

りぼん2018年11月号の冊子版は明日3日に発売されるのですが
西日本豪雨と台風24号の影響で一部の県で発売が遅れると
りぼんわくわくステーションで発表されました。

 まぁ西日本の豪雨は鉄道が寸断されるなど大きな被害が
出たので、当然本の輸送にも影響が出ますよね。台風24号は
まだ上陸してから日が浅いので復旧も進んでいないでしょう。

もっとも遅れると言っても一番遅い県でも5日の見込みだ
そうなので、極端に遅くなるわけではないようですが、
続きが気になる作品がある場合はものすごく長く感じそう(w

|

2018年9月27日 (木)

【恋ばっかりの世界で私はキミと】〔柚原瑞香さん〕第6話(りぼん2018年10月号) 感想

チャチャとりぼん、ツイッター @chacha_ribo

「恋ばっかり」という甘い言葉が作品名に入っているのに、結構
ドロドロとした人間模様が繰り広げられていますが、まぁ恋なんて
そんなに甘いことばかりではないですよね。

 今回はついに「ちえり」と葵(あおい)に焦点が当たった話でしたが、
幼馴染で何でも話せる間柄でも限界というものがあるのだという
ことなのかも。今回葵はちえりに話さなかったことがあったことから
ちえりの心が揺さぶられていますが、事柄の性質を考えると
ちえり…というか他人に話すわけがないよなぁ。これは葵は責められ
ないわ。

 葵は結果としてちえりに対して隠し事をする形になってしまいましたが
ちえりも葵に本音を話せていなかったのである意味お互い様かも。
ある程度知らないことがあったほうが人間関係は上手くいきそうです。
隠し事は一切ダメなんていう決まりを作ったらもう心が窮屈になって
しまい楽しくなさそうだ。

|

2018年9月24日 (月)

【恋ばっかりの世界で私はキミと】〔柚原瑞香さん〕第5話(りぼん2018年9月号) 感想

 チャチャとりぼん、ツイッター @chacha_ribo

 「ちえり」は一果のことが気になって仕方なく、おせっかいをして
動いているのですが、時にはこのくらい強引な子がいたほうが
上手くいくこともあります。

 まぁ幼馴染の男の子がいるという点はちえりと一果は共通しているから
ちえりでないと言えいこともありますよね。一果は誰にもかまって欲しくない
ようですが、まぁそうは言っても誰かに助けてもらえないと、この状況は
打破できなかったと思います。仲がよかった子と些細(ささい)なことが
きっかけに二度としゃべることはなかったということもあるし。

 周りの人から見ればどうということのないような悩みでも
当人たちにしてみれば大変深刻な事態なのでしょう。一果は
昔のように何も気をつかわないで山吹くんと話ができていた
頃が懐かしいようですが、もう周りの子がみんな恋愛に興味を
持った今となっては残念ながら無理ですね。

 みんながいない時にこっそり前のような感じで話をしてもいいような
気がするのですが、一果と同様に山吹くんも色々考えてますよね。

|

2018年9月18日 (火)

【古屋先生は杏ちゃんのモノ】[香純裕子さん]第25話(りぼん2018年10月号) 感想 その3

チャチャとりぼん、ツイッター @chacha_ribon

【古屋先生は杏ちゃんのモノ】[香純裕子さん]第25話(りぼん2018年10月号) 感想 その2
↑のつづき

 今回登場した古屋の大学時代のサークル仲間の話を聞く限りでは
古屋は大学生の頃も今と同じ性格のようですが、まぁ第一話の古屋の
姿を思い返すとまぁ納得です(w もし古屋が高校生の杏とつきあっていると
知ったら大学時代の仲間はどんな反応をするのかすごく興味がある。

まぁ古屋が杏とつきあっているということはそもそも高校内でも
秘密にしているので、表で堂々と交際宣言などするはずはないですが。

 杏は古屋の様子を見て色々不安になってしまったようですが、どんどん
古屋に聞きたいことを聞くしかないのかもなぁ。まぁそれができれば苦労は
ないのですが(w 古屋が積極的に動くしかないのかも。

|

2018年9月16日 (日)

【古屋先生は杏ちゃんのモノ】[香純裕子さん]第25話(りぼん2018年10月号) 感想 その2

チャチャとりぼん、ツイッター @chacha_ribon

【古屋先生は杏ちゃんのモノ】[香純裕子さん]第25話(りぼん2018年10月号) 感想 その1
↑のつづき

 修学旅行をきっかけに杏を中心とするグループができましたが
「チーム修学旅行」っていうのはなかなか良い名前ですね。
まぁもっともこれは正式名称ではなく「なるる」が勝手に言ってる
だけですが(w

修学旅行や文化祭の準備などで出来上がったグループって
卒業後もつきあいが続くこともありますが、何とも言えない
高揚感を共有すると結びつきが深くなりますよね。

 杏は祇園祭を古屋と一緒に周ることはしないつもりだったの
ですが、偶然古屋とであったので今まで知らなかった古屋の
一面を見たのですが、古屋はバレー部のエースアタッカーだったとは。
今の古屋からは想像もつかないですね。

 杏と古屋はつきあい始めてからまだそれほど経ってないので、
まだまだお互いに知らないことだらけですね。

↓つづきはこちら

【古屋先生は杏ちゃんのモノ】[香純裕子さん]第25話(りぼん2018年10月号) 感想 その3

|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

31☆アイドリーム(メロディ連載) | 6月のラブレター | Cookie総合 | CRASH! | HIGH SCORE | MOMO | P×P(ピーバイピー) | REC-君が泣いた日- | zen zen (Cookie連載) | あかり&まり子のどうでもいい話 | いちごオムレツ | きらめきのライオンボーイ | だって好きなんだもん | つばさとホタル | つばめのすぅ | ひよ恋 | ぷちパレード!! | ぼくらのクロノスタシス | ぼくらのクロノスタンス | まじかるwebからのお知らせ | まりもの花 | めだかの学校2限目! | ややプリ | りぼん「MOMO」聖地巡礼 | りぼん「聖地巡礼」 | りぼんイベント | りぼん本誌、読みきり・短期連載作品 | りぼん本誌総合 | りぼん雑談 | アニマル横町(原作) | アニメ・コミック | アリスから魔法 | イベント総合 | イン ザ チョコレート | イ・オ・ン | キミとだけは恋に堕ちない | キルミンずぅ | コスモ日誌 | コミックマーケット | シュガー*ソルジャー | スターダスト★ウインク | スポーツ | チョコミミ | チョコレートコスモス | ドリーム メディシン | ハニーレモンソーダ | ハローキティピース!! | バディゴ! | バドガール | パーフェクト・ローズ | ブランデージの魔法の城 | ブルーフレンド | プリモ・プリーマ! | マジョカル★マジョカル | ママレード・ボーイ | モバイルガールめもり・電脳少女めもり | ロッキン★ヘブン | ロマンチカクロック | ローゼンメイデン dolls talk | 僕の家においで | 勝利の悪魔 | 君は坂道の途中で | 吹彩 -SUISAI- | 夢色パティシエール(アニメの感想) | 夢色パティシエール(原作1巻のまとめ) | 夢色パティシエール(原作2巻のまとめ) | 夢色パティシエール(原作の感想) | 夢色パティシエール(情報) | 夢色パティシエール(番外編の感想) | 姫ちゃんのリボン(原作) | 姫ちゃんのリボンカラフル(まとめ) | 姫ちゃんのリボンカラフル(情報) | 姫ちゃんのリボンカラフル(感想) | 昔のりぼん | 春田ななさん総合 | 株式会社ラブコットン | 桜姫華伝 | 水沢めぐみさん単行本「5月のお茶会」 | 満月をさがして | 猫と私の金曜日(マーガレット連載) | 猫田のことが気になって仕方ない。 | 種村有菜さん関係総合 | 絶叫学級 | 絶対覚醒天使ミストレス★フォーチュン | 群青リフレクション | 花めぐりあわせ | 講談社ARIA総合 | 赤ずきんチャチャ(アニメ) | 赤ずきんチャチャ(原作・単行本1巻から4巻) | 赤ずきんチャチャ(原作・単行本5巻から8巻) | 赤ずきんチャチャ(総合) | 赤ずきんチャチャN | 陽だまりの月 | 魔女とハツコイ。