絶叫学級

2017年7月10日 (月)

【絶叫学級 転生】〔いしかわえみさん〕授業26「『繰り返すコドモタチ』中編」(りぼん2017年8月号)感想

チャチャとりぼん、ツイッター @chacha_ribon

【「絶叫学級」の感想】←今までのまとめはこちら

 前回に引き続き何度も同じ事故を繰り返している世界に入り込んで
しまったハルヒですが、このループから抜け出す方法を見つけない
限り、永遠にこのままですね…

 楽しいことでも同じ事を何度も繰り返したら嫌になりそうなのに、
ハルヒはバスの事故を繰り返し体験してるんだからな。命綱は現実世界の
ハルヒの兄と通信ができるスマホですが、もう電池が怪しくなって
きてます。余計なことを一切やらなかったとしても、兄とやりとりを
しているだけで確実に電池は減っていくからな。

 幸いハルヒはループ世界に事故のことを覚えている優木がいたので
とりあえず相談はできるのですが、肝心のループから抜け出す方法は
知らないということで、根本的な解決はできないままでいます。

 スマホの電池は誰かに充電させてもらえればいいのだけど、ループの
始点が遠足に出発する直前の教室だとしたら、充電したくてもできないな。
小学生だと充電器なんてなかなか持ち歩いていないだろうし。

 今回のお話を読むと、ループが始まった直後はクラスのみんなも
自分達がループをしているって知っていたのかな???

 続きが掲載される次号が楽しみです。

|

2017年5月13日 (土)

【絶叫学級 転生】〔いしかわえみさん〕授業24「肖像画の恋」(りぼん2017年6月号)感想

チャチャとりぼん、ツイッター @chacha_ribon

【「絶叫学級」の感想】←今までのまとめはこちら

 今回は美術部のカリスマ顧問の雨月に恋をしている村井が主人公です。
美形で、有名なコンクールで賞をもらったこともあるので実力が
あるのだから、人気者になるのも当然ですよね。

 ある日村井は先生の持ち物の中に肖像画があるのを発見して
思わず手に取ったら、その絵が描かれた時の状況と思われる風景が
頭の中に入ってきてびっくりしていますが、そりゃそうだろう。
顔から雨月がこの絵を描いたということが分かったのですが
この場面だけ見たらとても楽しそうなカップルに見えますね。

 この後この絵の正体が明らかにされるのですが、オチが予想外
だったのでびっくりした。まぁ過去にやった悪いことを清算したと
思うしかないのかも。

|

2017年4月24日 (月)

【絶叫学級 転生】〔いしかわえみさん〕授業23「無人の家」(りぼん2017年5月号)感想

チャチャとりぼん、ツイッター @chacha_ribon

【「絶叫学級」の感想】←今までのまとめはこちら

 今回は前の持ち主が夜逃げした中古の家を買った家族の話でしたが
夜逃げだといわゆる「自己物件」の扱いにはならないのかもしれないけど、
前の持ち主が逃げ出した理由によっては引っ越した後に変な人がやって
来たりしそうで怖いね。

  洋花(ようか)の父は正直夜逃げ物件ということは特に気にして
いなかったようですが、家具もそのままにして逃げた家とか怖くて
手が出ないな…

 父としては一円でも安いほうがありがたいんだろうなぁ、事情がある家
でも、普通は生活に影響が出るような不具合ではないし。

|

2017年3月19日 (日)

【絶叫学級 転生】〔いしかわえみさん〕授業22「100回目の卒業式」(りぼん2017年4月号)感想

チャチャとりぼん、ツイッター @chacha_ribon

【「絶叫学級」の感想】←今までのまとめはこちら

 今回のサブタイトルが「100回目の卒業式」とあるので、何かな?と思ったら
基本的にそのままの意味でいいのか。主人公の「毎美(まいみ)」は中学3年生、
卒業式の日に好きな男子「唯人」に告白しようとするも上手く呼び止めることが
できませんでした。

 まぁここまではよくありそうな話ですよね。卒業式だからといって一人ひとりに
声をかけるということはないですから。唯人はさっさと友達と帰ってしまいましたが、
一晩寝て朝起きたらまた卒業式の当日の朝でびっくりしています。そりゃ同じことが
繰り返されれば誰だって驚きます。この後ループを繰り返すことになるのですが
私だったらループから抜け出す方法が分からないとパニックになりそう。

 毎日同じことだけが繰り返される日常とか地獄でしかないですし。
毎美の場合は卒業式当日が何度も続いているのですが、最初の卒業式の日に
告白に失敗してしまった毎美は告白のやり直しができるということでよろこんで
いますね。何でループが始まったのかとか、いつまでこの生活が続くのかと言った
根本的な疑問は割とどうでもいいと考えている感じ(w

|

2017年2月24日 (金)

【絶叫学級 転生】〔いしかわえみさん〕授業21「追われる者」(りぼん2017年3月号)感想

チャチャとりぼん、ツイッター @chacha_ribon

【「絶叫学級」の感想】←今までのまとめはこちら

 今回は大学一年の「檻野 愛(おりの まな)」が主人公ですが、ここまで
極端ではないにしても、似たような思考の人って現実世界にもいそうなので
ある意味とても怖い話だったwww 最初の数ページはすごく穏(おだ)やかな
雰囲気なのはいつも通りですが。

 周りの人が自分にとって都合が良いように動かないと気がすまない人って
正直どう接していいのか分からないですよね。相手の要求を完全に飲むのは
不可能でも、相手は常に自分に従(したが)うように迫ってくるのですし。

愛は自分は悪くない、悪いのはすべて相手のせいっていう思考の持ち主
でしたが、それが行き着くところまで行ってしまうと、こうやって
現実が見えなくなってしまうのか。悪いことさえしないで自分の心の中
だけでとめておいてくれるのなら別にかまわないのでずが、ちょっと
これはなぁ…

|

2017年1月 4日 (水)

【絶叫学級 転生】〔いしかわえみさん〕授業20「ドッペルゲンガーの街」(りぼん2017年2月号)感想

チャチャとりぼん、ツイッター @chacha_ribon

【「絶叫学級」の感想】←今までのまとめはこちら

 一伽(いちか)は自分にそっくりな子がいると聞いて友人とその子を
見に行ったのですが、本当に鏡で映したのではないかと思えるほど
そっくりですよね。ここまで似ていると不気味だと思ってもおかしく
ないのですが、一伽は日々の暮らしをつまらないと考えていたので
あっさり飛びついたか。

 一伽にそっくりな子の名前は二伽(にか)、顔が似ているだけでなく
家族構成までそっくりなのが驚きですね。ここまで似ているとなると
もう単なる偶然と片付けていいものかと思う(w

見た目や家族構成はそっくりだけど違う点がひとつありました。それは
生活状況。二伽は非常に裕福(ゆうふく)で家も立派なのですが、ある
一面だけを見て判断すると大変なことになるということをこの話の
オチは教えてくれたな。

 子供に限らず人間ってどうしても見た目に影響されてしまい、相手の
心の奥底までは見ないからなぁ。一伽が気づいていなかったことが
たくさんあると。

|

2016年12月21日 (水)

【絶叫学級 転生】〔いしかわえみさん〕授業19「見下ろす女」(りぼん2016年12月号)感想

チャチャとりぼん、ツイッター @chacha_ribon

【「絶叫学級」の感想】←今までのまとめはこちら

 今回は身長170cmの小学校6年生、大山育(おおやま いく)が主人公ですが、
身長が高いのをかなり気にしているのか。背が高くなりたいと思っている子も
多い中で贅沢(ぜいたく)だと思われるかもしれないけど、育にしてみれば
別に好き好んで高身長になったわけではないからな。

 クラスの中で目立ちまくっていますが、とりあえず教室内の席は
一番後ろにしてやれよ…いくらくじで決めるって言っても、育は
例外にしてあげないと育本人はもちろんのこと、後ろの席の子も大変。

 育は背が高い自分なんか男の子はに良く思われていないと思い込んで
いるけど、さすがにそれは考えすぎのような気がするけどなぁ。まぁ
過去にいろいろ言われた経験もあるようなので自分の身長をプラス要素と
見ることができないのは仕方がないことなのかもしれませんが。

|

2016年11月 5日 (土)

【絶叫学級 転生】〔いしかわえみさん〕授業18「13人目の宿泊者」(りぼん2016年12月号)感想

チャチャとりぼん、ツイッター @chacha_ribon

【「絶叫学級」の感想】←今までのまとめはこちら

 高校生の仲間同士でコテージを会場にお泊り会をやっていますが
夜になってこの手の集まり恒例の怖い話をしています。まんがで修学旅行や
友達同士でお泊りをする時ってほぼ確実に怪談か恋愛に関する話が
出ますよねwww いつもは夜はそれぞれの家にいるので、たまに夜に
集まっていると普段あまりしない話をしたくなるのかもしれません。

 怖い話を昼間にしても盛り上がらないか。外も明るいし、人も
外を歩いてそうだし。しーんと静まりかえった中で怖い話をした
ほうが盛り上がりそう。

 扉絵はドアに外側から鍵がいくつもかけられているというもの
ですが、ここまでされたらもう絶望感しかないな。

|

2016年10月25日 (火)

【絶叫学級 転生】〔いしかわえみさん〕授業17「運命の王子様」(りぼん2016年11月号)感想 その2

チャチャとりぼん、ツイッター @chacha_ribon

【「絶叫学級」の感想】←今までのまとめはこちら

【絶叫学級 転生】〔いしかわえみさん〕授業17「運命の王子様」(りぼん2016年11月号)感想
↑のつづき

 夢の一番やっかいなところって、自分の意思ではどんな夢を
見るのか選べないっていうことかも.夢路の場合は途中までは
夢の中で男の子に会うのを楽しみにしていたからいいけど。

 途中から完全に夢路は夢の中に出てくる真を避けたいと
思うようになり、寝ないようにしようとしましたがそんなことが
できるわけもなく…絶対に逃げられない相手がずっとくっついて
離れないとか想像しただけで怖いですわ。

 これだけ夢路につきまとっているのに真のほうから現実世界の
夢路に近づこうとしなかったのは謎だな。

 そもそも人間が夢を見る理由など夢に関する基本的なことって
実はまだよく分かっていないんですよね。いろいろ説があるよう
ですが、今の科学では夢の秘密を解明するには至(いた)っていない
ようです。

 お話を見る限りでは現実世界で真に出会わないで夢の中だけで
済ませていれば最後の悲惨な場面はなかったのかも。

|

2016年10月 6日 (木)

【絶叫学級 転生】〔いしかわえみさん〕授業17「運命の王子様」(りぼん2016年11月号)感想

チャチャとりぼん、ツイッター @chacha_ribon

【「絶叫学級」の感想】←今までのまとめはこちら

 幼い頃から夢に出てくる男の子が運命の人かと思い始めてしまい、
自分に告白してくる男の子をふってばかりいる15歳の「叶 夢路(かのう ゆめじ」
ですが、夢を見はじめてから10年間も経つということは5歳の時からか。

 夢の中で話しかけられたりもするようですが、夢に出てくる子があまりにも
自分にとって理想的な子なので現実世界の男の子に興味を持てなくなって
しまったのか…

 夢の中に出てくる謎の男の子が着ていた制服を手がかりにして
ある学校の前に行ったら見事に10年間夢に出続けていた男の子
「作田 真」と出会い、あっという間に両想いに。夢路は真(まこと)
が自分の個人情報をみんな知っているので戸惑(とまど)ってますが、
夢の中に出てくるということは当然夢路の頭の中に真は入り放題と
いうことだからな。

 プライバシーが全くないっていうのはきついよなぁ、好きな人にも
知られたくないことも当然あるし。

 真は夢路のすべてを知り尽くしているのですが、自分が通っている
学校の前に夢路が現れた時に本気でびっくりしている様子だったので
(P.355の4コマ目)この行動だけは読めなかったのか???

↓つづきはこちら
【絶叫学級 転生】〔いしかわえみさん〕授業17「運命の王子様」(りぼん2016年11月号)感想 その2

|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

31☆アイドリーム(メロディ連載) | Cookie総合 | CRASH! | HIGH SCORE | MOMO | P×P(ピーバイピー) | REC-君が泣いた日- | zen zen (Cookie連載) | あかり&まり子のどうでもいい話 | いちごオムレツ | きらめきのライオンボーイ | だって好きなんだもん | つばさとホタル | つばめのすぅ | ひよ恋 | ぷちパレード!! | まじかるwebからのお知らせ | まりもの花 | めだかの学校2限目! | ややプリ | りぼん「MOMO」聖地巡礼 | りぼん「聖地巡礼」 | りぼんイベント | りぼん本誌、読みきり・短期連載作品 | りぼん本誌総合 | アニマル横町(原作) | アニメ・コミック | アリスから魔法 | イベント総合 | イン ザ チョコレート | イ・オ・ン | キミとだけは恋に堕ちない | キルミンずぅ | コスモ日誌 | コミックマーケット | シュガー*ソルジャー | スターダスト★ウインク | スポーツ | チョコミミ | チョコレートコスモス | ドリーム メディシン | ハニーレモンソーダ | ハローキティピース!! | バディゴ! | バドガール | パーフェクト・ローズ | ブランデージの魔法の城 | ブルーフレンド | プリモ・プリーマ! | マジョカル★マジョカル | ママレード・ボーイ | モバイルガールめもり・電脳少女めもり | ロッキン★ヘブン | ロマンチカクロック | ローゼンメイデン dolls talk | 僕の家においで | 勝利の悪魔 | 君は坂道の途中で | 吹彩 -SUISAI- | 夢色パティシエール(アニメの感想) | 夢色パティシエール(原作1巻のまとめ) | 夢色パティシエール(原作2巻のまとめ) | 夢色パティシエール(原作の感想) | 夢色パティシエール(情報) | 夢色パティシエール(番外編の感想) | 姫ちゃんのリボン(原作) | 姫ちゃんのリボンカラフル(まとめ) | 姫ちゃんのリボンカラフル(情報) | 姫ちゃんのリボンカラフル(感想) | 昔のりぼん | 春田ななさん総合 | 株式会社ラブコットン | 桜姫華伝 | 水沢めぐみさん単行本「5月のお茶会」 | 満月をさがして | 猫と私の金曜日(マーガレット連載) | 猫田のことが気になって仕方ない。 | 種村有菜さん関係総合 | 絶叫学級 | 絶対覚醒天使ミストレス★フォーチュン | 花めぐりあわせ | 講談社ARIA総合 | 赤ずきんチャチャ(アニメ) | 赤ずきんチャチャ(原作・単行本1巻から4巻) | 赤ずきんチャチャ(原作・単行本5巻から8巻) | 赤ずきんチャチャ(総合) | 赤ずきんチャチャN | 魔女とハツコイ。