ドリーム メディシン

2011年6月22日 (水)

【ドリーム メディシン】〔椎名あゆみさん〕(りぼんマスコットコミックス)第1話の感想 その5

【「ドリームメディシン」の感想】←今までのまとめはこちら

【ドリーム メディシン】〔椎名あゆみさん〕(りぼんマスコットコミックス)第1話の感想 その4
↑のつづき

○逆ギレする隆介

※野村の存在を忘れた世界で再び野村を好きになった件について
隆介「こっぴどく振られた 同じ人に同じように恋をして
(りぼんマスコットコミックス・P.34の3コマ目)

 でも一旦関係も記憶もリセットして願いが叶った状態の世界に入ったのに
また野村のことを好きになり、野村も隆介のことが好きになったのですから
本当に二人はお互いのことが好きなんだな。ただ単にその場の勢いで
遊んでしまったとかいうのではなかったのでしょう。

 また傷ついてしまったので隆介はつらいとは思いますが、少なくとも
野村への愛は本物だということはこれで分かりました。


隆介「また同じようにこっぴどく振られようとしているボクは
キミたちにとってさぞや滑稽(こっけい)おもしろかったこと
でしょうねぇ
」(りぼんマスコットコミックス・P.34の3-4コマ目)

 すっかりすねちゃったな…まだ夢の世界では振られてはいないのだから
ここで頑張ろうと思っても良さそうなものですが、この後明らかになる事情を
考えると結局振られてしまうんだよな。


※まゆらに対して
隆介「だいたい あの夢の世界おかしいだろ 忘れたいって
願ったんだから 存在消くらいしとかないと

(りぼんマスコットコミックス・P.34の5コマ目)

 言われてみればそうだなwwwwwww 存在を忘れたいっていうのが
願いなんだから、ちゃんと野村がいない状態の学校生活をにしてあげないと
結局思い出しちゃうじゃん。不思議な力を使うんだからそのくらいできる
だろうに。

 もっともまゆらにしてみれば、そこまで徹底的に野村のことを
忘れたいのであれば「野村がいない学校に通いたい」と
願ってくればよかったのにと言いたいところでしょうが。

 隆介が夢の世界でもう一度野村に恋をするっていうのは計算外
だったのか? それとも何か別の考えがあったのか?

隆介「あんな状況じゃ 余計気になって …また…好きに
なっちゃうだろ…
」(りぼんマスコットコミックス・P.35の1コマ目)

 もうこれで野村への想いが強くなったから、最初につきあっていた時より
さらに愛が深くなっただろうから、これから先本当につらいことになりそう。
いっそのこと不思議な薬なんか飲まないほうがよかったとか思うように
なるかもしれないな。

隆介「もし 両方の扉拒否したらどうなんの?
まゆら「この空間から出られなくなるわ それでいいというのなら
お好きなように
」(りぼんマスコットコミックス・P.35の3コマ目)

 もともと薬を飲む前は自暴自棄になって街を歩いているところを何物かに
殴られたりしたのですが、自暴自棄になってる場所が変わるだけなのかも。

 …いや、むしろ野村が存在していないこの謎の空間のほうが
隆介にとっては心がやすらぐという可能性があるかも。
正直どちらの
世界を選んだとしても野村ともうつきあえないという現実と向き合って
生きていかなくてはいけないのですから。


○真実と向かい合う隆介

隆介「ひとつだけ知りたい 『幸せ』だって言ったんだ現実でも
夢の世界でも その言葉がホントだったのか嘘だった
のか……
」(りぼんマスコットコミックス・P.37の1コマ目)

 あの幸せそうな野村の表情を見るととても嘘をついて適当に隆介の
話に合わせていただけとは思えないんだよな。少なくとも甘い雰囲気だった
頃は青木の隆介に対する愛は本物だったはずです。

 つまり青木に突然何かが起こったと考えるのが自然でしょう。

隆介「それがわかれば ケジメつけられる気がする
(りぼんマスコットコミックス・P.37の2コマ目)

 青木への想いを抱えたまま、これから先ずっと生き続けても隆介にとって
良いことなんて何もないでしょう。ここまでつらい思いをしたのであれば
真実を知ったほうがいいでしょうね。

まゆら「現実の扉をもう一度くぐってごらんなさい 彼女に会って
自分の目で確かめてきなさい

(りぼんマスコットコミックス・P.37の3コマ目)

 ここであれこれ考えたところで状況が変わるわけでもないですしね。
現実の世界に行ったほうがいいよ。一人であれこれ考えている時って
ロクなこと考えないから、つらいだけです。

 一度現実世界に戻った隆介は自分が入院している病室の前で
祈りをささげている青木の姿を目撃します。青木の指にはかつて
隆介が買ってあげたおもちゃの指輪が…って現実の世界でも
あの指輪買ってあげていたのか。本当に夢の世界で繰り広げられた
甘いひとときは現実世界と同じだったんだな。

○現実の扉を選ぶことにした隆介

隆介「現実にもどるよ」(りぼんマスコットコミックス・P.42の3コマ目)

 うん、それがいいと思う。だってどちらの世界にいたとしても野村との
恋で悩むのであれば、本物の野村が存在している世界にいたほうが
ずっといいですし。

隆介「俺が死んだらあいつ……罪の意識を感じながら生きて
いくことになるかもしれない そんな思いは 絶対させたくない

(りぼんマスコットコミックス・P.43の1コマ目)

 隆介が夢の扉を選んだら現実世界の隆介は死んでしまうからな。
一方的に別れ話を切り出されたのに、好きという気持ちは全く変わる
ことはないのか。復讐(ふくしゅう)してやるとかいう気持ちは全くないの
でしょう。

 本当に好きな人だからこそ、相手につらい思いはさせたくないのですね。

 ちなみにこの世界の住人のまゆらには大切な人はいないのか?と
思った隆介はそのことについて聞いてみたのですが…

まゆら「子供の頃から一緒で 口が悪くてちっとも優しくなんか
ない奴 だけど 私を1人にしないと約束してくれた 一生
私の側にいるって…
」(りぼんマスコットコミックス・P.45の3-4コマ目)

 まゆらにもごく普通の女の子の時期があったのか。最初からこの世界の
住民だったという訳ではないようです。今は死神の国にいるのか…


○隆介、現実の世界で野村と再会

※野村に対して
隆介「妹さんが訪ねてきてくれた…俺が追いかけてこないように
わざと傷つける嘘をついたことも 病気のことも …全部きいた…

(りぼんマスコットコミックス・P.48の2-3コマ目)

 野村が入院している病室にお見舞いにいった隆介。なるほど
病気になってしまったか隆介と交際を続けることができなくなったのか。
嘘をついたのは、隆介の年齢がまだ若いからっていうのも大きいだろうな。
隆介は大学で勉強をしていかなればいけない年齢なのに、もし自分の
病気のことを知ったら勉強に影響が出てしまのうのではないかとか
いろいろ考えたんだろうな。

悲しい嘘をつくほど相手のことを想っていたなんて、本当に野村は
隆介のことが大好きだったんだな。別れた後にどれほど精神的に
つらかったんだろう…病気の心配と隆介と別れた悲しみが同時に
襲ってくるのですから。

 妹がわざわざ隆介のところまで行ったということは、野村が
隆介のことをずっと愛し続けているというのを感じ取ったから
あわせてあげたいと思ったのかも。野村の性格からして、隆介に
会いたいと言って周りの人を困らせたとは思えませんし。

 …ただこうやって野村が逢いたいであろう人に連絡をとってあげる
ということは野村にとって厳しい結果が迫っているということが家族には
知らされているということなのかもしれませんが。

隆介「もう 教師と生徒じゃないんだよ ずっ側にいる 最期まで
ずっと……
」(りぼんマスコットコミックス・P.49の1-3コマ目)

 隆介はここで野村の側にいなかったら一生後悔するだろうから
これでいいと思う。もしこの行動のためにちょっと人生を遠回りする
ことになったとしても悔いなんて全く残らないでしょう。


まゆら「彼女の病巣は体中に巣くっていてもう助からない
自分の死期を知った彼女は 彼に嘘をついて 別れを告げた

(りぼんマスコットコミックス・P.51の1コマ目)

 隆介の年齢を考えて、あたらしい恋を見つけて欲しいと思ったり
したのかもな…フラれればいずれ他の人を好きになる機会も
生まれるでしょうし。

コンシー「酷だよ もう1個あげたら ドリームメディシン
(りぼんマスコットコミックス・P.51の2コマ目)

 今思ったんだけど…

 二人が「野村の病気が治って結婚した世界」
に行くよう願って薬を飲むというのは
ダメなのか???

 

|

2011年6月10日 (金)

【ドリーム メディシン】〔椎名あゆみさん〕(りぼんマスコットコミックス)第1話の感想 その4

【ドリーム メディシン】〔椎名あゆみさん〕(りぼんマスコットコミックス)第1話の感想 その3
↑のつづき

○現実世界で自分の願い事を確認することを決めた隆介

隆介「ああ…ちゃんと自分の願い事確認しないと不安なんだ…
(りぼんマスコットコミックス・P.30の2コマ目)

 そりゃ願い事をかなえるためにここに来たのに肝心の願い事が何で
あるのか分からないという状態が続いたら誰でも不安になるでしょう。
野村との恋が順調なのですから、本来なら不安になる要素は全く
ないはずなのですが、まゆらによると願い事はこの世界に来た時点で
すでにかなえられているのですから、野村との恋は隆介が願ったもの
ではないのです。

まゆら「無駄なことよ もう分かってるでしょ あなたの願いは
『忘れる』こと
」(りぼんマスコットコミックス・P.30の3-4コマ目)

 ある事を忘れたくてクスリを飲んでこの世界にやってきた隆介。
このお話の最初のほうを読み直してみると分かりますが、この世界に
やってきた時、隆介が忘れていたものは何か? そう「野村」の存在
だったのです。


隆介「いってくる」(りぼんマスコットコミックス・P.30の5コマ目)

 いくら無駄だと分かっていてもやはり自分の目と耳で事実を確認したい
ですよね。この世界で現実逃避を続けていたとしても心の奥底になんとも
言えないもやもやとした気持ちが残ってしまい、野村との恋を十分楽しめ
ないでしょう。

まゆら「ひとつ言っとくと現実世界に戻ってもあなたの実体は
ないのよ あなたの体は病院のベッドで眠ったまま

(りぼんマスコットコミックス・P.30の6コマ目)

 クスリを飲んで別の世界に行っている間は元々の世界から
実体がなくなるのか。まぁよくよく考えたら二つの世界に同時に
隆介が存在しても困るしな。

○隆介は現実世界で野村から別れ話を切り出されていた

野村「田舎に帰って結婚するの
(りぼんマスコットコミックス・P.32の1コマ目)
隆介「なんだよ それ意味わかんねぇよ ちゃんと説明して
(りぼんマスコットコミックス・P.32の2コマ目)

 なるほど、こんなやり取りがあったのか…そりゃ現実から逃げたくも
なるよな。結婚の約束までした人が突然別の男性と結婚をするために
別れるって言ってきたのですから。田舎に行くっていうことはもう会えなく
なるだろうし。

 現実世界で隆介と野村がどんな感じでつきあっていたのかは明らかに
されていないのですが、おそらく夢の扉の先の世界で体験したことと
同じような感じで甘い雰囲気だったんだろうな。

野村「子供の相手はもうしてられないの 恨んでくれて
いいから
」(りぼんマスコットコミックス・P.32の3コマ目)

別れ話を切り出されたこともショックだっただろうけど、こうやって
態度が急変したことのほうが精神的にきつかったかもな…


隆介「失うことがこんなに苦しいのなら もうこんな感情はいらない
もう 誰も好きにならない -どうか… 彼女の存在を俺の中から
消してー…
」(りぼんマスコットコミックス・P.33)

 こんな精神状態で街をふらついているうちに通行人とトラブルに
なって殴られた結果、倒れていたところにまゆらが来たのか。
もう自暴自棄になっていたんだな。それだけ野村のことを本気で
愛していたという証(あかし)なのでしょうけど。

 フラれてさっさと切り替えができる程度の恋ではなかった、本当に
真剣な交際だったということがこのことから分かります。

↓つづきはこちら
【ドリーム メディシン】〔椎名あゆみさん〕(りぼんマスコットコミックス)第1話の感想 その5

|

2011年4月24日 (日)

【ドリーム メディシン】〔椎名あゆみさん〕(りぼんマスコットコミックス)第1話の感想 その3

【ドリーム メディシン】〔椎名あゆみさん〕(りぼんマスコットコミックス)第1話の感想 その2
↑のつづき

○夢の扉をあけた瞬間にすでに願いは実現している

まゆら「夢の扉はあなたがクスリを飲んだときにした願い事を
叶えた世界であって 夢のような出来事がずっとずっと続く
世界ではないの
」(りぼんマスコットコミックス・P.26の6コマ目)

 なるほど、薬を飲む瞬間に願ったことは夢の扉を開けた瞬間に
すでに実現しているのか。
ということは、野村先生との恋というのは
別に願ったわけでもなく、ただ単にその世界で過ごしていたら恋を
してしまったというだけなのか。

 自分が何を願ったか覚えててないというのはなんとも奇妙な感じが
しますが、まさにこの「覚えていない」というのが青木の願いと深く関係
…というか願いそのものであるということがこの後分かります。


○その後も野村との恋を満喫する青木

 路上で売っていた指輪を野村がかわいいと言ったので
青木は買ってあげたのですが、たとえささやかでも何か
野村が喜ぶようなことをしてあげたいんだな。高校生だから
お金には限りがありますが、厳しい条件の中で出来る範囲の
ことをせいいっぱいしてくれて野村は本当に嬉しかっただろうな。

青木「最近 変装楽しんでない?
(りぼんマスコットコミックス・P.28の3コマ目)

もはや変装っていうよりただのおしゃれだろう。だって顔を隠して
いないのだから(笑) 一応帽子はかぶっているけど、生徒の
青木が隣にいたら学校の関係者ならすぐに分かるよな。

 野村は結構本気で青木のことを好きなのだと分かります。
保護者や学校の関係者にばれてしまうのではないかという
不安より、青木とのデートを楽しみたいという気持ちが強いの
ですから。

野村「妹がね 年下の彼氏ができたって言ったら
もっと若いカッコしろって
」「服かしてくれるの
(りぼんマスコットコミックス・P.28の3コマ目)

 なるほど、妹か服を貸してくれるから、若い格好をできたのか。
おそらく妹のほうが年齢的に青木に近いでしょうから、高校生の
男の子が好みの服装とか分かるかもな。


野村「どうせ似合わないですよー
青木「そんなこと思ってないよ かわいいよ
(りぼんマスコットコミックス・P.28の4コマ目)

 こう言って野村を抱きしめた青木、もう本当にラブラブだな。
りぼんの作品でここまで素直に甘い雰囲気を出してるキャラ達って
意外と珍しいぞ。

 しかし野村はどうしてここまで青木のことを好きになったんだろう?
まぁ人を好きになった理由をあれこれ考えるのは野暮というもの
なのかもしれませんが。


野村「ー私は教師失格ね
(りぼんマスコットコミックス・P.28の7コマ目)

 教師としては失格と周りの人に言われるかもしれませんが、
青木の彼女としては合格です。

野村「同い年で生まれたかったな そしたら こんなに
こそこそしたり 悩んだりしなくてよかったのに

(りぼんマスコットコミックス・P.29の1コマ目)

 いや、別に青木が高校を卒業するまで待てば何の問題もない。
さっさと結婚をしても経済的に問題ないから、むしろ同い年で
なくてよかったよ。
青木が大学に進学したとしても野村が生活費を
まかなえばいいのだし。

青木「もう少しだけがまんして 俺がちゃんと働いて稼げるように
なるまで そしたら誰にも文句言わせない

(りぼんマスコットコミックス・P.29の2コマ目)

 青木に甘えないでちゃんと自分も自立して野村との生活をしようと
考えているのか。本当に本気で野村のことを愛しているんだな。


野村「私は今でも十分幸せよ」(りぼんマスコットコミックス・P.29の3コマ目)

 なんだか見ているだけでこっちも幸せな気分になるほどうれしそうな
顔をしてるな~

↓つづきはこちら
【ドリーム メディシン】〔椎名あゆみさん〕(りぼんマスコットコミックス)第1話の感想 その4

|

2011年2月21日 (月)

【ドリーム メディシン】〔椎名あゆみさん〕(りぼんマスコットコミックス)第1話の感想 その2

【「ドリーム メディシン」の感想】←これまでのまとめはこちら

【ドリーム メディシン】〔椎名あゆみさん〕(りぼんマスコットコミックス)第1話の感想 その1
↑のつづき

○隆介(りゅうすけ)の願いは?

 とりあえず夢の扉を開けてみた隆介、しかし扉の先は隆介の部屋、
学校にいけばいつもの教室、友達の顔ぶれも変わらず。これのどこが
夢の世界なのかと隆介が思ってしまったのも無理はありません。
だって学校に通って友達と話すことなんて余程の人見知りの子でない限り
特別なことではないですし。

 ただ、いつもと同じように見える世界ですが、ちょっと一部の記憶が
欠落していました。

※担任の野村の顔を見て
隆介「覚えがない」(りぼんマスコットコミックス・P.17の3コマ目)

 これ夢の世界だって分かってるから焦らないけど、もし夢の世界に
いるっていう自覚がなかったら、周りが知ってる人を自分だけ知らない
なんていうことになったら、マジでパニック起こすだろう。最初のうちは
周りが結託して自分に対して嘘をついているとか思ったりした。
何か病気になってしまったのではないかと思う人もいるでしょうね。


隆介「人間1人だけの記憶がすっぽり抜け落ちるなんてこと
あるのか?
」(りぼんマスコットコミックス・P.17の3コマ目)

 お話を読み進めていくとどうして担任の野村の記憶
だけがなくなったのかその理由が分かる
のですが、この時点
ではどうしてこんなことになったのか分からないですよね。

隆介「あ そうか ここ夢の世界だっけ じゃ 俺の願い事に
なんか関係ある…
」(りぼんマスコットコミックス・P.17の4コマ目)

 なんとか頭を働かせて謎を解こうとしている隆介、この推理は
後で正しかったということが分かります。この状況は紛れもなく
隆介自身が望んだものが実現したものなのです。



隆介「……願い事? 俺の願い事ってなんだったっけ!?」
(りぼんマスコットコミックス・P.17の5-6コマ目)

 そもそも願い事っていうのは「私は~したい」「~が欲しい」「~に
なりたい」とかいう風に自分自身が頭の中に思っていることなのですから
忘れてしまった時点で本来はもう願い事ではなくなっているはずです。

 でも隆介の場合は上にも書かせていただいた通り、このこと
自体がまさに願い事なんです。


○夢の世界で学校生活を続ける隆介、野村に恋をする

※勉強熱心になった自分(隆介)をほめる担任の野村に対して
隆介「じゃあ がんばってるごほうびにデートして
野村「またそんな冗談…」(りぼんマスコットコミックス・P.20の3コマ目)

 こういう冗談を言う子は現実の世界でもいると思います。若い先生
だったらじっさい結構かわいい人もいるし。ただ本気で言ってる生徒は
それほど多くないでしょう。だってそんなことを言ったところで実現するのは
非常に難しいということは分かってますし。

野村「本気だけど」(りぼんマスコットコミックス・P.20の3コマ目)

 本気で野村のことを好きになってしまった隆介、あわててこの場から
立ち去ろうとした野村はドアに頭をぶつけてしまいますが、その際に
気持ちを抑えられなくなった隆介は野村にキス。一度は平手打ちを
して抵抗するも、野村も隆介に想いを寄せていたようで、あらためて
二人はキスをします。

 もう少しこの二人が恋に落ちるまでの過程を見たかったなぁ。この場面が
連載8回目あたりでやってきたら結構盛り上がっただろうに…

○夢の世界で両想いになった隆介と野村、デートをすることに

※外で堂々と野村と手をつなぐ隆介に対して
野村「だめだってば絶対ダメ! こんなとこ父兄に見られたら
絶対クビだから あたし

(りぼんマスコットコミックス・P.22の3-4コマ目)

 そもそもデートをしている時点でダメだろう。こんな心配を
するくらいなら最初から外で会うなよwwww


※あらかじめ用意した変装セットを野村に着用させて
隆介「大丈夫 先生そうやってると7つも上にはみえないから
野村「
年のことは言わないで!
(りぼんマスコットコミックス・P.23の3コマ目)

 そんなに年上だったのか。見た目結構若いしかわいいから、隆介が
好きになっちゃったのも分かる気がする。恋をする時に相手が何歳か
なんてあまり考えないでしょうし。まして隆介は相手が担任だろうが
なんだろうが好きな人なら突っ走るのですからなおさらです。

野村「あと…2人のとき 先生って呼ばないで
(りぼんマスコットコミックス・P.23の4-5コマ目)

 なんだかんだ言っても野村も隆介と恋人同士気分を味わいたいん
だな。デート中に「先生」とか言われたら興ざめだし。なんだか
仕事を思い出してしまい、十分楽しめないでしょう。

 どうして野村は隆介ことを好きになったんだろうなぁ。自分に
対して想いを正面がぶつけてくる隆介に心を動かされたのかな?


○一度、まゆらのところへ帰る隆介

まゆら「気に入らなければ 部屋も私の服も好きに変えていいわよ
(りぼんマスコットコミックス・P.24の3コマ目)

 夢空間に帰った隆介が、メルヘンな感じの部屋に不満を漏らしたから
こんなことを言い出したのですが、別に私はかわいくていいと思う
けどなぁ。

まゆら「ここは夢空間 あなたの想像したものが現実となって
あらわれるどうぞお気にめすまま

隆介「お気にめすまま……」(りぼんマスコットコミックス・P.24の4コマ目)

 で、まゆらを裸にしてしまった隆介。どんな夢空間だよwww


↓つづきはこちら
【ドリーム メディシン】〔椎名あゆみさん〕(りぼんマスコットコミックス)第1話の感想 その3

|

2011年1月14日 (金)

【ドリーム メディシン】〔椎名あゆみさん〕(りぼんマスコットコミックス)第1話の感想 その1

 椎名あゆみさんのりぼんマスコットコミックスが5年ぶりに発売されました。
「あなたとスキャンダル」や「ベイビィ★LOVE」でどきどきわくわくしたという
方も多いのではないでしょうか。

 今回刊行された「ドリーム メディシン」はりぼんの増刊号に掲載された
4本のお話が収録されています。増刊号に掲載されていたお話って
見逃すとなかなか読む機会がないですら、こうやって単行本という形で
再び脚光を浴びる機会が与えられるのはうれしいです。


○「すごい薬」

※けんかをして倒れている男性に向かって
まゆら「いいものあげるよ お兄さん
(りぼんマスコットコミックス・P.5の3コマ目)

 どう考えても怪しいグッズの勧誘にしか見えん。

 普通この手の人に近づこうとする人ってなかなかいないですよね。
もめごとに巻き込まれるのも嫌ですし。せいぜい遠くから119番をする
のがせいぜいっていうところでしょうか。逆恨みとかも怖いし。

まゆら「幸せになれるおクスリ 願い事しながら飲んでごらんよ
あなたの願いなんでも叶うから

(りぼんマスコットコミックス・P.5の4-5コマ目)

 誰だかわからない奴から意味不明な薬を飲むとか怖すぎる
だろうwwwwww 
飲んだところで、後ろのほうから怖い人たちに
囲まれて法外な料金を請求されたりしたらやっかいですし、そもそも
その薬を使うことが法律で禁止されているのであれば捕まって
しまいます。その薬なしで暮らせなくなったりしたら一生背負っていかなくては
ならなくなりますし。

 この状況で欲しいのはとりあえず怪我(けが)の薬だろう。

倒れていた高校生の隆介「どうせ やべークスリだろ…
ま 別にどうなったっていいんだけど

(りぼんマスコットコミックス・P.6の1-2コマ目)

 飲むのかよwwwww まぁもうこの人は自暴自棄になっていたから
クスリを飲んで、どのようなことが起こってもいいやって思ったのでしょう。
普通の精神状態だったらクスリを受け取ることすらしないだろうなぁ。
もっとも普通の精神状態の人にまゆらは薬を渡すことはないのでしょうが。

 隆介は願い事があってそれをかなえたいから薬を飲んだの
ではなく、もうどうでもいいと考えていたから深く考えずに薬を飲んだの
ですが、それが隆介の生活を大きく変えることになります。

○クスリを飲んだら謎の世界へ

 薬を飲んだら巨大な犬に見える神獣に乗った少女まゆらが登場。次々と想像すら
していなかったことを説明しだします。薬を渡したのはまゆらだったのか。

まゆら「これはあなたの願い事がかなった世界に通じる扉
あれはあなたが今までいた現実の世界に通じる扉

(りぼんマスコットコミックス・P.11の3-4コマ目)

 もうこんな話が出た時点で私だったら「あー 変な薬を飲んだら
ヤバいことになった」って後悔しまくりだよ(笑)
 どう考えても普通じゃない
世界が目の前に繰り広げられているのですから。

まゆら「あなたはここでどちらかを選択してもらいます どちらを
選ぶかはあなた次第
」(りぼんマスコットコミックス・P.11の5コマ目)

 現実が嫌になって破れかぶれになっている人が薬を飲んだので
あれば、願い事がかなった世界を選ぶことが多いでしょうね。現実世界は
もうさんざん嫌になるほど見ているのですが、願い事がかなった世界って
いうのはまだ見たことがないのですから。

まゆら「理解するのに時間がかかるかしら?
(りぼんマスコットコミックス・P.12の2コマ目)

 いやこんな話、信じる奴なんていたら逆にヤバいよ(笑)
悪徳商法にひっかかりそうです。

隆介「ばかばかしい ドアを開ければ自分のベッドの上で目が
覚めるっていうオチだろ?
」(りぼんマスコットコミックス・P.12の3コマ目)

 寝ている人が夢の中でこんな冷静な判断をしたら驚くわwwwww
夢を見ている時ってどうしてとんでもないようなことでも信じちゃうんだろう。

まゆら「信じないなら帰っていいわよ 『現実の扉』を選べば
そうなるよ
」(りぼんマスコットコミックス・P.12の4コマ目)

 もしかして、これまであちこちの作品の「夢オチ」はみんな話を信じなかった
キャラ達が「現実の扉」を開けた結果だったのか???

↓つづきはこちら
【ドリーム メディシン】〔椎名あゆみさん〕(りぼんマスコットコミックス)第1話の感想 その2

|

その他のカテゴリー

31☆アイドリーム(メロディ連載) | Cookie総合 | CRASH! | HIGH SCORE | MOMO | P×P(ピーバイピー) | REC-君が泣いた日- | zen zen (Cookie連載) | あかり&まり子のどうでもいい話 | いちごオムレツ | だって好きなんだもん | つばさとホタル | つばめのすぅ | ひよ恋 | ぷちパレード!! | まじかるwebからのお知らせ | まりもの花 | ややプリ | りぼん「MOMO」聖地巡礼 | りぼん「聖地巡礼」 | りぼんイベント | りぼん本誌、読みきり・短期連載作品 | りぼん本誌総合 | アニマル横町(原作) | アニメ・コミック | アリスから魔法 | イベント総合 | イン ザ チョコレート | イ・オ・ン | キルミンずぅ | コスモ日誌 | コミックマーケット | シュガー*ソルジャー | スターダスト★ウインク | スポーツ | チョコミミ | チョコレートコスモス | ドリーム メディシン | ハローキティピース!! | バドガール | パーフェクト・ローズ | ブランデージの魔法の城 | ブルーフレンド | マジョカル★マジョカル | モバイルガールめもり・電脳少女めもり | ロッキン★ヘブン | ロマンチカクロック | ローゼンメイデン dolls talk | 勝利の悪魔 | 君は坂道の途中で | 夢色パティシエール(アニメの感想) | 夢色パティシエール(原作1巻のまとめ) | 夢色パティシエール(原作2巻のまとめ) | 夢色パティシエール(原作の感想) | 夢色パティシエール(情報) | 夢色パティシエール(番外編の感想) | 姫ちゃんのリボン(原作) | 姫ちゃんのリボンカラフル(まとめ) | 姫ちゃんのリボンカラフル(情報) | 姫ちゃんのリボンカラフル(感想) | 昔のりぼん | 春田ななさん総合 | 株式会社ラブコットン | 桜姫華伝 | 水沢めぐみさん単行本「5月のお茶会」 | 満月をさがして | 猫と私の金曜日(マーガレット連載) | 種村有菜さん関係総合 | 絶叫学級 | 絶対覚醒天使ミストレス★フォーチュン | 花めぐりあわせ | 講談社ARIA総合 | 赤ずきんチャチャ(アニメ) | 赤ずきんチャチャ(原作・単行本1巻から4巻) | 赤ずきんチャチャ(原作・単行本5巻から8巻) | 赤ずきんチャチャ(総合) | 赤ずきんチャチャN | 魔女とハツコイ。