りぼん本誌総合

2017年8月 5日 (土)

【なないろ革命】〔柚原瑞香さん〕last revolution 最終回 (りぼん2017年9月号) 感想 その1

チャチャとりぼん、ツイッター @chacha_ribon

 どんな作品もいつかは最終回を迎えるのですが、やはり最終回が
やってくると寂しいものですね。今までりぼんを開けば当たり前のように
奈菜と「ゆゆ」の顔を見ることができたのですが、今月でお別れなの
ですね。

 今回の話の冒頭部分でついに怒りを爆発させた奈菜がゆゆに
対して激しい口調で詰め寄っていますが、この二人に欠けていた
ものは、こういう風に本音をぶつけあうことだったのかもしれません。

 これを中学時代にできていれば二人の運命は違ったものになったの
かもしれませんが、奈菜がゆゆに対して強く迫れるようになるまで
成長するのには時間が必要だったのかもしれませんね。

 奈菜はゆゆが自分にとってどんな存在なのか気持ちを整理する
必要があったからな。強く迫ったとしてもただ単に怒鳴るだけでは
ゆゆの気持ちは動かないし。奈菜は教室で迫ってしまったので、
先生が止めに入ってしまい、一旦話はそこで終わってしまったの
ですが、下校時にゆゆのことを呼び止めて話をしています。本当に
今回ばかりは覚悟を決めたのだな。

(つづく)

|

2017年8月 3日 (木)

「りぼん☆みらいフェスタ2017」で展示されたまんが家直筆色紙のプレゼント企画(りぼん2017年9月号)

チャチャとりぼん、ツイッター @chacha_ribon

 りぼん2017年9月号に今年のりぼんフェスタの会場に展示された
まんが家さんの直筆色紙のプレゼント企画のお知らせが掲載
されていますが、すっかり毎年恒例の行事になりましたね。

 会場に展示された直筆色紙ということで、それぞれの色紙は当然1枚しかない
のですが、こういう懸賞で当選する人ってどんだけ運がいいんだよと
思います(w

 しかし会場で色紙みたけど、改めて誌面で写真を見ると、欲しくなる色紙
ばかりだよなぁ。複製ミニ色紙として商品化して欲しい!!!

 そういえば毎年色紙プレゼント企画が行われていて、当選者が出ていますが
当たった人が、その後りぼんから届いた色紙をどういう風に飾っているのか、
りぼん本誌で追跡取材したら面白いかも。当たった人は友達に自慢できるくらいの
宝物になってるだろうなぁ。

|

2017年8月 2日 (水)

明日りぼん2017年9月号発売、ふろく紹介動画が結構気合い入ってる

チャチャとりぼん、ツイッター @chacha_ribon

 明日(2017年8月3日)にりぼん9月号が発売されるのですが、ふろく
としてついてくる「絶対!!まんが家デビューセット」の紹介に気合いが
入ってますね。

 YouTubeのりぼんチャンネルでふろく紹介の動画が公開されているの
ですが、紹介動画を4本も上げてますね。一気に勝負に出てきた
感じですwww

 今月からりぼん本誌は電子版の配信が始まるけど、ふろくだけは
どうすることもできないですよね。ふろく目当てに電子版ではなく、
冊子版を買うという人もいるかも。

|

2017年7月30日 (日)

【古屋先生は杏ちゃんのモノ】[香純裕子さん]第11話(りぼん2017年8月号) 感想 その2

チャチャとりぼん、ツイッター @chacha_ribon

【古屋先生は杏ちゃんのモノ】[香純裕子さん]第11話(りぼん2017年8月号) 感想 その1
↑のつづき

 キミシマンは今回の話で、割とはっきり自分の杏に対する想いを
表現していましたが、杏があり得ないレベルで鈍感なので、全く
伝わっていませんでしたね。ここまで鈍感な子って正直どうかと
思うwww 理由がどうであれ、この状況でキミシマンが何を考えて
いるのか分からないってある意味すごいよな。

 自分から積極的にアタックすることはできても、他人の気持ちを理解
する力はないのか。まぁよくよく考えたら古屋の気持ちなんかほとんど
無視して強引に迫ったのだから、キミシマンの気持ちとか考えるわけは
ないか。

 基本的に相手がどう考えているかということについては興味がないの
でしょう。

 杏はたぶん古屋のことしか考えていないから、他の男子がどんな
目で自分をを見ているのかとか興味がないんだろうな。キミシマンが
さらに強く出たらどうするのか気になるな。

|

2017年7月28日 (金)

【古屋先生は杏ちゃんのモノ】[香純裕子さん]第11話(りぼん2017年8月号) 感想 その1

チャチャとりぼん、ツイッター @chacha_ribon

 キミシマンが杏に頼まれて杏と同じ店でアルバイトをすることに
なりましたが、見た目は超美形ということで、あっという間にお客さんに
大人気になったな。お客さんだけでなく、杏のバイト仲間の日野にも
好かれたようですが、日野はキミシマンが素っ気無い態度をとっても
全くめげないのか(w

 杏はキミシマンに対して恋愛感情を抱いていませんが、キミシマンの
ほうから近づいてきた段階ですでに古屋のほうに心を奪われていたので
キミシマンが入る余地はなかったんですよね。

 杏は日野がキミシマンのことを好きだと知り、仲を取り持つ
ように頼まれたので、色々工作をしてキミシマンとくっつけようと
していますが、あまりにも行動が分かりやすいから、すぐに
キミシマンにバレてしまっていますね。まぁでもこの場合はバレても
全く問題はないから、どんどんいけばいいか。

↓つづきはこちら

【古屋先生は杏ちゃんのモノ】[香純裕子さん]第11話(りぼん2017年8月号) 感想 その2

|

2017年7月26日 (水)

【なないろ革命】〔柚原瑞香さん〕revolution:36(りぼん2017年8月号) 感想 その5

チャチャとりぼん、ツイッター @chacha_ribon

【なないろ革命】〔柚原瑞香さん〕revolution:36(りぼん2017年8月号) 感想 その4
↑のつづき

 「ゆゆ」は孤立を全く恐れることなく、クラス内で嫌がらせをこれまでずっと
やってきましたが、ゆゆの本性がバレてしまったので、これからはゆゆが
何を言おうがもうまともに話を信じる子などいないでしょうね。なので、
普通に考えたらもう嫌がらせはできなくなるのですが、ゆゆはとにかく
この程度のことでは動じないからなぁ。

 ゆゆが絶対悪になったおかげで、ぎくしゃくしていたクラスが妙に
まとまりましたが、元々ゆゆが原因でもめていたようなものだから
原因が判明した今となってはもめ続ける理由もないのでしょう。

 奈菜はこれで堂々とゆゆと縁を切る理由ができたのですが、奈菜に
ゆゆと縁を切るという選択肢はないようだな。別にゆゆのことを嫌い
というわけではないので、縁を切るなどあり得ないのでしょうけど、
よくよく考えたら縁を切れるなら、とっくの昔に悩みは解決している
訳で。

 やはり正面からゆゆに最終決戦を挑(いど)むしかなさそうだ。奈菜は
ゆゆのことを嫌いというわけではないから、ゆゆがこのまま巨悪として
認識されて孤立していくのを見て平常心でいられるわけはないから。

|

2017年7月23日 (日)

【なないろ革命】〔柚原瑞香さん〕revolution:36(りぼん2017年8月号) 感想 その4

チャチャとりぼん、ツイッター @chacha_ribon

【なないろ革命】〔柚原瑞香さん〕revolution:36(りぼん2017年8月号) 感想 その3
↑のつづき

 高校入学当初は中学時代のような暴走をしていなかった「ゆゆ」ですが
一気に攻勢に出たので、すっかり本性がクラスのみんなにバレてしまいました。
まぁずっといい子でいられるわけもないから、いつかはこうなったか。

 いじめのようなことをされてますが、まぁ短期間で結構クラスのみんなに
迷惑をかけまくったからな…そりゃ恨まれるだろう。嫌がらせを受ける
羽目になったのは自業自得(じごうじとく)ですが、本人は全く堪(こた)えて
いませんね。

 そりゃ中学時代に完全孤立してもビクともしなかったのだから、この
程度の嫌がらせなんて全く気にならないでしょう。ゆゆのことをよく
分かっていなかった子達からすれば、ゆゆにダメージを与えている
つもりなのだろうけど、まぁ相手が悪かったな(w

 ゆゆは奈菜のことしか見ていないのだから、他のクラスメイトが自分の
ことをどう思っているかなど、そもそも興味がない。

↓つづきはこちら
【なないろ革命】〔柚原瑞香さん〕revolution:36(りぼん2017年8月号) 感想 その5

|

2017年7月20日 (木)

【なないろ革命】〔柚原瑞香さん〕revolution:36(りぼん2017年8月号) 感想 その3

チャチャとりぼん、ツイッター @chacha_ribon

【なないろ革命】〔柚原瑞香さん〕revolution:36(りぼん2017年8月号) 感想 その2
↑のつづき

 奈菜は不器用でも一生懸命頑張る気持ちはしっかり伊央に伝わって
いましたが、奈菜も自分は一人ではないのだということが実感できて
少しは安心した感じですね。

 奈菜が空回りしようが突っ走ったのは決して無駄ではなかったという
ことなのでしょう。今まで奈菜にここまで心を開いた人ってどのくらい
いるのだろう? 今回の話にも出てきたけど、「ひまり」はまぁ奈菜の
親友と言っていいかもしれませんが

 自分の家の前にクラスメイトが待っていたのですから、そりゃうれしい
よなぁ。自分は一人ではないということも再認識することができたので、
目で見て確認できると安心感がありますよね。

 まぁ奈菜は他の子と一味違うと言っても、良い意味で違うのだから
一度理解してくれた子はずっと友達でいてくれそうだ。

↓つづきはこちら
【なないろ革命】〔柚原瑞香さん〕revolution:36(りぼん2017年8月号) 感想 その4

|

2017年7月13日 (木)

【なないろ革命】〔柚原瑞香さん〕revolution:36(りぼん2017年8月号) 感想 その2

チャチャとりぼん、ツイッター @chacha_ribon

【なないろ革命】〔柚原瑞香さん〕revolution:36(りぼん2017年8月号) 感想 その1
↑のつづき

 奈菜は正直もうどうしていいのか分からない感じだな。ようやく「ゆゆ」の
呪縛(じゅばく)から逃れることができていたと思っていたら、実はそうでは
なかったということが分かってしまったのだから、無理もないですが、
ある意味自分自身の意志でゆゆに縛られる生活を選択しているような
ものなので、つらいところですよね。

奈菜は学校から逃亡して、あてもなく街をさまよっている時に「ひまり」
と出会いましたが、ひまりが同じ高校にいたら、もしかしたら奈菜の学校生活は
違ったものになったかもしれないなぁ。

 …と思ったけど、よくよく考えたら別の学校に通っている子のほうが、
しがらみがないから、本音も言えるので、ひまりが別の高校になったのは
よかったのかな? 別に学校が別でも電話やスマホのアプリでお話をするのは
自由なので、これからも色々相談したほうがいいかも。

↓つづきはこちら
【なないろ革命】〔柚原瑞香さん〕revolution:36(りぼん2017年8月号) 感想 その3

|

2017年7月11日 (火)

【なないろ革命】〔柚原瑞香さん〕revolution:36(りぼん2017年8月号) 感想 その1

チャチャとりぼん、ツイッター @chacha_ribon

 高校に入ってから「ゆゆ」に縛られ続けた生活が脱却できて
いたかのように思えていた奈菜ですが、ゆゆがちょっと奈菜に
ちょっかいを出したら途端に元の気持ちに戻ってしまったな。

 結局奈菜はゆゆに縛られ続けていたことが明らかとなりましたが、
いかに中学生活が過酷だったか分かるよな… 奈菜がありえないくらい
人のために動く性格になったのも結局ゆゆの影響が大きかっただろうし。

 奈菜は学校から逃げ出してしまいましたが、やはり物理的にゆゆが
いないところに行くのが消極的だけど一番確実な対策に思える。ただ
それだと結局奈菜はゆゆのことを心の奥底で気にし続けるだろうから
根本的な解決にはならないか。

 ゆゆが嫌なことを言ってくるのが嫌というより、もうどうしていいのか
分からないという苦悩のほうが大きそうですが、ゆゆのことを一切考えない
で生活できていた時期なんて短いからな。

↓つづきはこちら
【なないろ革命】〔柚原瑞香さん〕revolution:36(りぼん2017年8月号) 感想 その2

|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

31☆アイドリーム(メロディ連載) | Cookie総合 | CRASH! | HIGH SCORE | MOMO | P×P(ピーバイピー) | REC-君が泣いた日- | zen zen (Cookie連載) | あかり&まり子のどうでもいい話 | いちごオムレツ | きらめきのライオンボーイ | だって好きなんだもん | つばさとホタル | つばめのすぅ | ひよ恋 | ぷちパレード!! | まじかるwebからのお知らせ | まりもの花 | めだかの学校2限目! | ややプリ | りぼん「MOMO」聖地巡礼 | りぼん「聖地巡礼」 | りぼんイベント | りぼん本誌、読みきり・短期連載作品 | りぼん本誌総合 | アニマル横町(原作) | アニメ・コミック | アリスから魔法 | イベント総合 | イン ザ チョコレート | イ・オ・ン | キミとだけは恋に堕ちない | キルミンずぅ | コスモ日誌 | コミックマーケット | シュガー*ソルジャー | スターダスト★ウインク | スポーツ | チョコミミ | チョコレートコスモス | ドリーム メディシン | ハニーレモンソーダ | ハローキティピース!! | バディゴ! | バドガール | パーフェクト・ローズ | ブランデージの魔法の城 | ブルーフレンド | プリモ・プリーマ! | マジョカル★マジョカル | ママレード・ボーイ | モバイルガールめもり・電脳少女めもり | ロッキン★ヘブン | ロマンチカクロック | ローゼンメイデン dolls talk | 僕の家においで | 勝利の悪魔 | 君は坂道の途中で | 吹彩 -SUISAI- | 夢色パティシエール(アニメの感想) | 夢色パティシエール(原作1巻のまとめ) | 夢色パティシエール(原作2巻のまとめ) | 夢色パティシエール(原作の感想) | 夢色パティシエール(情報) | 夢色パティシエール(番外編の感想) | 姫ちゃんのリボン(原作) | 姫ちゃんのリボンカラフル(まとめ) | 姫ちゃんのリボンカラフル(情報) | 姫ちゃんのリボンカラフル(感想) | 昔のりぼん | 春田ななさん総合 | 株式会社ラブコットン | 桜姫華伝 | 水沢めぐみさん単行本「5月のお茶会」 | 満月をさがして | 猫と私の金曜日(マーガレット連載) | 猫田のことが気になって仕方ない。 | 種村有菜さん関係総合 | 絶叫学級 | 絶対覚醒天使ミストレス★フォーチュン | 花めぐりあわせ | 講談社ARIA総合 | 赤ずきんチャチャ(アニメ) | 赤ずきんチャチャ(原作・単行本1巻から4巻) | 赤ずきんチャチャ(原作・単行本5巻から8巻) | 赤ずきんチャチャ(総合) | 赤ずきんチャチャN | 魔女とハツコイ。