バディゴ!

2018年2月13日 (火)

【バディゴ!】〔黒崎みのりさん〕DANCE.42(りぼん2018年3月号) 感想 その1

チャチャとりぼん、ツイッター @chacha_ribon

バディゴ!が残り3回で終了すると扉絵で発表がありましたが、物語も
ついに終焉に向かうのか…アイとハヤテの関係が残り3回でどうなるか
ですよね。

次回で最終回とかなら、最後は物語が上手くまとまって、みんな
笑顔で終わるという展開の話を来月読めるのを期待できるのかも
しれませんが、まだ3回あるとなると次回を読むのが今から怖い(w
何しろ今回の話の最後の場面で愛が思い切った行動に出てますから。
相手は何をするか分からない人なので、愛の行動に対してどんな
ことをしてくるか読めません。

 愛が暴走とも思えるほど激しい行動に出たのは、バディーズを
大切に思っているという気持ちが現れたからなのでしょうけど
この行動がどちらに転ぶかだよな…

(つづく)

|

2018年1月22日 (月)

【バディゴ!】〔黒崎みのりさん〕DANCE.41(りぼん2018年2月号) 感想 その3

チャチャとりぼん、ツイッター @chacha_ribon

【バディゴ!】〔黒崎みのりさん〕DANCE.41(りぼん2018年2月号) 感想 その2
↑のつづき

 愛は周りの友達に恵まれていますよね。秘密を知っている人は
ごくわずかですが、みんなのおかげで何とか活動できてる感じです。
「きーちゃん」はアイの正体を知っている数少ない友人の一人ですが
きーちゃんのおかげで愛はどれだけ救われたことか。正体がバレる
心配をしないで話ができる人が近くにいるだけで気持ちは楽になると
思います。体の話はハヤテにはなかなかできないだろうし。

 リトル・スイーツの苺はアイのことが好きで、自分の気持ちを
伝えようとしていますが、全国にアイのことが大好きな女の子は
たくさんいるんだろうなぁ。その子達の気持ちを考えるとアイの
正体をバラしていいのか?と思わなくもないです。

 今回はバーベキューパーティーを開いていますが、肉が食べたく
なったではないかwww 夜に話を読んだからもう我慢するしか
ないです。

|

2018年1月17日 (水)

【バディゴ!】〔黒崎みのりさん〕DANCE.41(りぼん2018年2月号) 感想 その2

チャチャとりぼん、ツイッター @chacha_ribon

【バディゴ!】〔黒崎みのりさん〕DANCE.41(りぼん2018年2月号) 感想 その1
↑のつづき

 色々考えてみたけど、やはり愛が「アイ」の秘密を隠し続けることに
何の意味があるのだろうという気がしてくるよ… ハヤテが他のグループから
勧誘されたのも、結局アイと突然別々に活動することになった本当の理由が
公開されていないからだし。

「アイ」の正体を明かしたら色々言われると思うけど、このまま我慢し続けて
もあまり良いことはなさそうだけど、まぁ人間は理屈では動かないからなぁ。
今まで隠していたものを公開しろと言われても簡単に受け入れるわけはないです。

 アイが男性ではなく女性だということがバレたら、恋愛関係があるのでは
ないかとか言われそうだ。まぁ実際あるんですけど(w ハヤテの女性ファンが
どう動くか気になるところだ。幸い今のところ秘密がバレる気配は
ないですが。凛音も秘密をバラす気は全くないし。

↓つづきはこちら
【バディゴ!】〔黒崎みのりさん〕DANCE.41(りぼん2018年2月号) 感想 その3

|

2018年1月14日 (日)

【バディゴ!】〔黒崎みのりさん〕DANCE.41(りぼん2018年2月号) 感想 その1

チャチャとりぼん、ツイッター @chacha_ribon

 真冬に真夏の話を読むのも何だか面白い(w 夏の海を見て
気持ちだけでも暖かくなるのもいいかも。愛はリトル・スイーツ
のモモから海でバーベキューをやるから来るようにと誘われた
のですが、あくまでも誘われたのは「アイ」であって「愛」では
ないからなぁ。

 今はアイに変装するのも簡単だけど、成長に伴って体が変わって
いくのは止めようがないからなぁ。アイはいずれ大きな決断をする
しかなくなるのではないか!?

リトル・スイーツの苺はアイに告白するという決意を固めましたが、
アイの正体を知ったらどんな反応をするのだろう…アイは実際には
存在していない人物なのだし。

 愛がすべてのことを明らかにしてもモモはアイのことを愛せるの
だろうか?

↓つづきはこちら
【バディゴ!】〔黒崎みのりさん〕DANCE.41(りぼん2018年2月号) 感想 その2

|

2017年12月17日 (日)

【バディゴ!】ハヤテと染子の姉の価値観の違い(40話時点)

チャチャとりぼん、ツイッター @chacha_ribon

 40話でハヤテは無理やり染子の姉がプロデュースしている
ダンスユニット「VERTEX(バーテックス)」と舞台で共演させられ
ましたが、やりとりを見ているとハヤテは単に美しいダンスを
見せられればそれでいいと考えているわけではないですね。

別に染子の姉の考えが間違っているというわけではなく、ハヤテと
染子とでは価値観が違うのでしょう。染子の姉に指導されたほうが
伸びるタイプの子もいると思います。ハヤテみたいにこれまでずっと
アイとコンビを組んできた子は上から押し付けられても反発するだけ
なので上手くいかないでしょうけど。

染子の姉は結構思いこみが激しいタイプにも見えるから、一緒に
いたらイライラすることも多そうだな(w 結果さえ出ればどんなこと
でも我慢できる子なら耐えられるだろうけど。

|

2017年12月12日 (火)

【バディゴ!】〔黒崎みのりさん〕DANCE.40(りぼん2018年1月号) 感想 その2

チャチャとりぼん、ツイッター @chacha_ribon

【バディゴ!】〔黒崎みのりさん〕DANCE.40(りぼん2018年1月号) 感想 その1
↑のつづき

 愛に凛音が目をつけたように、ハヤテも染子の姉に目をつけられ
ましたが、それだけ2人のダンスの技術は高いということなのでしょう。
そのこと自体は大変すばらしいことだと思うのですが、2人にしてみれば
たまったものではないですよね。

凛音はきーちゃんに撮影とスタイリングを頼んで色々なキャラで踊って
いるようですが、有能だなwww 愛と凛音ってやっぱり一度組んでも
いいのではないか? 凛音と組んだからとしてもハヤテと別れないといけない
という決まりはないのだし。

 VERTEX(バーテックス)とハヤテが組むかはまだ分かりませんが、ハヤテと
コラボしたダンス自体はとてもレベルが高いものだったようなので、無理やり
グループに入れられるという点を除けば、話が来たこと自体はおかしく
なさそうだ。

|

2017年12月10日 (日)

【バディゴ!】〔黒崎みのりさん〕DANCE.40(りぼん2018年1月号) 感想 その1

チャチャとりぼん、ツイッター @chacha_ribon

 前回現れた染子の姉のおかげで、ハヤテはこれから振り回され
そうな感じですが、相手の話を聞くタイプではなさそうなのでやっかい
ですよね。

 今回ハヤテと愛、凛音が参加したダンスコンテストは染子の姉が
ハヤテを自分がプロデュースしているダンスユニットに引き入れる
ために開催したのですが、わざわざこんな大会を開いてまでハヤテを
仲間にしたいなんて、本当に実力を認めたんだな。ただこんな絵に描いた
ような出来レースに付き合わされた人たちはたまったものではないですが。

 これ採点はあくまでも観客がすることになっていたけど、投票は
観客がスマホを使って投票する形式だから、実際の得票数に関係なく
ハヤテを勝たせるのは簡単なんだよな…まぁハヤテが上位にいけるのは
間違いないから、本来なら1位でなかったとしても誰も結果を疑う
ことはないでしょうけど。

 投票結果の生の数字はどうなっていたのかな?

↓つづきはこちら

【バディゴ!】〔黒崎みのりさん〕DANCE.40(りぼん2018年1月号) 感想 その2

|

2017年11月27日 (月)

【バディゴ!】〔黒崎みのりさん〕DANCE.39(りぼん2017年12月号) 感想 その2

チャチャとりぼん、ツイッター @chacha_ribon

【バディゴ!】〔黒崎みのりさん〕DANCE.39(りぼん2017年12月号) 感想 その1
↑のつづき

 愛は初めて本来の姿で舞台に立ったのですが、ダンスをしているうちに
成長していった感じですね。もっとも今までずっとハヤテと一緒に男の姿で
ダンスをしていたのですから、女の姿になったからと言ってもゼロからの
スタートいうわけではないですよね。今まで経験してきたことを生かして
上手く踊った感じです。

 ハヤテもダンスにより一層磨きがかかってますから、今回アイとハヤテが
別々に大会に出たのは無駄ではなかったと思います。この後再びコンビを
組んだとしても、このまま別々に活動を続けたとしても今回の経験は必ず
ダンスに生かされることでしょう。

 今回は「VERTEX」がダンスを踊っているところが描かれていましたが
ハヤテと性格が合わないような気がしないでもない。

|

2017年11月25日 (土)

【バディゴ!】〔黒崎みのりさん〕DANCE.39(りぼん2017年12月号) 感想 その1

チャチャとりぼん、ツイッター @chacha_ribon

前回の最後で思わぬ展開になりましたが、ハヤテの相棒がいなくなったら
途端に他のグループが近づいてくるとは。まぁそれだけハヤテの能力は
高いということなのでしょう。まさか「アイ」が「愛」として同じ大会に
出ているとは想像すらしていないだろうな(w

しかしハヤテを自分がプロデュースしている「VERTEX」に加入させたがって
いるのは染子さんの姉だったとはwww 話を聞かない性格のようですが、電話の
やりとりを見ているだけで分かるな。これは周りがいくら言っても聞かない
タイプですわ。

 しかしいくら周りが何を言おうが、ハヤテにその気がなければどうにも
ならないのですが。当然愛もハヤテ引き抜きの話を聞いたら黙っている
訳ないし。

 

↓つづきはこちら
【バディゴ!】〔黒崎みのりさん〕DANCE.39(りぼん2017年12月号) 感想 その2

|

2017年11月23日 (木)

【バディゴ!】〔黒崎みのりさん〕DANCE.38(りぼん2017年11月号) 感想 その4

チャチャとりぼん、ツイッター @chacha_ribon

【バディゴ!】〔黒崎みのりさん〕DANCE.38(りぼん2017年11月号) 感想 その3
↑のつづき

 愛は「アイ」の姿ではなく、愛として舞台に立ちましたが、事情を知らない人
からすれば、突然ダンスが得意な新人が現れたのですから、どこかの
事務所から誘われたりするかもしれませんね。観客を魅了(みりょう)して
いたから、ダンス関係者が目をつけてもおかしくないですし。

愛はハヤテと再び一緒に舞台に立ちたいという思いがあるから、安易に
誰かの誘いに乗るとは考えにくいけど、何があるか分からないのが世の中
だからなぁ。今回は本来の姿で舞台に立ったのですが、男の姿でなく、
女の姿で踊ることの楽しさに気づいたので、あまり難しいことは考えないで
「愛」として踊る日もあれば、「アイ」として踊る日もあるということで
いいような気もします。

 ただ「愛」と「アイ」の使い分けをずっとやっていたら、どこかで
正体がバレてしまう恐れがあるから、基本的には危険な行為ですが。

|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

31☆アイドリーム(メロディ連載) | Cookie総合 | CRASH! | HIGH SCORE | MOMO | P×P(ピーバイピー) | REC-君が泣いた日- | zen zen (Cookie連載) | あかり&まり子のどうでもいい話 | いちごオムレツ | きらめきのライオンボーイ | だって好きなんだもん | つばさとホタル | つばめのすぅ | ひよ恋 | ぷちパレード!! | まじかるwebからのお知らせ | まりもの花 | めだかの学校2限目! | ややプリ | りぼん「MOMO」聖地巡礼 | りぼん「聖地巡礼」 | りぼんイベント | りぼん本誌、読みきり・短期連載作品 | りぼん本誌総合 | りぼん雑談 | アニマル横町(原作) | アニメ・コミック | アリスから魔法 | イベント総合 | イン ザ チョコレート | イ・オ・ン | キミとだけは恋に堕ちない | キルミンずぅ | コスモ日誌 | コミックマーケット | シュガー*ソルジャー | スターダスト★ウインク | スポーツ | チョコミミ | チョコレートコスモス | ドリーム メディシン | ハニーレモンソーダ | ハローキティピース!! | バディゴ! | バドガール | パーフェクト・ローズ | ブランデージの魔法の城 | ブルーフレンド | プリモ・プリーマ! | マジョカル★マジョカル | ママレード・ボーイ | モバイルガールめもり・電脳少女めもり | ロッキン★ヘブン | ロマンチカクロック | ローゼンメイデン dolls talk | 僕の家においで | 勝利の悪魔 | 君は坂道の途中で | 吹彩 -SUISAI- | 夢色パティシエール(アニメの感想) | 夢色パティシエール(原作1巻のまとめ) | 夢色パティシエール(原作2巻のまとめ) | 夢色パティシエール(原作の感想) | 夢色パティシエール(情報) | 夢色パティシエール(番外編の感想) | 姫ちゃんのリボン(原作) | 姫ちゃんのリボンカラフル(まとめ) | 姫ちゃんのリボンカラフル(情報) | 姫ちゃんのリボンカラフル(感想) | 昔のりぼん | 春田ななさん総合 | 株式会社ラブコットン | 桜姫華伝 | 水沢めぐみさん単行本「5月のお茶会」 | 満月をさがして | 猫と私の金曜日(マーガレット連載) | 猫田のことが気になって仕方ない。 | 種村有菜さん関係総合 | 絶叫学級 | 絶対覚醒天使ミストレス★フォーチュン | 群青リフレクション | 花めぐりあわせ | 講談社ARIA総合 | 赤ずきんチャチャ(アニメ) | 赤ずきんチャチャ(原作・単行本1巻から4巻) | 赤ずきんチャチャ(原作・単行本5巻から8巻) | 赤ずきんチャチャ(総合) | 赤ずきんチャチャN | 陽だまりの月 | 魔女とハツコイ。