MOMO

2016年5月 4日 (水)

酒井まゆさんの「MOMO」でモモの屋敷となっていた旧古河庭園に行ってきました(2016年5月4日)

チャチャとりぼん、ツイッター @chacha_ribon

Img_4554

 今日は酒井まゆさんの「MOMO」で主人公のモモが屋敷として使って
いた旧古河庭園に行ってきました~ ちょうどバラが咲いていて
しかも晴れて絶好のおでかけ日和ということで庭園内はかなり混んで
いてゆっくり写真を撮ることはできませんでした。

 ここは過去にも来たことがあるので初めてという訳ではなかった
のですが、バラを見ていると作品の世界観に浸(ひた)ることができます。

Img_4534

Img_4542

Img_4545

Img_4602_2

 一度にたくさんの種類のバラを見ることができるので、予定より
長い時間パラ園に居ました。バラって結構写真を撮るのが難しい
ですね。綺麗さを上手く表現することができませんでした(w 他の
来園者は結構良いカメラを持ってきていたのですが、本格的に
撮影しようと思ったらそれなりの装備が必要なのでしょう。

 ここで酒井まゆさんのイベント開催してくれないかなぁ~
MOMOの話とか聞いてみたいです!
 

|

2016年1月28日 (木)

【HIGH SCORE】〔津山ちなみさん〕りぼん2016年2月号感想

チャチャとりぼん、ツイッター @chacha_ribon

【「HIGH SCORE」の感想】←今までのまとめはこちら


 バレンタインネタが登場していますが、チョコをあげる相手が
どんな好みなのかというのは気になるポイントですよね。どうせ
あげるのであるならば相手に気に入ってもらいたいですし。

…というか相手に気に入られたいからチョコを上げるわけだから
相手の好みを知りたいと思うのは当然でしょう。ただ聞く相手が
間違っていたというだけで(w

泉水は嵐士との身長差のせいで勉強や運動で負けてるって思って
いるようですが、運動はともかく勉強は関係ないだろうwww

 チョコをもらう立場の男性と渡す側の女性との間の認識に
違いがある感じですね。泉水が言ってる通りもらう側からすれば
どんなチョコをもらったかより誰からもらえたかということの
ほうが重要でしょう。いくら高価なチョコでも興味がない子から
もらったのだとしたらあまりありがたくないだろうし。

 ただチョコなら何でもいいと言っても100円ショップで買える
ような安い品だったらさすがにもらってもあまりうれしくない
だろうし…いくらもらえればうれしいと言ってもやはり限度
というものはあるだろうなぁ。

 で、結局香織はどんなチョコを嵐士に渡したのかな???

|

2010年1月27日 (水)

【MOMO】第17話「Wish」(りぼん2010年1月号)感想 その2

「りぼんキャラクターグランプリ2010」ただ今実施中
りぼん本誌に過去に連載されたことのある作品に登場した
キャラクターの中から50人を選び、人気投票所を作りました。
よろしかったらご投票ください☆

【「りぼんキャラクターグランプリ2010」へ向かう】


【「MOMO」の感想】←今までの感想のまとめはこちら

【MOMO】第17話「Wish」(りぼん2010年1月号)感想 その1
↑のつづき

○夢、7ヶ月で4つのポイントを手に入れる

 夢は別にポイント集めに必死になってたわけではないのに
もう4つもポイントを手に入れたとは。モモを喜ばせるとポイントを
手に入れることができるのですが、夢はポイントを獲得するために
あれこれ考えてモモに接しているのではなく、純粋にモモを
喜ばせてあげたいと考え、いろいろ行動しているのが結果として
良い方向に作用しているのでしょう。

 とにかく無限とも思える時を過ごしてきたモモを喜ばせるなんて
いうことは人間が考えてどうなるものでもないでしょうから、夢は
今後も余計なことを考えずにモモのことを思ってがんばるのが
一番いいでしょうね。


○叶歌(かなか)、ナナギに何か言ったらしい

叶歌「ナナギくん 夢が出かけてる間にちょっといい?
(りぼん2010年1月号・P.225の2コマ目)

 一体何を言ったんだ??? ナナギがこのことについて
特に何も言っていないから態度から推測するしかないのですが
まず間違いなく恋愛絡みだろうな…ナナギは複雑な表情をしている
ところを見ると、「夢のことを頼む」とかいう重いことを言われたのかも。


○モモ、大魔王をやめると宣言

モモ「モモちゃん 大魔王やめるのだ!
(りぼん2010年1月号・P.226の1コマ目)

 夢の地球防衛成功
キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!


 ポイント獲得どころか、試合放棄までさせるとは、夢の戦闘能力
は半端ないな。今後大魔王としての活動をしないのであれば
結果として他の星の危険まで除去かよ…すげーな夢は。

モモ「ナナギと沙成はケーキ屋さんになるといいのだ!
優しいモモちゃんは夢と毎日一緒なのだ!!

(りぼん2010年1月号・P.227の4コマ目)

 再就職の心配までしてくれる大魔王ってどこまで優しいんだよ。


『MOMO』完」(りぼん2010年1月号・P.228の2コマ目)


     い い 最 終 回 だ っ た


 …でもここで終わるはずもなく。


○もう一人のモモあらわる

もう一人のモモ「私は百億年の間 大魔王としてのルールに従い
役目を遂げてきた『部分(パーツ)』 
お前は代表者や星の生命体と
触れ合って 喜
びの感情を判断してきた無垢(むく)な『部分』

(りぼん2010年1月号・P.232の2-3コマ目)

 もう一人のモモというより、2つで一つなのか。なんでわざわざ
機能ごとにモモの体を用意するなんていうややこしいことを
するんだ?
だって、判断して、その場で役目を果たせば問題ないじゃん。

 …もしかしたら今回みたいにどちらかのモモが腑抜(ふぬ)けになって
しまった時や、不測の事態が発生した場合に備えてあえて機能を分散させて
おいてあるのかもしれませんが。


もう一人のモモ「夢が本気で『私』を好きになるはずないだろう
(りぼん2010年1月号・P.233の2コマ目)

 その星の代表者が必死にがんばって喜ばれることを
やっても、こうやってもう一人のモモが打ち消しちゃうんだったら
意味ないじゃん。これまで救われた星が一つもないのも分かる
ような気がする。

もう一人のモモ「忘れるなモモ お前は星を壊さず生きることは
できない
」(りぼん2010年1月号・P.236の1コマ目)

 初めに結論ありきなら、どうしてポイントを獲得させるようなことを
するんだ? お互い時間の無駄じゃん。


壊すのが基本だけど、壊したら惜しい星だったら困るから一応確認する
という程度の話なのかもしれませんが。

○モモ、交代

 もう一人のモモが夢の対応をすることになりました。
これじゃ夢も浮かばれないな。だって、もう一人のモモは
もともと夢の気持ちを疑っているんだから、そう簡単に
喜ぶとも思えないですし。

 もう一人のモモを変えることもできるようであれば夢の人の心を
掴(つか)む能力は本物かも。

|

2010年1月15日 (金)

【MOMO】第17話「Wish」(りぼん2010年1月号)感想 その1

「りぼんキャラクターグランプリ2010」ただ今実施中
りぼん本誌に過去に連載されたことのある作品に登場した
キャラクターの中から50人を選び、人気投票所を作りました。
よろしかったらご投票ください☆

【「りぼんキャラクターグランプリ2010」へ向かう】


【「MOMO」の感想】←今までの感想のまとめはこちら

○アパートへ戻った夢

 家賃なし、食事つきという高待遇を捨ててアパートでの貧乏暮らしに
戻った夢。他人から見ればモモの屋敷にずーっといたほうがいいように
思えて仕方がないのですが、夢にはいろいろ考えもあるのでしょう。
実結(みゆう)もうるさくなるかもしれませんしね。これでよかったのかも。
実結はアパートが使えないから借り住まいをしているということで
渋々納得していたのでしょうし。

夢「あのままお屋敷にいたらやばかったよなぁ…色んな意味で…
(りぼん2010年1月号・P.214の2コマ目)

 何がヤバかったの? そのまま突っ走って
しまえばよかったのに。

 ずーっと居座っていたらナナギとの関係がどんどん深まってしまった
のではないかと考えていたようですが、夢はその展開は望んでいない
ということでしょうか? ナナギにキスをされても拒んでいないところを
見ると嫌いではないことは明らかですが。

 ポイント集めという面では夢はモモと同居していたほうが
明らかに有利だったはずです。
一緒に住んでいればポイントを獲得
できる機会も大幅に増えますし、なによりモモとの信頼関係がさらに
深めるということは地球を守るという意味で非常に良い効果をもたらした
ことでしょう。


○叶歌(かなか)、夢の改修祝いにやってきた

 叶歌の母と夢とのやり取りの後、電話で夢と話をした叶歌が
今までとなんら変わらない感じでやってきました。一体どんな
気持ちでやってきたんだろうな…自分は夢のことを決して嫌い
という訳ではないのに、親に強制される形で強引に夢のことを
あきらめざるを得なくなったのに…

 つらい思いをしても夢にあいたいなんて、本当に夢のことが好き
なんだなぁ…たとえ恋人になることはできなくてもそばに居たい
なんて。

叶歌「夢ーっ! 改修祝い(?)のケーキ持ってきたよー!!
(りぼん2010年1月号・P.214の2-3コマ目)

 本当にごく自然なしゃべり方だな。どことなくぎこちないとかいう
感じでもないですし。

 でもこれでいいのかも。一旦ぎこちなくなってしまうと、だんだん
会いにくくなってしまうでしょうから。今後もあいたいのであれば
こういう感じでいくしかないです。

夢「わー! ありがとう!」(りぼん2010年1月号・P.215の3コマ目)

 いくらなんでも自然すぎるな(笑)

 会話が自然すぎてなんだか逆に驚いてしまう。まるで涙の
電話事件がなかったかのようだ。


○モモ、不機嫌

 夢が出て行ってしまうのが、寂しいのですね…モモを喜ばせて
ポイントを得るのが仕事の夢にとってある意味モモを不機嫌に
させるということは致命的な失態
なのですが、夢は全くその点を気にして
いないようですね。

 まぁ地球の運命を背負うとか、みんなを守るとかいう風に力を
いれずに自然体で毎日をすごしている夢だから、この程度のこと
など問題ですらないのでしょう。

 もっとも真剣に地球を守るとか考えていたらあまりの重圧に
ほとんどの人は耐えられないでしょうから、このくらいがちょうど
良いのかも。


○モモのためにプレゼント

 モモがいつでも夢のアパートに泊まりに来てもいいように
お泊りセットを用意してあげたのか。これでモモは夢にのけ者に
されたわけではないと目で見て実感できたので、仲直りが
できました。

 こうやってとっさに相手がよろこぶことを思いつくのは夢が
相手のことをちゃんと考えているからでしょうね。たぶん実結
だったらモモをしかりつけて終わりだったでしょう。

○夢、思わぬ形でポイント獲得

 まさかお泊りセットでポイントを手に入れることができるとは
さすがに予想外だったでしょう。うれしい誤算ですね。


 夢も疑問に思ってますがなぜブレスレットの形が「モ」なの???
モモの名前をお泊りセットの中に入っているカップに書いて
あげたから?

 お金はなくても愛があれば地球を守れるということを
夢は形にできるのか??? 資金力では夢とは比較にならない
実結がポイント獲得どころか代表者としての地位すら
守れなかった
ことを考えると、資金力は地球を守る上で何の役にも
立たないということがわかります。

↓つづきはこちら
【MOMO】第17話「Wish」(りぼん2010年1月号)感想 その2

|

2009年12月22日 (火)

【MOMO】第16話「ぽんきちの恩返し」(りぼん2009年12月号)感想 その3

りぼんキャラクター人気投票2009
りぼん2009年ベストストーリー人気投票所

↑投票はこちら。投票の締め切りは2009年12月26日です


【「MOMO」の感想】←今までの感想のまとめはこちら

【MOMO】第16話「ぽんきちの恩返し」(りぼん2009年12月号)感想 その2
↑のつづき

○モモ、夢とはぐれる。しかしぽんきちの元の持ち主と遭遇

ぽんきち「モ…モモ モモモ!! あの子だ!!
(りぼん2009年12月号・P.156の3コマ目)

 おちつけ(笑) まぁ出会うのが難しいと思われたぽんきちの
元の持ち主を偶然発見したのですから、動揺するのも無理はありません。
ぽんきちの元の持ち主の名前は「雅(みやび)」なのか。

雅「えー!? やっぱりぽんきちだ!! このお腹のやぶれ目の位置
といい! 布のヘタレ具合といい! なんでここにあるの!?

(りぼん2009年12月号・P.158の1コマ目)

 ぱっと見ただけでよくぽんきちだと分かったな。「あなたが昔
お持ちでしたぽんきちをお持ちしました」とか言われたとか
いうのではなく、通りすがにちょっと見ただけなのに。

○ぽんきちが雅の手を離れた衝撃の理由が明らかに

雅「だって 確かに捨てたはずなのに!
(りぼん2009年12月号・P.158の4コマ目)

 ・゚・(ノД`)・゚・ 

 わくわくしながら雅を見つめていたぽんきちの表情を見た
後にこのセリフを見ると悲しすぎる…このセリフを聞いた
瞬間のモモの表情がなんともいえないなぁ。予想すらしなかった
言葉がかえってきたのでしょう。

雅「去年の9月ごろ? 部屋の大掃除した時に ママにごみ捨てて
こいって超怒られてさぁ でもごみ捨て場行くの面倒くさく
なっちゃってそこの川に投げ捨てたんだよね

(りぼん2009年12月号・P.159の3コマ目)

 これはひどいwwwwwww 去年捨てたということは、結構長い間
持っていたのですね。ごみ扱いされていたということは、特に
飾られることもなく、部屋の隅に放置されていたのでしょう。

 ちなみにぬいぐるみ捨てるのって我が家ではほとんどないです。
ゴミ袋に入ったぬいぐるみの姿を見るとかわいそうになってしまい
とてもじゃないけど捨てられないので。ぽんきちみたいに状態が
悪くなるほど長く家にいるぬいぐるみならなおさらです。

 川に投げ捨てるとかとても信じられん。

○雅がぽんきちに触ろうとするのを激しく拒むモモ

 モモはぽんきちが元の持ち主に持っていかれるのではないかと
雅に出会う前に警戒していたのですが、雅の話を聞く限りでは
その心配はないはずです。でもやっぱり理屈抜きで雅に渡すのは
嫌なんだろうなぁ。

 もしかしたらぽんきちをひどい目に遭わせた雅が触るという
こと自体が嫌だったのかもしれませんが。

 モモと雅が互いにぽんきちを引っ張った結果、ぽんきちは
腕がもげてしまいました。

○モモ、泣き叫ぶ

モモちゃん痛いのだぁああああ わかんないけど痛いの
だぁああああぁああ
」(りぼん2009年12月号・P.163の4コマ目)

 心が痛いんだよきっと…

 地球を壊すほどの力を持っているモモにこんな感情が芽ばえたことは
かつてあったのだろうか?

○ぽんきち、夢に感謝

ぽんきち「モモに悪いことしたな…昔の記憶がごちゃまぜ
になってたばっかりに
」(りぼん2009年12月号・P.165の1コマ目)

 自分が捨てられるなんていうとんでもない事実を忘れるほど
今の生活はとても充実しているのでしょう。
昔を振り返る暇すら
ないほどに。普通、自分を捨てた奴のことなんか一生忘れない
だろう。

ぽんきち「本当はあのまま流されて終わりだったはずなのに
遊園地にも行けたし 宇宙にも行っちゃったし 初詣もできたし
みんなでチョコレートも作れたよ

(りぼん2009年12月号・P.167の3コマ目)

 こんなに刺激的なことを体験できた地球製のぬいぐるみは間違いなく
ぽんきちだけだろう。博物館に「宇宙から帰還したぬいぐるみ」とか
いう感じで展示されるレベルでしょう。

ぽんきち「夢 あの時オレのこと 助けてくれてありがとう
(りぼん2009年12月号・P.168の1コマ目)

   いい話だなぁ
。・゜・(つД⊂ヽ・゜・。

 ぽんきちの奇跡は…

「雅がぽんきちが入ったダンボール箱を川に投げ捨てる」
「叶歌(かなか)が川に浮いているダンボール箱に気づく」
「夢が危険をかえりみずに川に入って拾う」

 の三つの要素が偶然重なって起こったんですよね。もし
雅がちゃんとゴミ捨て場に行ってぽんきちを捨てたら
ぽんきちは夢に会うこともありませんでした。

 そう考えるとぽんきちは雅に感謝すべきなのかもしれない
なぁ。あと叶歌もいい仕事をしましたね。叶歌が気づかなければ
ぽんきちはそのまま流されていっただけでしたし。

○夢の何気ない一言から思わぬ展開展開へ

夢「モモちゃん 優しいね
(りぼん2009年12月号・P.171の2コマ目)

 夢は深く考えることなく、やさしいと言ったのでしょうが
モモはこの一言に衝撃を受けたようです。で、この後
お話は思わぬ展開に!

※惑星を壊すよう沙成(さなり)に促(うなが)されて
モモ「やさしいモモちゃんは 星を壊さない
ような気がするのだ

(りぼん2009年12月号・P.174の5コマ目)

 沙成とナナギが衝撃を受けているのを見ると、モモが
こんなことを言い出したのはおそらく初めてなんだろうなぁ。
そもそも「やさしい」という概念がこれまでモモの中に存在
していたのかすら疑問です。

 星を壊すために存在しているようなもののモモが、星を
壊したくないと思ったらどうなるのでしょう???

 というかそもそも、このままモモが星を壊すのをやめたら
夢はポイントを全部集めることなく地球の防衛に成功した
ことになります。

|

2009年11月24日 (火)

【MOMO】第16話「ぽんきちの恩返し」(りぼん2009年12月号)感想 その2

りぼんキャラクター人気投票2009 ただいま開催中♪
↑投票はこちら

【「MOMO」の感想】←今までの感想のまとめはこちら

【MOMO】第16話「ぽんきちの恩返し」(りぼん2009年12月号)感想 その1
↑のつづき

○ぽんきちの元の所有者探し開始

 ぽんきちの記憶を頼りに探すことになりましたが、手がかりは…

・川沿いの桜並木のキレイな街
・ぽんきちが発見された川の上流
・近くに小学校

 ヒント少なすぎだろう。ドラクエじゃないんだから、これだけの
情報で探すのは一苦労だぞ。

夢「じゃあきっと平川町の方だよ!
(りぼん2009年12月号・P.150の1コマ目)

 地元の人なら上記のヒントで町の名前まで分かるのか。しかし
これだけでは範囲が広すぎて分からないですね。せめてぽんきちが
住所とまでは言わないけど、他に情報を持っていれば楽だったの
ですが。町までは特定できたとしてもその中から一人の人を探すのは
大変です。

 夢は見つかる可能性は低いけど、ぽんきちの真剣な気持ちを
感じ取ったので、とりあえずやれるだけのことはやってあげようと
思ったのでしょう。

○ぽんきちの所有者探しをするも、脱線してしまうモモ

 すっかり脱線してしまったモモ、お花見の宴席に上がりこんで
しまったりしてますが、やっぱり見た目で得をしてるよなぁ。
どう考えてもモモの姿を見て警戒する人なんているわけないですし。

 ただでさえ経済的に苦しい夢にたこ焼きをご馳走させていたのは
鬼でしたが(笑) 

夢「ねぇねぇあなたたちっ あのぬいぐるみに『ぽんきち』って
名前つけてかわいがってた子 知らないかな?

(りぼん2009年12月号・P.152の4コマ目)

 これは無理だろう…迷子ならともかくぬいぐるみに関する情報
なんて本人以外に聞いてもまず答えられないでしょう。答えられるのは
せいぜい家族とか友だちくらいでは? ぽんきちのことを知っている人と
偶然出会うなんて相当難しいのではないでしょうか。

 でも、現実問題探すとなるとこの方法しかないのも事実なんだよなぁ。
他にこれといった方法もないですし。

○ぽんきちのプロフィール

 星が丘遊園地のマスコットキャラ「スコちゃん」だったとは。
そこにいけばぽんきちの着ぐるみとかもいるのかな?

↓つづきはこちら
【MOMO】第16話「ぽんきちの恩返し」(りぼん2009年12月号)感想 その3

|

2009年11月10日 (火)

【MOMO】第16話「ぽんきちの恩返し」(りぼん2009年12月号)感想 その1

りぼんキャラクター人気投票2009 ただいま開催中♪
↑投票はこちら

【「MOMO」の感想】←今までの感想のまとめはこちら

○夢、アパートへ帰ることを決める

 地球を守る活動に無償どころか自腹をきって参加しているのですから
食事くらいただで食べさせてもらっても全く問題ない
と思うのですが
夢は甘えるのは嫌なようです。いくら待遇が良いと言ってもやはり他人の
家であるという事実は変わらない
のですから、心の底からくつろげないの
かもしれませんね。どんなに貧乏な暮らしであったとしても自分の意思で
自由に過ごせる自分のアパートの部屋のほうが気軽なのでしょう。

 モモはやはり寂しそうな顔をしてるな。ご機嫌をそこねてポイントが
もらいにくくなるのは怖いですが、夢が大好きなのに、その夢が困るような
ことはしないでしょうから、大丈夫かな?

 よくよく考えたら、前回夢はナナギとキスしちゃったんですよね。
ナナギの顔を見るたびにちょっと気まずくなっても困るから、その面でも
一度帰ったほうがいいのかもなぁ。

 父親が帰ってきたら困るっていうのも元の部屋へ戻る決断の一因と
なったようですが、自分を捨てて夜逃げしたような父であったとしても
やはり見捨てることはできないのですね。

※モモに対して
夢「いつでも泊まりにおいでね!! 今度お風呂に追い焚き機能
ついたから!!
」(りぼん2009年12月号・P.147の2コマ目)

 ここまでよろこんでもらえるなんてアパートの大家さんも
本望(ほんもう)でしょう。

○ぽんきち、夢にお願い事

 ぽんきちは拾われてモモのところへやってきたのですが、元の
持ち主をぽんきちは探してほしいのか。名前以外これといった
情報もないのですが、夢は承諾しましたね。まぁ積極的に断る
理由もないのでしょうが。

 ぽんきちが元の持ち主の家を覚えていれば、楽なのですが
こういうことを頼みに来るということは覚えていないんですよね。
もし覚えているのであれば、わざわざ夢に対して探してくれなどとは
言わないはずですから。

 モモは特殊能力が使えるのですが、何かを探す力はないようですね。
本当に破壊に特化したキャラなんだなぁ…

モモ「その子がみつかったら ぽんきちもモモちゃんのおうちから
帰っちゃう…?
」(りぼん2009年12月号・P.149の3コマ目)

 タイミングが悪かったですね。夢がいなくなることが判明するという
ショックな出来事から、間もない状態なのに新たにぽんきちまで
いなくなってしまったら、マジで精神状態がヤバくなりそうです。

 幸いぽんきちは元の持ち主の家へ帰りたいとの希望はないようですね。

 ぽんきちが拾われた場所から推理するしかないのですが、夢は
少ない情報からなんとか探そうとしてます。本当に夢は困っている
人やぬいぐるみを見ると放置できないんだろうなぁ。

つづきはこちらをご覧ください↓
【MOMO】第16話「ぽんきちの恩返し」(りぼん2009年12月号)感想 その2

|

2009年11月 6日 (金)

【MOMO】第15話「フェイクハーツ」(りぼん2009年11月号)感想 その3

りぼんキャラクター人気投票2009 ただいま開催中♪
↑投票はこちら

【「MOMO」の感想】←今までの感想のまとめはこちら

【MOMO】第15話「フェイクハーツ」(りぼん2009年11月号)感想 その2
↑のつづき

○モモを迎えに叶歌(かなか)の家へナナギが向かうことに

 ナナギのところへ電話があったのでモモを迎えに行く途中に
夢とあったので、夢に対して一緒に叶歌の家へ行くよう勧めたのですが
夢はあまり乗り気ではないですね。普通幼なじみの家、それも
モモを迎えにいくのですから、用事でもない限りは二つ返事で了解する
はずなのですが…

 この理由はこの後すぐ明らかにされます

○夢、叶歌の母に門前払いされる

叶歌の母「また今度ゆっくり来てね
(りぼん2009年11月号・P.77の6コマ目)

(訳)→空気読めよ…ここはお前の来るところじゃないって
知ってるだろう。もう来るなよ。

 「今度ゆっくり」って言ってるけどこれは言うまでもなく二度と来るなと
言っているのです。この言葉を真に受けて夢が後日叶歌の家に行った
ところで同じ事を言われて追い返されているのは目に見えています。
モモも夢の関係者だって分かってしまったから次は同じ対応をして
もらえるか分からないな。

 むしろナナギやモモの目があったからこの程度で済んだのかも
しれませんね。もし夢が単独で叶歌の家に行ったらもっとはっきり
直接的な言葉で来るなと言われたかも。

○夢が、叶歌の家を事実上の出入禁止になった理由

夢「やっぱりお嫁さんになるにら 面倒にことがない子の方が
いいに決まってるよね
」(りぼん2009年11月号・P.81の2コマ目)

 そりゃそうだけど、まだ夢と叶歌は結婚を考えるような年齢じゃ
ないだろう。たしかに叶歌が結婚適齢期になった後であるならば夢との
交際について口を出すというのも理解できますが、高校生の段階から
会うことすら制限するなんてちょっとやりすぎでしょう。

 結局父親が面倒なことになってる夢と交流すること自体が
生理的に許せないのでしょうね。
まぁ夢の父親は娘を捨てて
夜逃げするような奴ですから、そんな奴とかかわりたくないという
ことなのでしょう。

夢「…いいよ 叶歌が幸せなら」(りぼん2009年11月号・P.83の1コマ目)

 本当に叶歌のことが好きであるからこそ、叶歌の幸せを
願っているのでょう。

○ナナギ、夢にキス

 夢も拒むことなく受け入れました。タイミングは絶妙だったな…
ちょうど叶歌の問題で心が不安定になっているところに救いの手を
差し伸べるようにキスをしたのですから。

※キスをしている夢とナナギを見て
沙成「ふーん…」(りぼん2009年11月号・P.87の3コマ目)

 また思わせぶりだな。何を考えているのか分かりませんが。

○叶歌、夢に電話

叶歌「あのさ オレ…さ 夢とナナギくんのこと 応援するからね
…ってちゃんと言っておかなきゃって 思って

(りぼん2009年11月号・P.88の2-4コマ目)

 いつかはこういうことを言わなくてはいけない日が来てしまうことは
避けられなかったのでしょうが、母が夢を門前払いするのを目(ま)の当たりに
したことから、ちょうど良いきっかけが出来たのでしょうね。

 ところで自分が夢のことを諦めるというのはいいけど、なんでナナギとの
関係を応援するっていう流れになるんだ? 別に夢がナナギのことを好きだと
叶歌に言ったわけでもないのに。

叶歌「今すぐは…無理だけど いつかちゃんと好きな子も作るから
だから心配しないで
」(りぼん2009年11月号・P.88-89)

 事実上の無条件降伏か。母に逆らうという選択肢がない以上
こうするより仕方がないんだろうなぁ。

夢「………ありがとう叶歌」(りぼん2009年11月号・P.90の1コマ目)

 夢は、ナナギのことを好きだと叶歌に決め付けられた
ことについて否定しないのですね。

 もうこの段階で夢はナナギに対する想いを抑えることができなく
なってしまったのだろうな。

|

2009年10月28日 (水)

【MOMO】第15話「フェイクハーツ」(りぼん2009年11月号)感想 その2

【「MOMO」の感想】←今までの感想のまとめはこちら

【MOMO】第15話「フェイクハーツ」(りぼん2009年11月号)感想 その1
↑のつづき

○叶歌(かなか)に忘れ物を届けるモモを叶歌が発見

モモ「でもよく考えたら叶歌のおうち知らなかったのだ
モモちゃんお腹すいて動けないのだ…

(りぼん2009年11月号・P.71の3コマ目)

 宇宙を飛び回っているモモが叶歌の家にいけないなんて…

 目的地の場所も知らない状態で家を飛び出す大魔王って一体(笑)
お腹が空いて動けなくなるほど歩き回る前にどうして家に帰ろうと
しないのだろうか。無計画にもほどがありますが、こういうお茶目な
要素のあるモモっていいですね。

 そもそも不思議な力が使えるはずなのですが、叶歌の家を
探り当てるような能力は持っていないようです。

○叶歌、家にモモを招待

※叶歌の母に対して
モモ「モモちゃん このお店のケーキは宇宙1だと思うのだ!!
(りぼん2009年11月号・P.72の4コマ目)

 そこまで思うのであればポイントください。おねがいします。
あ、でも過去にケーキにまつわるポイントはもう夢がもらっている
すから無理か。

 …最近ポイント集めをあまりやらなくなってしまったので緊張感が
なくなっていますが、モモはあくまでも地球を破壊することも
視野に入れているんですよね。

 モモが叶歌に「忘れ物」を届けた目的はケーキが食べたいからでしたが
その目的は見事に達成しました。

叶歌の母「どれでも好きなだけ選んでいいからね!
(りぼん2009年11月号・P.72の4コマ目)

 テーブル一杯にケーキを並べて至福の時を過ごす
モモであった。

 ぽんきちは叶歌の目もあるから自由に動けず残念ですね。
目の前に夢空間が広がっているのに何もできないなんてさぞかし
無念だろうな。

○叶歌、モモに夢と撮った写真を見せる

 本当に幼少期から一緒に時を過ごしてきたのか。本当に仲が
いいんだなぁ。

 こうやって一緒に撮った写真があるということはこの2人の仲は
以前は家族公認だったんですよね。だって自分撮りをしているとは
思えない写真が多数ありましたし。

○叶歌、モモに思わぬことを聞く

叶歌…ねぇモモちゃん ナナギくんてどんな人?
(りぼん2009年11月号・P.74の2コマ目)

 唐突(とうとつ)すぎるだろう。ここまでナナギの話など全く出てきて
いないのに、なぜナナギのことを聞くんだ??? まぁこの後どうして
ここでナナギのことを持ち出したのかなんとなく分かるようになって
いますが。

 叶歌からしてみればナナギのことを夢に聞くわけにもいかないし
沙成にもなんとなく聞きづらいでしょうから、ナナギのことを
聞ける相手はモモだけですよね。モモと2人きりになることができる
機会なんて滅多にないですから、この機会を逃すまいと思ったの
でしょう。

モモ「夢とはよくケンカしてるのだ 今日も裸がどーとか
ケンカしてたのだ でも仲良しなのだ

(りぼん2009年11月号・P.74の1コマ目)

      こ れ は ま ず い

 いろいろ叶歌に想像させちゃうじゃないか(笑)

 無垢(むく)な性格の怖さが出たな…モモは子供ではないのですが
性格は子供そのものですから、モモに何かを言ったらそれがどこで
話されるか分からないから怖いですね。

モモ「モモちゃん 夢もナナギも好き好きなのだ
ナナギも夢とモモちゃんが好き好きなのだ!

(りぼん2009年11月号・P.74の2コマ目)

 モモのこの言葉を聞いた瞬間の叶歌の表情が
あまりに悲しすぎる…
まるで全てを悟(さと)ってしまったかの
ような顔だ。

(つづく)

|

2009年10月17日 (土)

【MOMO】第15話「フェイクハーツ」(りぼん2009年11月号)感想 その1

【「MOMO」の感想】←今までの感想のまとめはこちら

○モモの屋敷での生活が続く夢

夢「毎朝 ごはんがおなかいっぱいたべられるしあわせ…
(りぼん2009年11月号・P.63の2コマ目)

 どんだけ貧乏なんだよ…夢を満足に食べさせることすら
できない父とのしがらみなんか断ち切ってしまえばいいのにとも
思えるのですが、夢にとってそれはできないようですね。

 しかし地球人に食事まで出してくれて、実の父より地球人に
親切な侵略者ってよくよく考えたらおかしいな(笑)
 まぁこの
時点では地球を破壊すると決めたわけではないので、別に問題は
ないのでしょうが。

 すっかり大魔王と家族同然の付き合いをするようになった夢
モモに対して理屈では割り切ることのできない感情が芽ばえて
いますが、モモは地球をどうするつもりなのだろう? 地球を
破壊するということは、夢からふるさとの星を奪うということを
意味するのですし。

 夢の命も当然なくなります。まぁナナギのように星から星への
旅に同行させるという手もありますが、それは夢に対して
究極の選択を迫ることを意味しますし。

 地球を救うためのポイントを与えるかどうかはモモの気持ち一つ
な訳ですから、事実上、モモは地球の運命を自由に決めることが
できます。夢に対する感情がモモの判断にどう影響するか今後も
注目していきたいと思います。

○モモ、叶歌(かなか)の忘れ物を発見

 忘れ物といってもたぶん叶歌はこれを血眼(ちまなこ)になって
探しているということはないと思う…

 モモはこれを叶歌のところへとどければほめられてケーキを
食べられると思い、届けることを決意しました。地球人の忘れ物
の心配までして下さるとはなんて親切な大魔王様なんだ(笑)

 …最近モモが大魔王だということを忘れつつあります。ポイント集めも
停滞していますし、なんだかまったりと時が流れていってるなぁ。

○夢の成績

 通知表がオール4なんてすごすぎだろう。運動、勉強すべて平均
以上じゃないか。アルバイトや大魔王から地球を守る活動など多方面で
忙しい他、まともに予備校にも通うことのできない経済状態なのに
よくこんな良い結果を残すことができたな。

 夢がごく平均的な家庭に育ち、勉強に専念できる環境が整って
いたらどれだけ才能を伸ばすことができたであろうかと考えると
つくづく残念でなりません。

○実結(みゆう)、ナナギが宇宙人であることは気にしない

夢「あの…さ 藤田さんはためらいとかないの?  あのだって
ナナギって そのほら一応 う 宇宙人…なわけだし……

(りぼん2009年11月号・P.68の2-3コマ目)

 実結がごく自然に地球で生まれた同級生と同じ感覚でナナギに
恋をしているのを見て夢は素朴な疑問を抱いたようです。

 宇宙人であるだけでなく、地球を破壊しようかと考えている奴の
お供なのですから、普通接触しようとは思わないよなぁ。
同居している夢ももちろんすごいですが、事情をすべて知った上で
なおナナギ獲得に力を入れる実結もなかなかすごいでしょう。

実結「私にとって全宇宙の知的生命体は最初
から3種類よ!『私』と『家族』と『それ以外』

(りぼん2009年11月号・P.69の1コマ目)

 実結、スケールでかすぎだろう。「人類みな兄弟」をはるかに
超越した大胆な発想にただただ感服です。

 みんなが実結のような考えだったらいろんな意味で世の中が
変わるような気がする。実結が将来どんな人になるのかすごく
興味があります。人を余計な色めがねで見ることはなさそう
だから、社会に貢献してくれそうです。

実結「だから問題なし!! 宇宙人だろーが 未来人だろーが!!
(りぼん2009年11月号・P.69の2コマ目)

 どこかで聞いたことのあるようなセリフ
ような気がしないでもないですが、実結もなかなかすごいな。十分代表者
としての資格があるでしょう。実結が夢と同様に地球の代表者になる資格を
有していることは十分分かりました。

夢「なんかもう…心の中では『実結様』って呼んでいいかな?
(りぼん2009年11月号・P.69の2コマ目)

 私も呼びたくなってきた。

(つづく)

|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

31☆アイドリーム(メロディ連載) | Cookie総合 | CRASH! | HIGH SCORE | MOMO | P×P(ピーバイピー) | REC-君が泣いた日- | zen zen (Cookie連載) | あかり&まり子のどうでもいい話 | いちごオムレツ | だって好きなんだもん | つばさとホタル | つばめのすぅ | ひよ恋 | ぷちパレード!! | まじかるwebからのお知らせ | まりもの花 | めだかの学校2限目! | ややプリ | りぼん「MOMO」聖地巡礼 | りぼん「聖地巡礼」 | りぼんイベント | りぼん本誌、読みきり・短期連載作品 | りぼん本誌総合 | アニマル横町(原作) | アニメ・コミック | アリスから魔法 | イベント総合 | イン ザ チョコレート | イ・オ・ン | キミとだけは恋に堕ちない | キルミンずぅ | コスモ日誌 | コミックマーケット | シュガー*ソルジャー | スターダスト★ウインク | スポーツ | チョコミミ | チョコレートコスモス | ドリーム メディシン | ハニーレモンソーダ | ハローキティピース!! | バディゴ! | バドガール | パーフェクト・ローズ | ブランデージの魔法の城 | ブルーフレンド | プリモ・プリーマ! | マジョカル★マジョカル | ママレード・ボーイ | モバイルガールめもり・電脳少女めもり | ロッキン★ヘブン | ロマンチカクロック | ローゼンメイデン dolls talk | 僕の家においで | 勝利の悪魔 | 君は坂道の途中で | 吹彩 -SUISAI- | 夢色パティシエール(アニメの感想) | 夢色パティシエール(原作1巻のまとめ) | 夢色パティシエール(原作2巻のまとめ) | 夢色パティシエール(原作の感想) | 夢色パティシエール(情報) | 夢色パティシエール(番外編の感想) | 姫ちゃんのリボン(原作) | 姫ちゃんのリボンカラフル(まとめ) | 姫ちゃんのリボンカラフル(情報) | 姫ちゃんのリボンカラフル(感想) | 昔のりぼん | 春田ななさん総合 | 株式会社ラブコットン | 桜姫華伝 | 水沢めぐみさん単行本「5月のお茶会」 | 満月をさがして | 猫と私の金曜日(マーガレット連載) | 猫田のことが気になって仕方ない。 | 種村有菜さん関係総合 | 絶叫学級 | 絶対覚醒天使ミストレス★フォーチュン | 花めぐりあわせ | 講談社ARIA総合 | 赤ずきんチャチャ(アニメ) | 赤ずきんチャチャ(原作・単行本1巻から4巻) | 赤ずきんチャチャ(原作・単行本5巻から8巻) | 赤ずきんチャチャ(総合) | 赤ずきんチャチャN | 魔女とハツコイ。