りぼん本誌、読みきり・短期連載作品

2017年11月26日 (日)

【ラブゾンビ!?】〔森乃なっぱ〕THE LAST HAZARD 最終回 (りぼん2017年12月号)感想

チャチャとりぼん、ツイッター @chacha_ribon

  ある日突然学校中の人たちがゾンビになってしまうという、とんでもない
事件が起こってしまいましたが、「めい」と遊佐の頑張りと、葉加瀬の協力の
おかげで何とかゾンビ状態の生徒達が元に戻りました。

ゾンビになってる間の記憶が全くないのか。何で自分達がプールに飛び込んで
いるのか理由がわからないとか怖すぎだろうwww とにかく解毒剤のおかげで
騒動は治まりましたが、ゾンビ騒動が起こってから収束するまでわずか半日
だったとは。

 生徒達はよく訳がわからない行動を取っていたのに平然と文化祭を開催
できたのか謎ですが、まぁ実際問題として中止になんかできないよね。

 葉加瀬はこれからも研究を続けるようですが、また何か騒動が起きないと
いいのですが…というかこの能力を何かいいことに使えばいいのに。

|

2017年11月21日 (火)

【ラブゾンビ!?】〔森乃なっぱ〕HAZARD3.(りぼん2017年11月号)感想

チャチャとりぼん、ツイッター @chacha_ribon

 今回の文化祭ゾンビ騒動の犯人が分かりましたが、まさか身近な
人だったとは…まぁ葉加瀬時が撒いたのでないのであれば、実行
可能な人って限られてますよね。

今回ウイルスを撒き散らした子は、今回の件が解決したとしても
自分の願いが叶わないと、また葉加瀬が作った薬を使って色々
やせらかしそうだ。学校の平和のために葉加瀬は要求を飲むしか
ないような気もする(W

 よく文化祭って文化祭本番も楽しいけど、準備も楽しいって
言いますよね。普段なら家に帰っている時間に教室に残ってみんなと
作業するのはわくわくしますし。「めい」と遊佐にとってはゾンビに
追いかけられた思い出が残ってしまいますがwww

 今回のゾンビ騒動の解決に向けて、めいと遊佐は動くことに
なります。

|

2017年11月19日 (日)

【ウマレカワル】〔行村コウさん〕(りぼん2017年11月号)感想 その2

チャチャとりぼん、ツイッター @chacha_ribon

【ウマレカワル】〔行村コウさん〕(りぼん2017年11月号)感想 その1
↑のつづき

 「りの」が幼い頃から見ていると言ってる夢の内容は本当に具体的
なのですが、やはりいくら考えてもりのが夢に出てくる男性の勘太郎と
現実世界の井瀬をを結びつけた理由がよく分からないんだよなぁ…

 どうも顔は似ているようなので、適当に目についた男の子に声をかけた
というわけではないようですが、まぁ井瀬は性格も良いし、りのに
つきあってあげているから、結果として井瀬を選んだのは間違って
いなかったでしょう。

 この後りのの夢の内容がすべて判明したのですが、結果として上手くいった
…のかな???

|

2017年10月30日 (月)

【ウマレカワル】〔行村コウさん〕(りぼん2017年11月号)感想 その1

チャチャとりぼん、ツイッター @chacha_ribon

 よく転校生が教室に入った時に、昔からの知り合いを見つけて
「あーっ!!!」と言うシーンがまんがやアニメに出てくるけど、実際に
こういう経験をしたことがある人ってどのくらいいるのかな?

この作品の主人公「早倉りの」も転校生なのですが、初めて新しい
自分のクラスに入った瞬間に井瀬奏多(いせ かなた)の顔を見るなり
「勘太郎(かんたろう)」と大声で叫んでいます。幼馴染がたまたま
教室にいたというのはまんがの世界ではよくある話ですが、前世で
恋人同士だったと主張するのは珍しいパターンだなwww

顔がそっくりだというのが判断のポイントだったようですが、小さい頃
からずっと似たような夢を見続けているという点は確かに気になる
だろうな。

↓つづきはこちら

【ウマレカワル】〔行村コウさん〕(りぼん2017年11月号)感想 その2

|

2017年10月13日 (金)

【お狐様はお戯れたい】〔雪森あゆむさん〕最終夜(りぼん2017年10月号) その3

チャチャとりぼん、ツイッター @chacha_ribon

【お狐様はお戯れたい】〔雪森あゆむさん〕最終夜(りぼん2017年10月号) その2
↑のつづき

妖怪との共同生活にすっかり慣れてきた感じの律だけど、妖怪退治の
仕事を将来するのであれば、妖怪について知っておくのも悪くはないの
かもな。

ただ白夜は他の妖怪とは明らかに言動や行動が違うから参考にならない
かもしれませんが(w 朱夏は白夜に好意を寄せている関係か、やはり普通の
妖怪とは少し違うみたいですね。妖怪と言っても表面上は人間と変わらない
ということを律は知ってしまったから、たたでさえ妖怪退治をするのに抵抗感
があった律にとって、妖怪との共同生活がどう影響を与えるのか興味があります。

 朱夏は白夜と一緒にいたいという気持ちを満たしてあげれば人間にとって
大きな脅威にはならない感じだな。

|

2017年10月 9日 (月)

【お狐様はお戯れたい】〔雪森あゆむさん〕最終夜(りぼん2017年10月号) その2

チャチャとりぼん、ツイッター @chacha_ribon

【お狐様はお戯れたい】〔雪森あゆむさん〕最終夜(りぼん2017年10月号) その1
↑つづきはこちら

 もし律の兄がいたら妖怪が2人も家にいる状況を許すわけないよな。
だって妖怪退治が仕事なのに、妖怪を2人も守っていることになるのだし(w

 でもよくよく考えたらこうやって妖怪が悪いことをしないようにしっかり管理
すれば街の平和は守られるのだから悪くはない…のかな??? 律に
この二人を退治するのは不可能なのだから、律は自分でできる範囲で
街を守ればいいのです。

 白夜につきまとっている朱夏は白夜に近づきたかったのに、白夜が
封印されてしまっていたけど、封印が解かれたから一気に迫ってきた
ようです。律が封印を解いてしまったのだから、ある意味朱夏がやって
きたのは律のせいだなwww

↓つづきはこちら
【お狐様はお戯れたい】〔雪森あゆむさん〕最終夜(りぼん2017年10月号) その3

|

2017年10月 5日 (木)

【お狐様はお戯れたい】〔雪森あゆむさん〕最終夜(りぼん2017年10月号) その1

チャチャとりぼん、ツイッター @chacha_ribon

白夜は人間の女の子に大人気ですが、当然人間だけに好かれると
いうことはないので、妖怪の女の子の中にも白夜のことが好きという子
がいるのか。妖力をあげることの意味も十分分かった上で近づいて
きているのですが、堂々とキスをする口実として使っているな(w

 白夜と律の前に現れた妖怪は「朱夏(しゅか)」と言う名前
なのですが、律の家に居座って姑(しゅうとめ)みたいに律が
作るみそ汁の味付けにまで文句を言ってるwww

 嫌なら追い出せばいいのにと思うのですが、白夜に朱夏のことを
食べさせるのは嫌なのは、根本的に律が優しい性格だからだろうな、
つくづく妖怪退治の仕事に向いていない(w

↓つづきはこちら

【お狐様はお戯れたい】〔雪森あゆむさん〕最終夜(りぼん2017年10月号) その2

|

2017年10月 2日 (月)

【ラブ&ピーク】〔北里鮎さん〕(りぼん2017年10月号)感想

チャチャとりぼん、ツイッター @chacha_ribon

 いじめ問題の解決がいかに難しいかよく分かる読みきりでした。
いじめって、もうそれこそ人間社会が誕生した頃からあったのでしょう
けど、教室というごく狭い空間でいじめられるようになってしまうと
逃げ場がないですよね。せいぜい不登校になるくらいしか逃げ道が
ありませんが、いじめる奴なんかのせいで貴重な学校生活を放棄する
なんてもったいないにも程があります。

 学校でのいじめがなかなか解決しないのは、いじめられてる子を助けたら
自分もいじめの標的になってしまうのではないかという恐怖感に負けて
しまう子がほとんどだから、結果として誰も助けてくれないからですが、
余程ケンカが強くないといじめられてる子を助けるとか無理だよなぁ。

 見てみぬフリをするのもいじめの一種とよく言われるけど、何と
言われようが最後は自分が大事だと思うのを責めることはできないよ…

 このお話では、後半に物語の展開が大きく変わるのですが、前半に
出てきた、多武の心の葛藤(かっとう)や、いじめられてる園村に対して
かけてる言葉が妙にリアルでした。

|

2017年10月 1日 (日)

【お狐様はお戯れたい】〔雪森あゆむさん〕第二夜(りぼん2017年9月号) その2

チャチャとりぼん、ツイッター @chacha_ribon

【お狐様はお戯れたい】〔雪森あゆむさん〕第二夜(りぼん2017年9月号) その1
↑のつづき

 しかしクラスのみんなは肝試しを楽しんでいるけど、まさか教室に
妖怪がいるとは思わないよなwww
普段の学校生活のほうが余程
刺激的です。女子は妖怪と二人っきりになりたいと思っているとか、
考えてみれば恐ろしい話だ、まさに「知らぬが仏」ですね。

 律は白夜と接しているうちに気持ちが揺れ動いていくのですが、
まぁ人間の心は理屈で動くものではないですよね。

 やはりキスが妖力を供給する手段になってるのが、律の心を
揺さぶってる感じだよなぁ。白夜はクラスの子が近づきたいと
思うほど美形だし。性格はお世辞にもいいとは言えないのですが、
根はいい人だというのはつきあえば分かりますよね。

|

2017年9月28日 (木)

【お狐様はお戯れたい】〔雪森あゆむさん〕第二夜(りぼん2017年9月号) その1

チャチャとりぼん、ツイッター @chacha_ribon

妖怪を封印する仕事をしている退治屋の娘の九重律と
妖怪の白夜の不思議な同居生活もだいぶ違和感がなくなって
きた感じですが、白夜がそれほど悪い奴ではないから律も
感情移入しちゃってるからなぁ。

 白夜はキスをすることによって妖力を得るのですが、白夜も
言っている通り、白夜のことが好きな子とキスをして妖力を得るの
であれば特に問題はないですよね(w 律が止める理由などないのですが、
なぜか律は自分以外は食べないという約束を盾に反対しています。白夜
が他の子からも妖力を得るようになれば律の負担は軽くなるのに。

 クラス内で男女でペアを組んで肝試しをしようという話が出た時に
白夜が他の子と組むのを嫌がった律ですが、別に白夜のことを信用して
いないという訳ではないけど、なんとなく不安というのは分かるな。
こういうのって理屈で割り切れるものではないから

↓つづきはこちら

【お狐様はお戯れたい】〔雪森あゆむさん〕第二夜(りぼん2017年9月号) その2

|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

31☆アイドリーム(メロディ連載) | Cookie総合 | CRASH! | HIGH SCORE | MOMO | P×P(ピーバイピー) | REC-君が泣いた日- | zen zen (Cookie連載) | あかり&まり子のどうでもいい話 | いちごオムレツ | きらめきのライオンボーイ | だって好きなんだもん | つばさとホタル | つばめのすぅ | ひよ恋 | ぷちパレード!! | まじかるwebからのお知らせ | まりもの花 | めだかの学校2限目! | ややプリ | りぼん「MOMO」聖地巡礼 | りぼん「聖地巡礼」 | りぼんイベント | りぼん本誌、読みきり・短期連載作品 | りぼん本誌総合 | りぼん雑談 | アニマル横町(原作) | アニメ・コミック | アリスから魔法 | イベント総合 | イン ザ チョコレート | イ・オ・ン | キミとだけは恋に堕ちない | キルミンずぅ | コスモ日誌 | コミックマーケット | シュガー*ソルジャー | スターダスト★ウインク | スポーツ | チョコミミ | チョコレートコスモス | ドリーム メディシン | ハニーレモンソーダ | ハローキティピース!! | バディゴ! | バドガール | パーフェクト・ローズ | ブランデージの魔法の城 | ブルーフレンド | プリモ・プリーマ! | マジョカル★マジョカル | ママレード・ボーイ | モバイルガールめもり・電脳少女めもり | ロッキン★ヘブン | ロマンチカクロック | ローゼンメイデン dolls talk | 僕の家においで | 勝利の悪魔 | 君は坂道の途中で | 吹彩 -SUISAI- | 夢色パティシエール(アニメの感想) | 夢色パティシエール(原作1巻のまとめ) | 夢色パティシエール(原作2巻のまとめ) | 夢色パティシエール(原作の感想) | 夢色パティシエール(情報) | 夢色パティシエール(番外編の感想) | 姫ちゃんのリボン(原作) | 姫ちゃんのリボンカラフル(まとめ) | 姫ちゃんのリボンカラフル(情報) | 姫ちゃんのリボンカラフル(感想) | 昔のりぼん | 春田ななさん総合 | 株式会社ラブコットン | 桜姫華伝 | 水沢めぐみさん単行本「5月のお茶会」 | 満月をさがして | 猫と私の金曜日(マーガレット連載) | 猫田のことが気になって仕方ない。 | 種村有菜さん関係総合 | 絶叫学級 | 絶対覚醒天使ミストレス★フォーチュン | 群青リフレクション | 花めぐりあわせ | 講談社ARIA総合 | 赤ずきんチャチャ(アニメ) | 赤ずきんチャチャ(原作・単行本1巻から4巻) | 赤ずきんチャチャ(原作・単行本5巻から8巻) | 赤ずきんチャチャ(総合) | 赤ずきんチャチャN | 陽だまりの月 | 魔女とハツコイ。