ブルーフレンド

2011年2月25日 (金)

「ブルーフレンド2巻」のおまけペーパーの感想

【「ブルーフレンド」の感想】←今までのまとめはこちら

 りぼんマスコットコミックス「ブルーフレンド2巻」が発売されました。
1巻が発売された際は「りぼんで百合」ということでネット上で大きな話題に
なりました。アニメやコミックファンを主たる顧客としている店などでは
山のように1巻が積まれたところもあるみたいですね。

Img_5128_2 

 帯でも「百合」を全面に押し出してますね。「百合」というところが
大きく注目されたからなのですが、「Twitterでも話題騒然!!」という
うたい文句が書かれてますが、最近はネット上の口コミの主戦場は
ツイッターなんですよね。ここまで来ると「ツイッター世論」を味方に
つけることができたら戦いが大きく有利になりそう。

 しかしりぼんを普段読んでいない人には「りぼん」と「百合」という
組み合わせはやはり意外だと思うのでしょう。

Img_5129


 このペーパー、アニメイトなど一部の店舗でしか配ってないんですよね。
せっかく作ったのだから、もっと多くの店で配ればいいのにって思います。
ちなみに「とらのあな」で買うとペーパーではなくカードがもらえるそうです。

※ペーパーは徳島店を除くアニメイト全店と紀伊國屋新宿本店、それに
三省堂書店で配っているらしいです。なんで徳島除外???

東「東 五月です あたしが誰かって? それは1巻を読めば
すぐに分かるハズ
」(ブルーフレンド2巻・おまけペーパー)

 最初五月が出てきたときは、美鈴を過去に苦しめてきた張本人では
ないかと思った読者が多かったとは思いますが、実際はそうではなかったん
ですよね。まぁこのあたりは1巻と2巻を読んで確かめてみてください(w

 東も歩と出会うのがもっと早かったら違った中学校生活が待っていた
のかも。

東「2巻では ついに美鈴の過去が明かされたり
(ブルーフレンド2巻・おまけペーパー)

 少女まんがは先の展開が読者の予想した通りになることが多いのですが
「ブルーフレンド」は予想を良い意味で裏切られたなぁ。美鈴が父親と
なんらかの問題を抱えているっていうのは大体予想できましたが。


東「なぜか美鈴がお姫さまになったり
(ブルーフレンド2巻・おまけペーパー)

 以前の美鈴だったら、舞台に立つなんて考えもつかなかったです。
歩と出会ったことにより美鈴の人生は大きく変わりました。もし
美鈴と出会わなかったら舞台に立つどころか人とまともに話しを
することもなかったでしょう。女子とは絶縁状態でしたし。1巻を読んだ後
「ブルーフレンド」から遠ざかってしまった人は美鈴がこんなに性格が
変わったとは思わないだろうなぁ。


東「美鈴があたしの奴隷になったり…
(ブルーフレンド2巻・おまけペーパー)

 ねーよwwwwwwwwwwwwwwww
でも百合まんがと聞いたからある程度刺激的な場面を期待して買った人も
いるかもな…実際はキスシーンがあるだけなのですが、りぼんに掲載されて
いる作品だということを頭に入れて置いてください(笑)


 ペーパーは私が買った店では空色の紙と白色の紙の2枚が入っていました。
もう1枚の紙のほうには美鈴が登場しているのですが…

美鈴「
美鈴です 私の左目の下のホクロだけど…よく作者が
描き忘れて困ってます…
」(ブルーフレンド2巻・おまけペーパー)

 こんなの言わなきゃ分からなかったのに(w
たぶんホクロが無くても気づく読者は少ないと思う。

|

2010年5月26日 (水)

【ブルーフレンド】〔えばんふみさん〕第二話(りぼん2010年6月号)感想 その2

【りぼん「恋人にしたいキャラ」人気投票2010】実施中!

 りぼん本誌の中で恋人にしてみたいなぁと思うキャラクターはいらっしゃい
ませんか? もしいらっしゃるという方で、投票所内の選択肢の中にその
キャラクターの名前があるという場合はぜひご投票ください。

 男性が男子キャラに投票したり、女性が女子キャラに投票したり
といった具合に
同性への投票も可とさせていただきます。

↓投票はこちら
【りぼん「恋人にしたいキャラ」人気投票2010】


【ブルーフレンド】〔えばんふみさん〕第二話(りぼん2010年6月号)感想 その1
↑のつづき

○キスに戸惑う歩(あゆむ)

歩「やっぱり美鈴ってよく分からない
(りぼん2010年6月号・P.273の1コマ目)

 そのよく分からない子とよくつきあってるよな…周りから
みれば歩だってよく分からん子でしょう。傍目(はため)には
どう考えても一緒にいて楽しい子ではないですし。

歩「戸惑うあたしが子供なのかな
(りぼん2010年6月号・P.273の5コマ目)

 いや、普通いきなりキスをされたら戸惑うでしょう。まして中学生なら
なおさらです。しかも歩の場合は同性にされたのですから、これで
平然としていられる訳ないです。

 …というかキスをされても事務的に処理する中学生が
いたりしたらなんか嫌だ(笑)

 美鈴(みすず)のキスで動揺している歩ですが、さらに心を惑わせる
事件が発生!!! 

○歩、男子に告白される

平井「オレ 2年5組の平井っていいます 実はオレ…ずっと
歩さんと話してみたくて その…何てゆーか あの ぶっちゃけ
一言で言うとずっと好きでした!
」(りぼん2010年6月号・P.274-275)

 歩の運命の扉開きまくりだな。これまで浮いた話しとはまったく無縁の
暮らしをしていたのに、ある日突然女の子にキスをされたり、男の子に
告白されたりしたのですから。ある意味同級生より一歩進んでしまったの
ではないか?

 しかし平井は大胆だな。いきなり話しかけて告白をするのですから。
面識がある子ならまだしも、初めて話しかけていきなり告白をするなんて。
歩でなかったとしても普通はどう返事をしていいか分からないでしょう。

 歩は逃げてしまったようですが、まぁこれは責められないでしょう。

○翌日、平井再訪

歩「告白され慣れてる美鈴には言えない『生まれて初めて
告白(?)されてうろたえてる』なんて

(りぼん2010年6月号・P.276の3コマ目)

 えーなんで??? ようするに告白されなれてる子に、告白されたくらいで
動揺しているなんて知られるのは恥ずかしいということなのかな?
別に恥ずかしがることなんかないよ。初めての告白が中学生の時だった
なんて別に遅くなんかないよ。

 動揺がおさまっていない状態なのに、平井がやってきて再び話すことに
なった歩。クラスのみんなに平井と会うことになったことも知られてしまい
ましたが。

何なにー!? 歩に男の客!?」「えーっ!?
(りぼん2010年6月号・P.277の2コマ目)

 よっぽど異性に縁がないというキャラが定着してるんだなwww
中学生ですから、この手の話しは格好のネタになりますよね。
きっと歩が教室を出て行った後あちこちで話題になったことでしょう。

歩「昨日はごめんね …その逃げちゃったりして…
(りぼん2010年6月号・P.277の4コマ目)
平井「いーよ いーよ 突然あんな事言われても困るっスよね
お前 誰だよっいカンジでホントごめんっ

(りぼん2010年6月号・P.277の5コマ目)

 なかなか良い感じの子じゅないか。変に真面目な子でもなく
あまりに慣れ慣れしい感じでもないですし。このくらいの男の子が
一番つきあいやすいのではないでしょうか。

 歩は恋愛とは無縁と思い込んでいたので、平井のように多少強引にでも
近づいてくる子でないと、いつまで経っても恋人はできないでしょうから
恋愛経験を積む絶好の機会がやってきたのかも。

○なぜ歩を選んだ?

歩「…あの… 平井くんだっけ 何で私…なんですかね
(りぼん2010年6月号・P.277の6コマ目)

 こんなの聞かれたって答えようがないだろう。人を好きに
なるのに理屈なんていらないですし。まぁ歩にしてみれば
なんでわざわざ異性に縁がなかったような自分を選んだのか
不思議で仕方がないのでしょうが。

 歩だって、他に仲良くできる友達はたくさんいるのに、どうして
美鈴と一緒にいる時間が長くなったのかと聞かれたって答えられ
ないでしょう。

歩「フツーはあたしと一緒にいる美鈴に目が行くと思うのに…
(りぼん2010年6月号・P.278の1コマ目)

 美鈴に男子が群がっている様子をさんざん見せられてきたので
こう思ってしまうのも仕方がないかも。別に男子全員が美形の
女の子を好きだという訳ではないですし。

 美鈴に気軽に声をかけている子たちも全員が本気で美鈴のことを
愛しているとは思えないです。面白がって声をかけてるだけの子も
いるのではないか?

平井「! そんなことない! 歩さんは友達多くて誰とでも分け隔て
なく接する人だなって… すごく良いなってずっと思ってた!」

(りぼん2010年6月号・P.278の2コマ目)

 周りの女子から嫌われている美鈴とも仲良くしているのですからね。

平井「あの…友達からでいいんで…仲よくしてやってくれませんか!
(りぼん2010年6月号・P.278の3コマ目)

 告白はしたけど、とりあえず友達から始めたいのか。どんな形でも
いいから美鈴と一緒にいたいと思っているのですから、これは結構
本気で好きなのですね。

歩「…やばい …嬉しいぞ
(りぼん2010年6月号・P.278の4コマ目)
あのじゃあ友達から
(りぼん2010年6月号・P.278の5コマ目)

 ここまで言われて嬉しくない子などいないでしょう。この瞬間は人生に
おいて忘れることのできない日になることは間違いないです。
これまでの生活が一変することになるのですから。友達から
始めようと決めた歩、返事を平井に言おうとしたのですが…

(つづく)

|

2010年5月 2日 (日)

【ブルーフレンド】〔えばんふみさん〕第二話(りぼん2010年6月号)感想 その1

【りぼん「恋人にしたいキャラ」人気投票2010】4月30日開始!!!

 りぼん本誌の中で恋人にしてみたいなぁと思うキャラクターはいらっしゃい
ませんか? もしいらっしゃるという方で、投票所内の選択肢の中にその
キャラクターの名前があるという場合はぜひご投票ください。

 男性が男子キャラに投票したり、女性が女子キャラに投票したり
といった具合に
同性への投票も可とさせていただきます。

↓投票はこちら
【りぼん「恋人にしたいキャラ」人気投票2010】


【「ブルーフレンド」の感想】←今までのまとめはこちら

○美鈴(みすず)にキスされたことが頭から離れない歩(あゆむ)

 調理実習中に火を使ってる最中に他の事を考えてるとあぶないよ!!!
見事にフライパンが火を噴いてしまい、やけどをしてしまい
ましたが、もともと恋愛関係に疎(うと)い歩が、女の子にキスをされて
しまったのですから動揺しないわけがないです。おそらく延々頭の中で
美鈴とのキスの瞬間が再生され続けているのでしょう。火が噴き出して
いても他の生徒に言われるまで気がつかなかった程ですから。

歩「あれは一体何だったんだろう
(りぼん2010年6月号・P.268の1コマ目)

 考えるまでもありません。どう考えても普通じゃないことが
あなたの身に起こりました。理由を考えたところで出てくるとは
思えないよな…

 あまりに予想外のことが起こってしまったので、その場で
理由を聞くことができなかったのでしょうが、後になって
じわじわとキスをされたという事実が圧し掛かってきたん
だろうな。

○美鈴が自ら歩を保健室に連れていくと志願

美鈴「…保健室 私が連れて行きます
(りぼん2010年6月号・P.269の6コマ目)

 歩があれこれ考える羽目になる原因を作った張本人が保健室に連れて
いくとは。しかし美鈴も変わったな、初めて歩に話しかけられた時に
無視した奴と同一人物とは思えません。

美鈴「…ほら痛いんでしょ? ボーっとしてるからこんな事に
なるんだよ
」(りぼん2010年6月号・P.270の5コマ目)
歩「…美鈴 原因はあんたなんだけどなぁ…」
(りぼん2010年6月号・P.271の2コマ目)

 歩もはっきり言うなぁ。まぁ下手にこまかす理由もないですしね。
一対一で話ができる機会がやってきたのですから、聞きたいことが
あるのであればこの機会にどんどん聞いてしまいましょう。

 そうでないと、これから先もずーっと美鈴とのキスの一件を気に
し続けなくてはなりませんし。

○歩、キスの理由を美鈴にたずねる

歩「キスは友達にするモノなの?
(りぼん2010年6月号・P.272の4コマ目)
美鈴「あんなの外国じゃ挨拶でしょ
(りぼん2010年6月号・P.273の2コマ目)

 いやいやこの答えは無理があるぞwwwwwwwwwww
たしかにキスをする文化がある国があるのは事実ですが
美鈴のキスはたぶんどこの国でも恋人に対してするような
キスの扱いだろう。

歩「いやいや アンタ挨拶って… つーかココは日本ですけど!?
(りぼん2010年6月号・P.273の4コマ目)

 なかなか良い突っ込みだな。外国がどうであるかなんて関係ない
です。日本で人間関係を築くのであれば日本の習慣にしたがわないと。

 この問いに対して美鈴から明確な答えはありませんでした。

↓つづきはこちら
【ブルーフレンド】〔えばんふみさん〕第二話(りぼん2010年6月号)感想 その2

|

2010年4月28日 (水)

【ブルーフレンド】〔えばんふみさん新連載〕第一話(りぼん2010年5月号)感想 その4

【「ブルーフレンド」の感想】←今までのまとめはこちら

【ブルーフレンド】〔えばんふみさん新連載〕第一話(りぼん2010年5月号)感想 その3
↑のつづき

○美鈴(みすず)、歩のことをが噂になっていることを知る

※女子トイレ内で歩(あゆむ)と美鈴のことが話題に
さいきん歩付き合い悪いよねー
ねー」(りぼん2010年5月号・P.104の2コマ目)

 そりゃ、急に美鈴とくっつくようになったら話題にならない
訳ないです。格好の噂話のネタになるよな…つきあいが悪く
なったら印象も悪くなりますし。

 歩は他の生徒とのつきあいもある程度考えたほうがいいような気も
します。歩以外の生徒と全く遊びに行ったりしないっていうのは
人間関係の維持という面で正直あまり好ましくないですし。

月島美鈴に構うようになってからじゃん?
どこがいいのかな あんな子ー 性格悪いのに
(りぼん2010年5月号・P.104の3マ目)

 こう思うのも仕方ないよな。何しろ美鈴が心を開いているのは
今のところ歩に対してだけですから。他の生徒から見れば美鈴は
ただの無愛想で性格の悪い女の子に過ぎないのですから。

ほら 歩ってやさしいからさー そーゆー子ほっとけないん
じゃない?
」(りぼん2010年5月号・P.104の3コマ目)

 歩が美鈴のことをここまで構うようになった理由は一体何なんだ?
この点を歩に聞いてもたぶん答えは返ってこないと思います。自分
でも理由は分からないでしょうから。

…とかいってさー 歩 本当は"友達いない子構ってます"
アピールの男ウケ狙いだったりしてーっ

(りぼん2010年5月号・P.104の5コマ目)

 ねーよwwwwwww 歩がそんな計算を出来る子とも思えないですし。
そもそも友達いない子を構ってあげたとしても男子に対してアピール
になるのか? 男子は別に歩が誰と遊んでいようが気にしないと思う。

○美鈴、歩の悪口を聞きキレる

美鈴「歩の悪口言わないで
(りぼん2010年5月号・P.105の4コマ目)

 歩のことが話しに出る前にさんざん美鈴自身の悪口を言われて
いたのに、そのことは別に怒っていないのか。まぁ悪口を言われる
ことになれているからなぁ。いちいち怒っていたらキリがないですし
体ももたないのでしょう。

 しかし自分のことを理解してくれた歩に対する悪口は別で
歩を悪く言われたのがうしても許せないのでしょう。「男ウケ」
と言っていたのはたぶん冗談のつもりだったものと思われますが
それでも美鈴は許せないのでしょう。

○美鈴が、歩のことを悪く言った生徒とけんかに

美鈴「そったが先に悪いこと言った だから怒っただけ」
(りぼん2010年5月号・P.106の1コマ目)

 こんなことをやったらますます評判が落ちる…まぁ今さら
そんなことを気にする美鈴ではないのでしょうが。もともと
女子からの評価なんか無いに等しいのですし。

歩と友達にでもなったつもり? あんたなんか歩の重荷に
決まってんじゃん
」(りぼん2010年5月号・P.106の5コマ目)

 これはきついよな…せっかく歩にいろいろ話しかけて
もらったりして良い気分になっていたのに、一気に突き落とされた
ようなものですから。

 この後すぐに歩が駆けつけたのですが、美鈴はその場から
走って逃げてしまいました。何しろ自分と一緒にいたら歩の株が
落ちると心配していたくらいですからおそらく美鈴自身も自分は歩の
お荷物ではないかと思っていたでしょうし。他人からそのことを
はっきり言われて精神的に落ち込んでしまったかも。

○歩、美鈴の後を追う…そして

※美鈴が歩をかばってくれた件について
歩「…ありがと あんたやっぱいい子だね
(りぼん2010年5月号・P.109の2コマ目)

 歩もいい子だよ。人によっては「美鈴なんかとつきあった
からひどい目にあった」とか言って美鈴と距離を置いてしまう
でしょうし。自分のことが悪く言われたのに、美鈴に対する
態度を変えないのですから。

歩「はー いい天気だねー…
美鈴「」(りぼん2010年5月号・P.109の3コマ目)

 空気重いよwwwwwwwwwwwwwww

 トイレでの事件で美鈴は自分の存在が歩にとって重荷なのでは
ないかと不安は確信に変わりつつあるから、話をするような気分に
なれないのでしょうね。

歩「-ねぇ美鈴 あたしはあんたが好きだから一緒に
いるんだよ
」(りぼん2010年5月号・P.109の4-5コマ目)

 「好きだから」という言葉にこの時点では大きな意味は
なかったのでしょうが、今後「好き」という意味が大きく
変わる雲行きになってきました。

歩「ほらっ 笑顔笑顔 ベロベロばぁーっ 笑って笑ってーっ
(りぼん2010年5月号・P.110の1コマ目)

 変顔をしてまで、笑わせようとするなんて。本当に歩は美鈴の
ことを考えているんだなぁ。この程度で美鈴が笑ってくれる
のであればこんなに楽なことはないのですが。

美鈴「-お人良し バカでアホっぽくて こんな変な人
見たことないよ
」(りぼん2010年5月号・P.111の1コマ目)

 お人良しっていうのは全くもっとその通りだな。トイレで悪口を
言われたりしたのにここまで美鈴のことを気遣っているのですから。

歩「…ほめてんのかけなしてんのか よく分かりませんなぁ
美鈴ちゃんはぁ
」(りぼん2010年5月号・P.111の2コマ目)

 美鈴の表情を見ればこれはほめているんだということが
本当によく分かります。他人にここまでやさしくしてもらった
のは初めてなのでは???

○美鈴、歩にキス

歩「いつしか 名前も知らないこの気持ちに
あたしは溺(おぼ)れていった

(りぼん2010年5月号・P.114-115)

 歩は美鈴にキスをされました。普通だったらびっくりしてしまい
逃げ出してもおかしくない状況ですが、普通に会話をしていますね。
あまりにも突然すぎてどうしていいのか分からなかったのかも
しれませんが。

 キスをされたことにより歩の心の奥底で何かが目覚めちゃったのか…

|

2010年4月20日 (火)

【ブルーフレンド】〔えばんふみさん新連載〕第一話(りぼん2010年5月号)感想 その3

【りぼん「これから読んでみたいお話」人気投票2010、今月下旬まで開催

 これからりぼんの中で読んでみたいお話は一体何でしょうか? 投票所の
選択の中にみなさまがこれから読んでみたいというお話があるようでしたら
ぜひご投票ください♪ 投票の締め切りは今月下旬を予定しています。

↓投票はこちら
りぼん「これから読んでみたいお話」人気投票2010

【「ブルーフレンド」の感想】←今までのまとめはこちら

【ブルーフレンド】〔えばんふみさん新連載〕第一話(りぼん2010年5月号)感想 その2
↑のつづき

○歩(あゆむ)の評判が落ちるのではないかと心配する美鈴(みすず)

美鈴「私と一緒にいたら歩の株が落ちるんじゃないの
(りぼん2010年5月号・P.99の2コマ目)

 他人と絡むことをかたくなに断り続けてきた美鈴が他人である
美鈴の心配をするということって実は大変なことなんですよね。
だんだん歩との距離が縮まってきているということを示す証(あかし)
であるといえるのですが、たしかに校内であまりよく思われていない
自分とつきあったら歩に悪い影響を与えるのではないかと思うのも
ある意味当然でしょう。自分が嫌われているということは、美鈴自身が
一番よく分かっているのでしょうし。

歩「ごめんね あの子らまだあんたのこと誤解してんだ
(りぼん2010年5月号・P.99の5コマ目)

 いや誤解とはちょっと違うと思う。美鈴の評判が悪くなったのは
歩自身が他人との接触を極端に避けたのが原因
ですし。誰とも
会話をせず、話しかけられても無視をしてまともに話をしないの
ですから、これで美鈴のことを良く思えというほうが無理な話です。

 美鈴が他人との接触を極端に避けるようになったきっかけが現時点では
明らかにされていないので、なんとも言えないのですが、美鈴と
何のトラブルも抱えていなかった歩に初めて話しかけられた時の態度は
どんな理由があったとしてもたぶん周囲に理解されることはないかと…

美鈴「あたしはずっと1人だったからいい …だけどあんたは友達
多いし もし変な噂が流れたらー…

(りぼん2010年5月号・P.100の1-2コマ目)

 嫌われ者の美鈴と仲良くしていたら歩も変な目で見られる
危険性は充分あると思います。
学校の中なんてはっきりいって
いじめの標的を探している場所のようなものですから。何かあったら
歩の学校の中の友達なんてあっという間にいなくなるぞ。

 美鈴はずっと一人だったと言っていますが、ここで嘘をつく理由は
ないのでたぶん本当なのでしょう。何か親しい友達に裏切られる
などつらい体験をしたのでしょうか。男性が嫌いという点と何か
関係はあるのでしょうか?

歩「ははっ そんなの言わせとけ 言わせとけ
(りぼん2010年5月号・P.100の3コマ目)

 歩がどうしてここまで美鈴に入れ込んでいるのか謎なの
ですが、本人も気づかない間に心の中に美鈴に対する特別な感情が
芽ばえ始めているのかもしれませんね。だって普通初対面の際に
あんなことをされたら普通ここまで入れ込まないだろう。

歩「みんなもっと美鈴の良さを分かればいいのに
そしたらきっと
」(りぼん2010年5月号・P.100の5コマ目)

 これは残念ながら難しいな。だって美鈴自身が自分の良さを
アピールする気がない
のですから。いくら歩が美鈴の良さを
説いて周っても信じる人などなかなか現れないでしょうね。

美鈴「あたしは歩だけでいい」(りぼん2010年5月号・P.100の5マ目)
美鈴「歩だけでいい」(りぼん2010年5月号・P.101の2コマ目)

 大事なことなので二回言ったのですね。

 歩のことは完全に受け入れたのですね。「歩だけでいい」と
言っているのを見ると歩を足がかりにして、友達を増やそうとか
いうことは全くないようですね。せっかく顔が広い歩と仲良く
なったのですから、歩の後についていけば自然と友達は増えそうなのに。

 歩の美鈴と仲良くなりたいという気持ちは美鈴に伝わりました。これまで
こんなに一生懸命美鈴に接触を試みた人などいなかったのでしょうね。

↓つづきはこちら
【ブルーフレンド】〔えばんふみさん新連載〕第一話(りぼん2010年5月号)感想 その4

|

2010年4月11日 (日)

【ブルーフレンド】〔えばんふみさん新連載〕第一話(りぼん2010年5月号)感想 その2

【りぼん「これから読んでみたいお話」人気投票2010、3日開始】

 これからりぼんの中で読んでみたいお話は一体何でしょうか? 投票所の
選択の中にみなさまがこれから読んでみたいというお話があるようでしたら
ぜひご投票ください♪

↓投票はこちら
りぼん「これから読んでみたいお話」人気投票2010

【「ブルーフレンド」の感想】←今までのまとめはこちら

【ブルーフレンド】〔えばんふみさん新連載〕第一話(りぼん2010年5月号)感想 その1
↑のつづき

○徐々(じょじょ)に距離が縮まる歩と美鈴

 歩が授業中に欲しがった美鈴の消しゴムと同じものが歩の
下駄箱の中に入っていました。名前は書かれていませんでしたが
「昨日のお礼。」ということなので、間違いなく入れたのは美鈴です。
対面の時に歩からのあいさつすら無視した美鈴がここまで変わった
のですから、これは大きな変化ですね。余程歩が自分を守ってくれて
話しを聞いてくれたということがうれしかったのでしょう。

 友達の悩みを聞き、困っているときに助けるということは決して
特別な行為ではないのですが、今まで美鈴はそういう特別なことでない
ごく普通の学校生活を過ごしていれば味わえるようなことも
味わうことができていなかったのでしょう。

 普通の子だったら隣の席の子に消しゴムをあげるという行為は
別にどうということはないことなのでしょうが、美鈴にしてみれば
他人と自分の間に築いた大きな壁を取っ払った証(あかし)だったのかも
しれません。

 勿体(もったい)なくてこの消しゴムちょっと使いにくいな(笑)
でも、せっかく美鈴が勇気を振り絞ってくれたものですから
ぜひ目の前で使ってあげたいという気持ちにもなるな。

歩「美鈴ーっ 先生が2人一組ペアになれって~一緒に組もーっ
(りぼん2010年5月号・P.93の1コマ目)
美鈴「呼び捨て…
(りぼん2010年5月号・P.93の3コマ目)

 ここまで遠慮なしに美鈴に近づいた子はおそらく歩が初めてなん
だろうなぁ。親しみを込めて呼び捨てで呼んでくれるような子など
いなかったでしょうし。悪意を込めて呼び捨てで中傷するような子は
いたかもしれませんが。

 美鈴はとにかく自分で壁を作っていたのですから、まずその壁を
突破しない限り近づくことすらできませんでした。他にも生徒は
たくさんいるのですから、普通は嫌な思いをしてまで美鈴に接触しようと
することなどなかったでしょうし。

歩「この問題が解けない…っ
(りぼん2010年5月号・P.93の4コマ目)
美鈴「…ココはこう」(りぼん2010年5月号・P.93の5コマ目)

 美鈴のほうから歩に近づいてくるとは。他の子との接触を絶って
いましたが、本当は仲良くできる友達が欲しかったのでしょう。
歩の優しさに触れたことが、心が変わるきっかけを与えてくれました。

○歩のけがを美鈴が応急手当

美鈴「…父が医者なの …でも血はつながってないけどね
(りぼん2010年5月号・P.95の3-4コマ目)

 消しゴムを見せることすら拒んでいた美鈴が自分の家庭の事情
まで話しをするとは。

歩「この子の世界に私はどれだけ踏み込んでいいのかな
(りぼん2010年5月号・P.95の5コマ目)

 たしかにこれはちょっと悩むな。あまり調子に乗ってあれこれ
聞き出そうとしたら逆ギレされる可能性があるし…せっかく心を
開いてきたのに何を理由にまた貝のように心を閉じてしまうか
分からないから怖い。

※歩の手を取って
美鈴「キレイだよ 大きくてキレイな手
(りぼん2010年5月号・P.96の1-3コマ目)

 後になって思えばこのあたりから美鈴の歩に対する視線は
友情を越えたものになっていったのかも。歩はこの段階では
事の重大さに気づいていませんでしたね。

○美鈴に放課後クレープをおごると約束をする歩

 美鈴も頷(うなず)いて応じていますが、もうすっかり友達同士に
なっちゃったな。他の友達はちょっと歩の行動に思うところがある
ようですが…

※歩が美鈴と仲良くしていることについて
嫌じゃないの?」(りぼん2010年5月号・P.98の1コマ目)

 完全に罰ゲーム扱いされてるのか…

「…あたしだったらヤダなー」「…ねぇ」「引き立て役とか
うんざりだし」
(りぼん2010年5月号・P.98の2コマ目)

 まぁそりゃ美鈴の校内での一般的な評価を考えればこういう声が
出てくるのも当然でしょう。
きれいな容姿の美鈴の引き立て役に
歩がなってるって周りの子は思っているんだなぁ。実際には歩の
ほうから積極的に積極的に美鈴のほうに近づいていったのですが。

歩「みんなも話してみない 美鈴は悪い子じゃないよ
(りぼん2010年5月号・P.98の4コマ目)

 これは本当のことなのですが、なかなか理解はされないだろうな。
なにしろ美鈴自身が自分に対する周囲の評価を変えよう
という気がないのですから。
話しかけても反応すらしないので
あれば正直厳しいな…

↓つづきはこちら
【ブルーフレンド】〔えばんふみさん新連載〕第一話(りぼん2010年5月号)感想 その3

|

2010年4月 7日 (水)

【ブルーフレンド】〔えばんふみさん新連載〕第一話(りぼん2010年5月号)感想 その1

【りぼん「これから読んでみたいお話」人気投票2010、3日開始】

 これからりぼんの中で読んでみたいお話は一体何でしょうか? 投票所の
選択の中にみなさまがこれから読んでみたいというお話があるようでしたら
ぜひご投票ください♪

↓投票はこちら
りぼん「これから読んでみたいお話」人気投票2010

 えばんふみさんの連載が始まりましたね。今回の作品は「友情よりも
恋よりも深い絆(きずな)の物語」だそうですが、一体どんな作品なの
でしょうか?

○栗原歩(くりはらあゆむ)と月島美鈴(つきしまみすず)の出会い

 栗原歩は中学2年生、女子ソフトボール部に所属とても活発で恋とは
無縁の生活をしてきた子のようです。一方月島美鈴はとてもキレイな子で
男子には人気があるようです。どう考えても何の接点もないこの二人
ですが、2年になり同じクラスとなり、席が隣同士になったことから
二人の運命は大きく変わることとなります。

男子生徒「ズリ~2組の奴ら!! 毎日あの人を眺め放題!!
男子生徒「あ"-っオレも2組になりて~
(りぼん2010年5月号・P.72の4コマ目)

 こんなことを言われるほど美鈴は人気があるのか。普通男子にこれだけ
人気があるのであれば、女子からもある程度支持を集めているはずなの
ですが、どうもそうではないようで…

歩「あのっ 私栗原歩っていうんだ! よろしく!
(りぼん2010年5月号・P.74の5コマ目)
美鈴「本読んでるの 静かにしてくれない?
(りぼん2010年5月号・P.75の3コマ目)

 仲良くする気ゼロwwwwwwwwwww 話しが全くかみ合っていない
どころか、そもそも話しすらしないとは。対面のあいさつすらしないとか
ちょっと性格的におかしいだろう。

あの子あんなんだから 女子らにハブられてんだよ 男どもは
顔につられすぎっ
」(りぼん2010年5月号・P.75の7コマ目)

 ハブられる以前の問題として、美鈴の側から接触を絶っているの
だから、考えようによっては「美鈴が他の女子をハブっている」と
言えなくもないな。

 ただでさえ学校って目立つことをやったら嫌がらせやをされたり
することがあるというのに、こんなことをやったらほぼ確実に
いじめられてしまいます。

 男子は別に美鈴に何かをされたという訳ではないのですから、他の
女子がどう美鈴を評価しているかなんていうことは気にしないでしょう。
顔が好みのタイプであれば自然と好きになるでしょうし。さすがに
恋人にするのであれば美鈴の性格も気になるかもしれませんが、遠くから
眺めるだけであれば別に性格なんてどうでもよい話でしょう。

 …ただ美鈴とグループが同じになって何か班行動をしなくちゃいけなくなった
時はちょっとやっかいな奴ですが(笑) どう考えても積極的に動くとは
思えないですし。

○美鈴を怒らせてしまった歩

 美鈴が持っていた消しゴムがかわいかったので、ちょっと手に
とって見ただけなのに、「返してよ!」と授業中に美鈴に怒鳴られて
しまった歩冗談が通じる相手ではないということがよく分かります。

 普通こんなことをされたらもう美鈴と絡むのはやめようと思うはず
ですが、歩の場合は違っていて、美鈴が男子生徒に盗撮をされた際には
盗撮をした男子を注意しましたし、女子の先輩に絡まれている時には
間に入って美鈴を救出しました。

美鈴に言いがかりをつけている先輩「人の男に色目使ってんじゃ
ねぇよ
」(りぼん2010年5月号・P.84の1コマ目)

 どう考えてもこれは逆恨みだろうwwwwwww 美鈴に文句を言うのは
筋違いだな。文句があるのなら彼氏に言えよ。こんな感じだと美鈴が
いなくても、結局他の女の子に手を出してしまいそうですし。

※美鈴を殴ろうとした先輩に対して
歩「あたし…体力勝負には負けない自信があります たとえ
女の先輩3人相手でも ケンカ やります?

(りぼん2010年5月号・P.85の2-3コマ目)

 あっさり退散した先輩、こんな目立つことをやってしまって
大丈夫かと心配したくなりますが、歩にさんざん嫌な思いをさせられた
のにどうしてこんなに助けてあげたいと思うんだろう?

 …もしかしたらこの時点で歩は美鈴に惹(ひ)かれていたのかもなぁ。
もちろん本人はまだ自覚していないでしょうが。

○美鈴と歩が話しをすることに

歩「ねぇ あんた男好きなの?
美鈴「ちがう!」(りぼん2010年5月号・P.86の1コマ目)

 歩のこの質問が美鈴に火をつけてしまうことに。

美鈴「男なんてキライ 視線とか ぜんぶ気持ち
悪い 寄ってくる奴らもみんな うっとうしい

(りぼん2010年5月号・P.86の3コマ目)

 一気にまくしたてた美鈴は貧血を起こしてしまい座り込んで
しまいました。男性が嫌いなようですが、どうして女性との接触も
絶っているんだろう???
 男子とだけは口をきかないっていうのならまだ
理解もできるのですが…

美鈴「…昔 イヤなことがあって… …ダメなの
(りぼん2010年5月号・P.88の2-3コマ目)

 何かがあったのは間違いないですが、これではやはり女子との
接触も経っている説明にはなりませんよね。

 もしかしたら女子と仲良くすると結局男子との接点が生まれてしまう
から(女子だけの世界なんて女子校でもない限り実現不可能)、確実に
男子との接点をなくすためにあえて女子との接触も絶っているのかな?

歩「…そっか 話さなきゃ気づけないことってたくさんあるね
(りぼん2010年5月号・P.89の1コマ目)

 こうやって美鈴の心の叫びを真剣に聞いてあげたのはおそらく
歩が初めてなんだろうなぁ。やはり腹を割って話さないと分からない
ことは多いですよね。

 歩が飲んでいたペットボトルのお茶を最初は飲むことを
拒否していた美鈴は、歩がいなくなった後に飲みましたが
美鈴が歩に心を開いた瞬間はこの時なのかもしれませんね。
人間誰しも自分のことを理解してくれる人が現れるのは
とてもうれしいことですし。

↓つづきはこちら
【ブルーフレンド】〔えばんふみさん新連載〕第一話(りぼん2010年5月号)感想 その2

|

その他のカテゴリー

31☆アイドリーム(メロディ連載) | Cookie総合 | CRASH! | HIGH SCORE | MOMO | P×P(ピーバイピー) | REC-君が泣いた日- | zen zen (Cookie連載) | あかり&まり子のどうでもいい話 | いちごオムレツ | だって好きなんだもん | つばさとホタル | つばめのすぅ | ひよ恋 | ぷちパレード!! | まじかるwebからのお知らせ | まりもの花 | ややプリ | りぼん「MOMO」聖地巡礼 | りぼん「聖地巡礼」 | りぼんイベント | りぼん本誌、読みきり・短期連載作品 | りぼん本誌総合 | アニマル横町(原作) | アニメ・コミック | アリスから魔法 | イベント総合 | イン ザ チョコレート | イ・オ・ン | キルミンずぅ | コスモ日誌 | コミックマーケット | シュガー*ソルジャー | スターダスト★ウインク | スポーツ | チョコミミ | チョコレートコスモス | ドリーム メディシン | ハローキティピース!! | バドガール | パーフェクト・ローズ | ブランデージの魔法の城 | ブルーフレンド | マジョカル★マジョカル | モバイルガールめもり・電脳少女めもり | ロッキン★ヘブン | ロマンチカクロック | ローゼンメイデン dolls talk | 勝利の悪魔 | 君は坂道の途中で | 夢色パティシエール(アニメの感想) | 夢色パティシエール(原作1巻のまとめ) | 夢色パティシエール(原作2巻のまとめ) | 夢色パティシエール(原作の感想) | 夢色パティシエール(情報) | 夢色パティシエール(番外編の感想) | 姫ちゃんのリボン(原作) | 姫ちゃんのリボンカラフル(まとめ) | 姫ちゃんのリボンカラフル(情報) | 姫ちゃんのリボンカラフル(感想) | 昔のりぼん | 春田ななさん総合 | 株式会社ラブコットン | 桜姫華伝 | 水沢めぐみさん単行本「5月のお茶会」 | 満月をさがして | 猫と私の金曜日(マーガレット連載) | 種村有菜さん関係総合 | 絶叫学級 | 絶対覚醒天使ミストレス★フォーチュン | 花めぐりあわせ | 講談社ARIA総合 | 赤ずきんチャチャ(アニメ) | 赤ずきんチャチャ(原作・単行本1巻から4巻) | 赤ずきんチャチャ(原作・単行本5巻から8巻) | 赤ずきんチャチャ(総合) | 赤ずきんチャチャN | 魔女とハツコイ。