陽だまりの月

2018年2月23日 (金)

【陽だまりの月】〔雪丸もえさん〕 light7 (2018年3月号) その3

チャチャとりぼん、ツイッター @chacha_ribon

【陽だまりの月】〔雪丸もえさん〕 light7 (2018年3月号) その2
↑のつづき

最終回が掲載されるりぼん4月号の発売が迫ってきましたが、今回の
最後のシーンで弦が陽菜に対して言った言葉が意味深ですよね。普通に
考えたらとても良いほうには取れないけど、深く考えると色々な解釈も
できます。

 話の流れからして弦がどんなことを言っていたとしても、陽菜は
あまり心配する必要がないようが気がするのですが、まぁさすがに
無理か(w ただ陽菜の父と母は事情を全く知らないから動揺するのも
仕方ない。陽菜のことを考えたら今回の弦の行動はやむを得ない
のではないかと

 こうでもしないと陽菜の立場は悪くなる一方だっただろうし。
理不尽だけど、身を守るために他に手段があるのかというと思いつかない。

 陽菜の性格を考えるとこのまま黙っているとは考えにくいので
最終回にどう動くのか注目ですね。

【「ひよ恋」の感想】←今までのまとめはこちら
【えそらごと。】〔雪丸もえさん〕(りぼん2015年3月号)感想 その1
「りぼん春のサイン会ツアー2011」(第1弾新宿・雪丸もえさん、津山ちなみさん)に参加してきた感想 

|

2018年2月 8日 (木)

【陽だまりの月】〔雪丸もえさん〕 light7 (2018年3月号) その2

チャチャとりぼん、ツイッター @chacha_ribon

【陽だまりの月】〔雪丸もえさん〕 light7 (2018年3月号) その1
↑のつづき

陽菜と玄の関係について、ネット上や校内であれこれ言われてしまって
いる陽菜ですが、こういう時は下手にこそこそするとかえって怪しまれる
から堂々としていたほうがいいと思う。

  まぁ陽菜自身もあまり危機感を持っていないので、うわさ話が
校内に広まった後も平気で玄に話しかけようとしていますが、まぁ
このくらいの性格でないと人気まんが家の玄の家族なんてやって
いけないと思う。

 もし東堂が相手の弱みにつけこむタイプだったら、陽菜と玄の
関係を疑う噂話が流れたらそれを利用して自分と陽菜がつきあう
ように仕向けたりするのかもしれないけど、東堂も自ら認める
ほどお人よしな性格で助かりましたね。

↓つづきはこちら
【陽だまりの月】〔雪丸もえさん〕 light7 (2018年3月号) その3

【「ひよ恋」の感想】←今までのまとめはこちら
【えそらごと。】〔雪丸もえさん〕(りぼん2015年3月号)感想 その1
「りぼん春のサイン会ツアー2011」(第1弾新宿・雪丸もえさん、津山ちなみさん)に参加してきた感想 

|

2018年2月 6日 (火)

【陽だまりの月】〔雪丸もえさん〕 light7 (2018年3月号) その1

チャチャとりぼん、ツイッター @chacha_ribon

扉絵に次号で最終回とのお知らせがありました。昨日も書かせて
いただきましたが、本当に突然連載が終わってしまう感じです。前回
までは終わるような雰囲気ではなかったので、びっくりしました。

 今回は冒頭でいきなり陽菜と東堂が二人でいるところに玄がやって
きて鉢合わせになりましたが、たまたま玄に電話がかかってきたおかげで
玄は東堂の告白に対して陽菜が何と答えたのか直接聞くことはなかったのか。
普通はこの告白が一番の大事件になりそうですが、今回の話は玄に
かかってきた電話のほうが大きな出来事でしたね。

 陽菜と玄は義理とは言え姉と弟の関係なのですから、玄のマンションに
陽菜が出入りしても何ら問題はないはずなのですが、玄は有名人なので
そういう理屈は全く通じないようです。学校の中で自分のことについて
あれこれ言ってる声が聞こえてくるとか結構きついな。

↓つづきはこちら

【陽だまりの月】〔雪丸もえさん〕 light7 (2018年3月号) その2

【「ひよ恋」の感想】←今までのまとめはこちら
【えそらごと。】〔雪丸もえさん〕(りぼん2015年3月号)感想 その1
「りぼん春のサイン会ツアー2011」(第1弾新宿・雪丸もえさん、津山ちなみさん)に参加してきた感想 

|

2018年2月 5日 (月)

「陽だまりの月」がりぼん2018年4月号で最終回

チャチャとりぼん、ツイッター @chacha_ribon

 雪丸もえさんの「陽だまりの月」が来月号(りぼん2018年4月号)で
最終回を迎えると発表されましたが、突然の知らせにびっくりしました。
元々どのくらいの連載期間を想定していたのか明らかにされていませんが
それにしてもちょっと唐突(とうとつ)な印象を受けます。

 陽菜と玄の家族としての生活は始まったばかりですから、この二人の
関係がどう変わっていくのかじっくり見てみたかったなぁ。まだ出会った
ばかりなので、ようやく打ち解けてきたあたりで物語が終わってしまう。

 玄の今回の行動についてはまた今度感想を書かせていただきますが、
セリフを読む限りでは、他に選択肢はなかったと思われます。今回
大きな動きがなかったとしても、いずれこうなるのは避けられなかった
だろうな。

 連載が終わってしまうのは残念ですが、最終回がどうなるのかしっかり
見たいと思います。


【「ひよ恋」の感想】←今までのまとめはこちら
【えそらごと。】〔雪丸もえさん〕(りぼん2015年3月号)感想 その1
「りぼん春のサイン会ツアー2011」(第1弾新宿・雪丸もえさん、津山ちなみさん)に参加してきた感想 

|

2018年1月25日 (木)

【陽だまりの月】〔雪丸もえさん〕 light6 (2018年2月号) その4

チャチャとりぼん、ツイッター @chacha_ribon

【陽だまりの月】〔雪丸もえさん〕 light6 (2018年2月号) その3
↑のつづき

陽菜は恋愛関係は鈍感で、自分に好意を寄せている男の子が
いるということに気づいていませんでしたが、もし弦と出会う前に
そのことを知ったらどう動いたのだろう? 東堂はかなりまぬけ
だから、仮に弦がいなかったとしても両想いになれた保証はありませんが。
一度デートをした時だって陽菜は恋愛感情を抱いていなかったし。

 今月東堂がとった行動が次回以降の展開にどう影響するか気になる
ところですが、陽菜は自分の気持ちを封じ込めようということしか
考えていないから、このままだとストレスが溜まりそうだよなぁ。

 陽菜がやっかいな状況に置かれているのは間違いないので、色々
考えても良い答えなど見つからないでしょう。難しいことは考えないで
自然にまかせるのが一番いいのかも。悩んでいることがあったら一人で
抱えないで誰かに話せばいいと思う。ただ陽菜の場合、環境が特殊なので
気軽に相談できる相手は弦だけかもしれませんがwww

【「ひよ恋」の感想】←今までのまとめはこちら
【えそらごと。】〔雪丸もえさん〕(りぼん2015年3月号)感想 その1
「りぼん春のサイン会ツアー2011」(第1弾新宿・雪丸もえさん、津山ちなみさん)に参加してきた感想

|

2018年1月23日 (火)

【陽だまりの月】〔雪丸もえさん〕 light6 (2018年2月号) その3

チャチャとりぼん、ツイッター @chacha_ribon

【陽だまりの月】〔雪丸もえさん〕 light6 (2018年2月号) その2
↑のつづき

 陽菜が弦と仲良くしていることについて周りの人は色々言ってるけど
両親が再婚したことに伴って家族になったとは言え、義理の姉と弟が
仲良くしているのはおかしいというのも変な話だよなぁ。

 これまでの陽菜の行動を見る限りでは姉弟の関係を超えるような
ことはしていないから、何らやましいところはないですよね。まぁ
他の人にとっては結構ネタにしやすい状況ではありますが、実際には
ただ家事をこなしているだけだし(w

 陽菜は義理の弟の弦と距離が縮まったのだから顔に出てしまうのも
無理はないです。

 陽菜が弦のことを避けるようになったらそれこそ弦のことを意識
しているということの証明になるしなぁ、弦は人気作家だから
ネット上などであれこれ言われてしまうのは仕方ないですが、弦は
ともかく陽菜はごく普通の高校生だから、次回以降どんな反応を
するのか注目ですね。

↓つづきはこちら
【陽だまりの月】〔雪丸もえさん〕 light6 (2018年2月号) その4

【「ひよ恋」の感想】←今までのまとめはこちら
【えそらごと。】〔雪丸もえさん〕(りぼん2015年3月号)感想 その1
「りぼん春のサイン会ツアー2011」(第1弾新宿・雪丸もえさん、津山ちなみさん)に参加してきた感想 

|

2018年1月16日 (火)

【陽だまりの月】〔雪丸もえさん〕 light6 (2018年2月号) その2

チャチャとりぼん、ツイッター @chacha_ribon

【陽だまりの月】〔雪丸もえさん〕 light6 (2018年2月号) その1
↑のつづき

 弦ってまだまだ謎なことが多いですよね。家族になったばかりの
陽菜も知らないことがたくさんあると思いますが、弦の仕事関係の
つきあいとか全く分からないでしょう。

 弦は仕事漬けの生活だっただろうから、恋愛関係は疎いのかな?
原稿を描いている時以外は寝ているだろうし。弦がこれまで
誰かのことを想って悶々(もんもん)としている姿って正直想像
できないwww

まぁテレビアニメの2期が製作されるほど仕事のほうは順調だから
正直他のことを考える暇はないでしょうね。なので陽菜みたいに
積極的に近づいてきてくれる子はありがたい存在なのかも。今まで
誰かと仕事以外の会話をする機会ってほとんどなかっただろうし。

↓つづきはこちら
【陽だまりの月】〔雪丸もえさん〕 light6 (2018年2月号) その3

【「ひよ恋」の感想】←今までのまとめはこちら
【えそらごと。】〔雪丸もえさん〕(りぼん2015年3月号)感想 その1
「りぼん春のサイン会ツアー2011」(第1弾新宿・雪丸もえさん、津山ちなみさん)に参加してきた感想 

|

2018年1月 9日 (火)

【陽だまりの月】〔雪丸もえさん〕 light6 (2018年2月号) その1

チャチャとりぼん、ツイッター @chacha_ribon

  前回の最後の場面に謎の女性が雨宮家の玄関に立っていたから
誰かと思っていたら弦がお世話になってる編集さんだったとは。
なんだか不穏な感じだったので心配だったのですが、特に問題は
なかったのでよかった。

弦は仕事場として使っているマンションの部屋の鍵をかけないで
そのまま自宅に帰ったりしているのか。盗る物がないと弦は言って
いるけど、人気まんが家の弦が使っている仕事の道具などは、ファン
からすれば価値があるものだろうから、鍵はかけないとまずいよな。

 編集さんが女性ということでもやもやした気持ちになってる陽菜
ですが、こういう気持ちを持つのは仕方ないですよね。理屈では
割り切れないですし。

↓つづきはこちら
【陽だまりの月】〔雪丸もえさん〕 light6 (2018年2月号) その2

【「ひよ恋」の感想】←今までのまとめはこちら
【えそらごと。】〔雪丸もえさん〕(りぼん2015年3月号)感想 その1
「りぼん春のサイン会ツアー2011」(第1弾新宿・雪丸もえさん、津山ちなみさん)に参加してきた感想 

|

2017年12月 8日 (金)

【陽だまりの月】〔雪丸もえさん〕 light5 (2018年1月号) その3

チャチャとりぼん、ツイッター @chacha_ribon

【陽だまりの月】〔雪丸もえさん〕 light5 (2018年1月号) その2
↑のつづき

 弦は売れっ子のまんが家ですが、今のところ弦の生活が大きく変わった
ということは世間には知られていないようですね。同じ学校に通う
生徒は当然知っていますが、誰かがSNSに書き込んだりしているのだろうか?

まぁ特に自宅マンション前にファンが張り付いていて困っている場面も
ないので、情報を流されて困っているということはなさそうですが。
陽菜は家族なので、一緒に外を歩いていても問題はないか。

 しかし陽菜はすっかり家庭内で挙動不審になっちゃったな(w 美化委員でも
ないのに、美化委員の活動を口実に家を早く出たりしてるし。すぐバレる
嘘をなぜつくのか不明ですが、嘘がバレるとか考える余裕がないのでしょう。

【「ひよ恋」の感想】←今までのまとめはこちら
【えそらごと。】〔雪丸もえさん〕(りぼん2015年3月号)感想 その1
「りぼん春のサイン会ツアー2011」(第1弾新宿・雪丸もえさん、津山ちなみさん)に参加してきた感想

|

2017年12月 5日 (火)

【陽だまりの月】〔雪丸もえさん〕 light5 (2018年1月号) その2

チャチャとりぼん、ツイッター @chacha_ribon

【陽だまりの月】〔雪丸もえさん〕 light5 (2018年1月号) その1
↑のつづき

陽菜は自分の心の中に芽生えた感情をどうすればいいのか苦悩
していますが、自分の気持ちを正直に打ち明けてしまったら、今の
環境を壊してしまうのではないかと心配するのは分かるわー 動いて
上手くいけば最高だけど、もし失敗したらと思うと動きたくても動けない
ですよね。

 陽菜は今の生活自体に不満があるわけではないから、積極的に
動いて空気を変える必要は全くないので、わざわざ人間関係が
おかしくなるかもしれないという心配を抱えて動く必要はないでしょう。

 物語としては東堂がもっと積極的に動いて、陽菜に告白してくれるのが
一番面白そうなのですが(w 何か刺激がないとダメそうだし。

 この物語の中で一番考えすぎているのは陽菜かもなぁ、彩葉はもちろんの
こと、弦も今の暮らしを素直に楽しんでいる感じだし。もっと陽菜は
自分の気持ちに正直になったほうがいいのかも。

↓つづきはこちら

【陽だまりの月】〔雪丸もえさん〕 light5 (2018年1月号) その3

【「ひよ恋」の感想】←今までのまとめはこちら
【えそらごと。】〔雪丸もえさん〕(りぼん2015年3月号)感想 その1
「りぼん春のサイン会ツアー2011」(第1弾新宿・雪丸もえさん、津山ちなみさん)に参加してきた感想 

|

その他のカテゴリー

31☆アイドリーム(メロディ連載) | Cookie総合 | CRASH! | HIGH SCORE | MOMO | P×P(ピーバイピー) | REC-君が泣いた日- | zen zen (Cookie連載) | あかり&まり子のどうでもいい話 | いちごオムレツ | きらめきのライオンボーイ | だって好きなんだもん | つばさとホタル | つばめのすぅ | ひよ恋 | ぷちパレード!! | まじかるwebからのお知らせ | まりもの花 | めだかの学校2限目! | ややプリ | りぼん「MOMO」聖地巡礼 | りぼん「聖地巡礼」 | りぼんイベント | りぼん本誌、読みきり・短期連載作品 | りぼん本誌総合 | りぼん雑談 | アニマル横町(原作) | アニメ・コミック | アリスから魔法 | イベント総合 | イン ザ チョコレート | イ・オ・ン | キミとだけは恋に堕ちない | キルミンずぅ | コスモ日誌 | コミックマーケット | シュガー*ソルジャー | スターダスト★ウインク | スポーツ | チョコミミ | チョコレートコスモス | ドリーム メディシン | ハニーレモンソーダ | ハローキティピース!! | バディゴ! | バドガール | パーフェクト・ローズ | ブランデージの魔法の城 | ブルーフレンド | プリモ・プリーマ! | マジョカル★マジョカル | ママレード・ボーイ | モバイルガールめもり・電脳少女めもり | ロッキン★ヘブン | ロマンチカクロック | ローゼンメイデン dolls talk | 僕の家においで | 勝利の悪魔 | 君は坂道の途中で | 吹彩 -SUISAI- | 夢色パティシエール(アニメの感想) | 夢色パティシエール(原作1巻のまとめ) | 夢色パティシエール(原作2巻のまとめ) | 夢色パティシエール(原作の感想) | 夢色パティシエール(情報) | 夢色パティシエール(番外編の感想) | 姫ちゃんのリボン(原作) | 姫ちゃんのリボンカラフル(まとめ) | 姫ちゃんのリボンカラフル(情報) | 姫ちゃんのリボンカラフル(感想) | 昔のりぼん | 春田ななさん総合 | 株式会社ラブコットン | 桜姫華伝 | 水沢めぐみさん単行本「5月のお茶会」 | 満月をさがして | 猫と私の金曜日(マーガレット連載) | 猫田のことが気になって仕方ない。 | 種村有菜さん関係総合 | 絶叫学級 | 絶対覚醒天使ミストレス★フォーチュン | 群青リフレクション | 花めぐりあわせ | 講談社ARIA総合 | 赤ずきんチャチャ(アニメ) | 赤ずきんチャチャ(原作・単行本1巻から4巻) | 赤ずきんチャチャ(原作・単行本5巻から8巻) | 赤ずきんチャチャ(総合) | 赤ずきんチャチャN | 陽だまりの月 | 魔女とハツコイ。