陽だまりの月

2017年10月 4日 (水)

【陽だまりの月】〔雪丸もえさん〕 light3 (2017年11月号) その1

チャチャとりぼん、ツイッター @chacha_ribon

旅行先から帰路についた雨宮家ですが、彩葉(いろは)以外の人がみんな
ぐったりしているではないか(w 両親は陽菜と弦が同じ部屋で寝たので
色々気になっていたし、陽菜は妙に弦を意識してしまったのですが、陽菜と
弦が寝た部屋には彩葉もいたのだから、明らかにみんな気にしすぎ
ですわwwwwwww 前にも書いたけど、そもそも同居しているのに何を今さら
気にしているのかと。

まぁとにかく旅行を通じて陽菜と弦が自然に話しができるようになったのは
大きいよなぁ。陽菜は弦と家族になるということはどういうことなのかを
はっきり認識できたし。日常生活では分からないことが色々見えてきましたね。

 弦はまんが家ですが、どこで仕事をするのか?と思ったら同居前に住んで
いたマンションをそのまま仕事場として残しておいたのか。彩葉もいるし、
他の家族の目も気になるだろうし、仕事の資料の保管場所の確保も必要
だろうから、そう簡単に完全同居というわけにはいかないか。

(つづく)

【「ひよ恋」の感想】←今までのまとめはこちら
【えそらごと。】〔雪丸もえさん〕(りぼん2015年3月号)感想 その1
「りぼん春のサイン会ツアー2011」(第1弾新宿・雪丸もえさん、津山ちなみさん)に参加してきた感想

|

2017年9月15日 (金)

【陽だまりの月】〔雪丸もえさん〕 light2 (2017年10月号) その2

チャチャとりぼん、ツイッター @chacha_ribon

【陽だまりの月】〔雪丸もえさん〕 light2 (2017年10月号) その1
↑のつづき

  同居を受け入れた弦ですが、この旅行での振舞いを見ると、元々
陽菜たちのことを受け入れるつもりがないと考えていたわけでは
なさそうだな。過去に自分の母が出ていってしまったことがあったから
失うことへの恐怖感が大きかったのでしょう。

 弦は雨宮家の一員っぽくなってきましたが、その一方で陽菜は
妙に弦を意識している感じです。今まで「家族」ということに
こだわりを持っていたけど、実際についこの間まで他人だった
男の子と同居をするということがどうことなのか深く考えて
いなかったようですね。

 まぁ世の中には実際にやってみないとわからないことが多いから
陽菜が実際に弦と同居したらどうなるのか頭の中でイメージできて
いなかったのも無理はないです。同じ家族になったのですから、
弦と同居をしたいと考えたのはごく自然な感情だったでしょう。

 もし最初から陽菜が弦のことを意識しちゃっていたら、弦が
ひとりで住んでいたマンションに乗り込んだりはしなかっただろう
から、もしかしたらまだ弦は一人暮らしをしていたかも。

【「ひよ恋」の感想】←今までのまとめはこちら
【えそらごと。】〔雪丸もえさん〕(りぼん2015年3月号)感想 その1
「りぼん春のサイン会ツアー2011」(第1弾新宿・雪丸もえさん、津山ちなみさん)に参加してきた感想

|

2017年9月 9日 (土)

【陽だまりの月】〔雪丸もえさん〕 light2 (2017年10月号) その1

チャチャとりぼん、ツイッター @chacha_ribon

 
陽菜と弦の家族観の違いが物語の展開に影響するのかな?と
思ったら今回の話であっさり弦は陽菜達と同居をしていましたね。
弦は過去の体験が影響して心に壁を作っていたのだけど、陽菜の
熱心な働きかけで心が変わったのかもな。

 しかし同居を始めてどうなることかと思ったけど、本当に
ごく自然に雨宮家に溶け込んでるな…ってまぁ弦も同居していなかった
だけで雨宮家の一員ではありましたが(w

夏休みに入ったということで家族旅行に行くことになった雨宮家
ですが、元々仲が良いとは言え、距離をさらに縮めるための
きっかけになるといいですね。 

↓つづきはこちら

【陽だまりの月】〔雪丸もえさん〕 light2 (2017年10月号) その2

【「ひよ恋」の感想】←今までのまとめはこちら
【えそらごと。】〔雪丸もえさん〕(りぼん2015年3月号)感想 その1
「りぼん春のサイン会ツアー2011」(第1弾新宿・雪丸もえさん、津山ちなみさん)に参加してきた感想

|

2017年9月 5日 (火)

【陽だまりの月】〔雪丸もえさん〕(新れんさい)light 1 (2017年9月号) その5

チャチャとりぼん、ツイッター @chacha_ribon

【陽だまりの月】〔雪丸もえさん〕(新れんさい)light 1 (2017年9月号) その4

↑のつづき

 弦は陽菜たちとの同居を拒んでいましたが、過去にどんな経験をしたのかを
話しているのを聞くと、これでは「家族」という形にこだわりがもてないのも
分からないではないな。単に新しい生活への不安感とかいうものではない
から、説得してどうにかなるという話でもなさそう。

弦「
家族ったって親の再婚でこうなっただけで他人じゃん
なんでわざわざ関わろうとする?
」(りぼん2017年9月号・P.39の1コマ目)

 この点を突っ込まれると正直苦しいところではあるよな。父と母は
お互いのことを好きになった結婚したのだけど、陽菜と弦は遊び友達
だったというわけではないし。

 やはり陽菜のほうが特別で、弦の反応のほうがむしろ普通なのかもな。
陽菜は弦が「家族」に興味がないと分析したけど、これはたぶん違うと
思う。「家族」が何であるか分かった上でこの時点では別居という
判断を下したのだろう。

【「ひよ恋」の感想】←今までのまとめはこちら
【えそらごと。】〔雪丸もえさん〕(りぼん2015年3月号)感想 その1
「りぼん春のサイン会ツアー2011」(第1弾新宿・雪丸もえさん、津山ちなみさん)に参加してきた感想

|

2017年8月22日 (火)

【陽だまりの月】〔雪丸もえさん〕(新れんさい)light 1 (2017年9月号) その4

チャチャとりぼん、ツイッター @chacha_ribon

【陽だまりの月】〔雪丸もえさん〕(新れんさい)light 1 (2017年9月号) その3
↑のつづき

陽菜(ひな)は弦が何を言おうが自分がやりたいことを遠慮なくやって
きますが、弦にとって今一番必要なのは陽菜みたいにちょっと強引な
性格の子かもしれない。

 人気まんが家ということで周りの人は弦に対して厳しいことはあまり
言わないだろうし、校内では人気者。家に帰れば一人ということで、
そもそも誰も注意をしてくれない。

 陽菜は弦が人気まんが家だろうが特に遠慮しないでどんどん迫って
いきましたが、弦にしてみれば今まで会ったことのないタイプの人
だろうな(w しかし同じ学校に通っていた男の子とある日突然家族に
なってしまったなんて大変だよな。しかも弦は有名人であれこれ
言われてしまっているし。

 弦が普段取材を受けているのかは不明ですが、もし取材を受ける
ようなことがあったら、家族ネタは持ちネタとして使えそうですが
弦の性格を考えると家族には触れないかも。

↓つづきはこちら
【陽だまりの月】〔雪丸もえさん〕(新れんさい)light 1 (2017年9月号) その5

【「ひよ恋」の感想】←今までのまとめはこちら
【えそらごと。】〔雪丸もえさん〕(りぼん2015年3月号)感想 その1
「りぼん春のサイン会ツアー2011」(第1弾新宿・雪丸もえさん、津山ちなみさん)に参加してきた感想

|

2017年8月20日 (日)

【陽だまりの月】〔雪丸もえさん〕(新れんさい)light 1 (2017年9月号) その3

チャチャとりぼん、ツイッター @chacha_ribon

【陽だまりの月】〔雪丸もえさん〕(新れんさい)light 1 (2017年9月号) その2
↑のつづき

陽菜(ひな)は弦(げん)が家族になったのに一緒に暮らすことを
拒んでいることが不満のようですが、弦は人気まんが家で、寝起き
する時間も不規則なのは間違いなさそうだから、生活リズムが
違いすぎて、同居したくても無理だと思う。雨宮家に弦以外の子供
が陽菜しかいないのならまだ何とかなるかもしれないけど、彩葉(いろは)
は幼児だから、気をつかえと言ってもなかなか難しいでしょう。

陽菜が弦の気持ちを変えさせて、家に帰る機会を増やすのが現実的
な目標かな? 人気まんが家だからお金の心配はないので、経済面で
縛ることができない以上、それ以外に方法はなさそうですね。

 しかし弦は栄養ドリンクや頭痛薬を多用しているみたいですが、
何だか体をすり減らしているみたいだ… 一人暮らしだと注意して
くれる人がいないから、ここはやはり陽菜が定期的におしかける
しかないかも(w

↓つづきはこちら
【陽だまりの月】〔雪丸もえさん〕(新れんさい)light 1 (2017年9月号) その4

【「ひよ恋」の感想】←今までのまとめはこちら
【えそらごと。】〔雪丸もえさん〕(りぼん2015年3月号)感想 その1
「りぼん春のサイン会ツアー2011」(第1弾新宿・雪丸もえさん、津山ちなみさん)に参加してきた感想

|

2017年8月17日 (木)

【陽だまりの月】〔雪丸もえさん〕(新れんさい)light 1 (2017年9月号) その2

チャチャとりぼん、ツイッター @chacha_ribon

【陽だまりの月】〔雪丸もえさん〕(新れんさい)light 1 (2017年9月号) その1
↑のつづき

 陽菜(ひな)には妹の彩葉(いろは)がいるのですが、彩葉のほうはもう
完全に新しい父になついているようですね。まだ幼児だから余計なことは
考えないで、あるがままを受け入れるから素直に新しい父と一緒に生活
できることを喜べるのでしょう。

 冷静になって考えてみればやはり父がいたほうが生活面で助かるのは
事実なんだよなぁ。教育費だってかなりかかるし。陽菜と彩葉の母は
仕事ができるようですが、やはり財布の数は多いほうがいいのが
現実でしょう。こればっかりはどうにもならない。

 まぁお金のことは抜きにしても彩葉の父を見た時の嬉しそうな顔を
見ると再婚してよかったなと思う。家族の食事風景を見ても楽しそうだし。

弦以外の家族は特に問題なく同居生活ができているようですね。

 しかし陽菜と弦は元々家族になる前から同じ学校に通っていたと
いうのが色々な意味できつい気がする(w 面識はなかったけど、弦が
まんが家ということで、嫌でも注目されちゃいますし。今のところ
特に困っていることはないようですが。

↓つづきはこちら
【陽だまりの月】〔雪丸もえさん〕(新れんさい)light 1 (2017年9月号) その3

【「ひよ恋」の感想】←今までのまとめはこちら
【えそらごと。】〔雪丸もえさん〕(りぼん2015年3月号)感想 その1
「りぼん春のサイン会ツアー2011」(第1弾新宿・雪丸もえさん、津山ちなみさん)に参加してきた感想

|

2017年8月 8日 (火)

【陽だまりの月】〔雪丸もえさん〕(新れんさい)light 1 (2017年9月号) その1

チャチャとりぼん、ツイッター @chacha_ribon

 雪丸もえさんの新連載「陽だまりの月」がついに始まりました!!!
新しい作品の第一話はいつもわくわくするものですね。

 今回の作品は両親が再婚して義理の姉と弟になった二人の姉弟が
主役です。姉はの名前は陽菜(ひな)、弟は弦(げん)ですが、関係は
必ずしも上手くいっていないようですね。弦は新しい家族との同居を拒(こば)み
一人で暮らしていることから、より一層姉弟と言われても違和感がある
感じですが、そりゃいきなり家族だって言われても受け入れられないよなー
と思って読み進めていたのですが、実はそんな単純な話ではないのだと
いうことが後から分かります。

 弦はまんが家で校内の女子に人気でサインまで求められるような子
ですが、陽菜はどちらかと言うと地味な子なので、比較されてしまって
いますね。まぁ人気物の姉だから目だっていたとしても結局色々
言われたとは思いますが(w

↓つづきはこちら
【陽だまりの月】〔雪丸もえさん〕(新れんさい)light 1 (2017年9月号) その2

【「ひよ恋」の感想】←今までのまとめはこちら
【えそらごと。】〔雪丸もえさん〕(りぼん2015年3月号)感想 その1
「りぼん春のサイン会ツアー2011」(第1弾新宿・雪丸もえさん、津山ちなみさん)に参加してきた感想

|

その他のカテゴリー

31☆アイドリーム(メロディ連載) | Cookie総合 | CRASH! | HIGH SCORE | MOMO | P×P(ピーバイピー) | REC-君が泣いた日- | zen zen (Cookie連載) | あかり&まり子のどうでもいい話 | いちごオムレツ | きらめきのライオンボーイ | だって好きなんだもん | つばさとホタル | つばめのすぅ | ひよ恋 | ぷちパレード!! | まじかるwebからのお知らせ | まりもの花 | めだかの学校2限目! | ややプリ | りぼん「MOMO」聖地巡礼 | りぼん「聖地巡礼」 | りぼんイベント | りぼん本誌、読みきり・短期連載作品 | りぼん本誌総合 | アニマル横町(原作) | アニメ・コミック | アリスから魔法 | イベント総合 | イン ザ チョコレート | イ・オ・ン | キミとだけは恋に堕ちない | キルミンずぅ | コスモ日誌 | コミックマーケット | シュガー*ソルジャー | スターダスト★ウインク | スポーツ | チョコミミ | チョコレートコスモス | ドリーム メディシン | ハニーレモンソーダ | ハローキティピース!! | バディゴ! | バドガール | パーフェクト・ローズ | ブランデージの魔法の城 | ブルーフレンド | プリモ・プリーマ! | マジョカル★マジョカル | ママレード・ボーイ | モバイルガールめもり・電脳少女めもり | ロッキン★ヘブン | ロマンチカクロック | ローゼンメイデン dolls talk | 僕の家においで | 勝利の悪魔 | 君は坂道の途中で | 吹彩 -SUISAI- | 夢色パティシエール(アニメの感想) | 夢色パティシエール(原作1巻のまとめ) | 夢色パティシエール(原作2巻のまとめ) | 夢色パティシエール(原作の感想) | 夢色パティシエール(情報) | 夢色パティシエール(番外編の感想) | 姫ちゃんのリボン(原作) | 姫ちゃんのリボンカラフル(まとめ) | 姫ちゃんのリボンカラフル(情報) | 姫ちゃんのリボンカラフル(感想) | 昔のりぼん | 春田ななさん総合 | 株式会社ラブコットン | 桜姫華伝 | 水沢めぐみさん単行本「5月のお茶会」 | 満月をさがして | 猫と私の金曜日(マーガレット連載) | 猫田のことが気になって仕方ない。 | 種村有菜さん関係総合 | 絶叫学級 | 絶対覚醒天使ミストレス★フォーチュン | 群青リフレクション | 花めぐりあわせ | 講談社ARIA総合 | 赤ずきんチャチャ(アニメ) | 赤ずきんチャチャ(原作・単行本1巻から4巻) | 赤ずきんチャチャ(原作・単行本5巻から8巻) | 赤ずきんチャチャ(総合) | 赤ずきんチャチャN | 陽だまりの月 | 魔女とハツコイ。